imgp7659

ドえらい迫力!!~親魚!錦蘭会遠征2

朝晩冷え込むようになってきました。昼間はまだ暑かったりしますが。
金魚・・・特にらんちゅう飼育をするようになって、気温やら季節の移り変わりやら、かなり敏感になりました(;・∀・)
以前は家と職場の往復でしか暑い寒いを感じてなかったのですが、考えなきゃいけないことが増えました(笑)
媛らん会の本番まであと1カ月を切り、もうちょっと餌を食べさせたいんですけど・・・(ToT)

ほ~みたい!大阪!錦蘭会遠征1 の続きです。

 

今回は親魚の上位の写真を掲載していきます。
が、残念ながら部門的には出品数が寂しかったです(ToT)
魚溜まりも閑散とした状況。
出品数の少なさが@まつやまにとってはヨカッタ、ってことになるのですが(笑)
dscn4287

 

 

それでもトップどころの親魚はスゴイ仔だらけ(≧∇≦)/
張り切って紹介していきます。
ただし!
このブログのお約束をご理解いただいた方だけ読み進めてください。
相変わらず写真はダメダメ、各魚へのコメントも読まなくて結構です。あくまで素人の感想ですよって。

 

東大関

あくまでも太く、各パーツも発達してて、かつ泳ぎも軽快でした。
なにより全体のまとまりが・・・スゴイです(;・∀・)
鎌田さん(徳島)の持ち魚。imgp7548imgp7660

 

 

西大関

阿波錦魚連合会の品評会に続き、今年の錦蘭会も各部門で大暴れ!
藤原さん(鳴門)の持ち魚。
もう説明する必要もないぐらい、私のブログに登場していただいてますが、いろんなタイプの魚(しかもハイレベルな)をお持ちなんだな、と改めて思いました。
上見の写真が下手すぎて分かりにくいですが、なんとも白がキレイで上品な仔です。
・・・でも全体を見ると長いし太い(;・∀・)imgp7711imgp7706

 

 

立行司

これだけ大きいのに、こんなに色って揚がるんだなぁ、と驚きました∑(`・д・´ノ)ノ
親魚はどうしても穏やかな赤になりがちだと思いますが、井ヶ田さん(奈良)の持ち魚は親らしい迫力あるカシラやボディに濃い赤が載ってて鮮烈でした。imgp7663imgp7669

 

 

東取締

物凄くぶっといのに洗面器狭しと泳ぎまくってたのは稲田さん(加古川)の持ち魚。
その様子は見てて楽しかったのですが、写真撮影としてはけっこう苦労しました(笑)
imgp7678imgp7674

 

 

西取締

中村さん(大東)の持ち魚。
すごくまとまりの良さを感じさせる一方、各パーツは迫力満点。
私が個人的に「おぉ!」と唸ったのは背中のラインがすごくキレイだったこと。
これだけの大きさになっても上品な線がちゃんと維持されてるってことは、当歳の時に相当キッチリ背なりを見て選ばられてるんだろうな、と思いました。
imgp7719imgp7714

 

優等魚は以上です。
ここからは媛らん会メンバーの魚。

 

東関脇

関西在住の媛らん会会員、松宮さん(川西)の持ち魚。
私たちと同様、媛らん会の会長さんの魚を飼育されてますが、ホント、大きく立派に育てておられます(;・∀・)
フンタンがドド~ンとついててボディも太いですが、尾の模様もあって上品な仕上がり。
imgp7693

 

 

脇行司二

蘭土竜さん持ち魚。長いですがちょっと腹が追いついてない印象です。
私の出品魚よりは上席でしたが、そのせいで写真代を支払ってましたwww
(錦蘭会では上位に入賞すると「写真代」を会に払うシステム。@まつやまは払わなくてもいい順位でした)
imgp7739

 

西前頭一

「参加することに意義がある」的な感じで出品してみたワタクシ、@まつやまの持ち魚。
出品魚中、最下位
それでも洗面器に乗ったという事実には変わりないデスから(笑)
いい思い出になりました。imgp7748

 

この仔は私がらんちゅうを始めた年の冬に、わが家に当歳でやって来た数尾のうちの1尾。
水を引っ張れるだけ引っ張って育てた仔です。
正直、大きさ的にもカシラも尾も全然ダメで、伝統ある錦蘭会に出すには気が引けたのですが、せっかく松山から遠征するのに、会長さんからいただいたばかりの当歳魚1尾を運ぶだけでは勉強にならないと思い、厳しい結果を受けるために敢えて連れて行った、って感じでした。
(審査された皆さん、手を煩わせてすみませんでした)

続きます。

 

ブログ村金魚ランキングに参加しています。
▼クリックをお願いします▼

にほんブログ村 観賞魚ブログ 金魚へ
にほんブログ村

投稿者:

@まつやま

松山市に住む、金魚初心者@まつやまと申します。 琉金好きですがなぜだか今はらんちゅう飼育に忙殺されてます(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。