IMGP3928

斧田観賞魚センター!日淡編・関西ツアー2012夏その5

ヒドジョウ1匹、マドジョウ3匹を飼ってる、

「日淡飼育者」の@まつやまです。

こんばんわ(笑)

(本当の日淡ファンから怒られるぞ、俺w)

 

 

正直、私、日淡は縁遠い存在ではありまして。

知識もないし、熱意も・・・(笑)

 

なのですが、先週日曜日に行った、

斧田観賞魚センターさんで、

私の相手をしてくださった担当者が

日淡の話をアツく語ってくれたのが

興味深かったデスヽ(´ー`)ノ

 

というわけで、金魚成分はゼロですが、

斧田観賞魚センター!金魚編・関西ツアー2012夏その4の続きです。

 

 

@まつやまの目についたのは、

ヒドジョウヽ(´ー`)ノ

この写真、スゴクないですか?

どの仔もけっこうな太さ大きさ∑( ̄□ ̄;)

数も・・・コンテナに100匹はいたんじゃないかと。

IMGP3928

 

担当者さんの話によると、

これは大和郡山産なんだそうです。

これだけの大きなヒドジョウを多数、

池とかでなく、維持するのはかなり大変なんだそうです。

 

ヒドジョウは他のドジョウと若干習性が違う点があるようで、

砂地より泥などを好むんだそう∑( ̄□ ̄;)

水槽で数匹程度飼うなら問題にならないけど、

集団で飼育して、なおかつ店頭でお客さんに見てもらうように

維持するとなると、いろいろ工夫が必要だった・・・とのこと。

 

 

なるほど、金魚も魚種ごとに飼い方や

特徴はあるけど、日淡って広い範囲だと、

魚の飼い方ひとつとっても、魚種の数だけ細やかな

知識が必要になる、ってことですね・・・(;・∀・)

 

ドジョウといえば、

愛媛県と高知県でのみ確認されている

ヒナイシドジョウというのがいるんだそうです。

2006年に新種認定されたばかりで、絶滅が危惧されている・・・

なんてことを、奈良県で初めて知ることになるとわ(;・∀・)

ふだん、いかに足元を大事にしてないか、ですね(´;ω;`)

 

 

 

他にもちょっとゾクッとするようなお話をききました。

奈良県~和歌山県を流れ、瀬戸内海へと続く「紀の川」は

奈良県内では吉野川とも言うらしんですね。

同じ名前の川が、四国にもあります。

「四国三郎」の異名を持つ「吉野川」。

 

四国の吉野川は、愛媛県の山を源流にしており、

高知、徳島を経てやはり瀬戸内海に注ぎます。

 

この2本の「吉野川」、名前が一緒というだけでなく、

中央構造線沿いに走る川であるという共通点もあり、

さらに河口が、瀬戸内海(紀伊水道)を隔てて、

向かい合う形になってるんですね(;・∀・)

 

さらには、その斧田さんの担当者曰く、

棲息している魚種も共通性が見られるんだそうです・・・

つまり!

もしかしたら!ですが・・・

2つの吉野川は太古、繋がっていた可能性もあるのでは!

って説があるんだそうです∑( ̄□ ̄;)

 

 

にわかに信じがたいですが、

大陸が日本とくっついていた時代があったわけですし、

四国も現在の本州と地続きだった。

それが分離したのが1万年前(縄文前期)。

日本列島では既に人類も活動してますしね…

「あっちも吉野川、こっちも吉野川」って当時の人が

呼んだとしても不思議ではないかも(;・∀・)

 

スケールの大きい話になっちゃいますが、

「日淡の人たち」は、こんなことを考えながら

飼育を楽しんでるんだなぁ、と感心しました(・◇・)

 

 

 

さて、話を斧田観賞魚センターさんに戻します。

日淡担当さんのお気に入りを尋ねたところ、

「カワチブナですねぇヽ(´ー`)ノ」というお答え。

 

ふ、ふなですか(;・∀・)

水槽に近づくと、「餌かね?」と寄ってくる。

金魚のエサクレとは違い、

あまり派手に動かず、じっとこちらを見てる感じ。

人に馴れてるし、これはこれでカワイイかもヽ(´ー`)ノ

IMGP3954

 

以下、担当者さんによる説明。

 

一般的には「ヘラブナ」の呼び名で知られる魚で、

琵琶湖の固有種、ゲンゴロウブナを食用に品種改良したもの。

 

 

・・・ヘラブナなんかどこにでもおるやん!

と、@まつやまは一瞬、心のなかで叫びました(笑)

 

 

確かにヘラブナは全国各地に放流されてた歴史があり、

珍しい魚ではありません。

現在でも釣りの対象としては「ヘラブナ」は流通してるそうです。

 

しかし、「カワチブナ」というのはそもそも食用に特化された改良種で、

明治期に作出され、昭和17年に大阪・河内地方で命名されたもの。

太くなり、体高もグッと高くなるのが特徴。

つまり「食べるためのフナ」なんですね。

かつては大阪周辺で盛んに食されてたそうですが、

食習慣の変化などで、食用の養殖をしている養魚家は激減。

 

現在、厳密な意味で「食べるためのカワチブナ」を

作っている養魚家は数軒なんだそうです。

 

 

斧田さんが販売しているカワチブナは、

そんな数少ない養魚家から仕入れたもので、

川にいるヘラブナとは、歴史が違う、

ある種「純系のカワチブナ」ってことのようです(゚Д゚;)

IMGP3958

 

なるほど。

@まつやまは、日淡というのは

『自然の一部としての魚』を楽しむものかとばかり

思ってましたが、

『人間との関わりの中で生まれた魚』も、

対象になるんですね。

 

ある種、金魚などと共通点もあるかもですね。

 

自然や人との関わりの歴史に思いを馳せつつ、

観賞する魚・・・それが日淡の魅力なのかも!

と思いつつ、お店を後にしたのでした。

 

 

忙しい中、熱心に説明してくださった

斧田さんの担当者さんに感謝!

 

まだツアーは続きます(゚Д゚;)

 

【励みになります!クリックお願いします】
にほんブログ村 観賞魚ブログ 金魚へ
にほんブログ村

投稿者:

@まつやま

松山市に住む、金魚初心者@まつやまと申します。 琉金好きですがなぜだか今はらんちゅう飼育に忙殺されてます(笑)

“斧田観賞魚センター!日淡編・関西ツアー2012夏その5” への11件のフィードバック

  1. いろいろ歴史があるんですね~
    勉強になります!
    私の場合、まず自分が飼ってるのをもっと勉強せねばいけませんけどね(._.)φ

  2. おぉ~なかなか興味深いお話…
    身近な魚も調べれば奥深いのかもφ(・ω・。)
    ちょっと日淡に興味を持ちました(*^^*)

  3. オオヨシノボリとマナマズを飼ってる日淡飼育が来ましたよ(@ ̄ρ ̄@)
    でもあたしが思ってた日淡特集と趣が違かった(^_^;)
    どじょうは顔が可愛いよねぇ♪( ´▽`)
    あたしもどじょうは大好きだけどスジシマどじょうみたいに小さいのが好みだな♪

  4. >ふじさん
    歴史っていうと、とかく「お勉強」だったり
    「他人事」だと思いがちな私ですが、
    こういう話は面白いし、
    今に至る歴史の連続性みたいなのを
    感じますよね!
    飼育技術に関しては私も同じですよ~(ーー;)

  5. >碧(みどり)さん
    碧さんは日淡飼育者であり、
    金魚飼育者であり、熱帯魚飼育者ですよね~
    鯉はいきませんか?www
    ドジョウって種類によって
    けっこう違うもんですね!
    そんなことも金魚を買うまでは
    知りませんでした~(ーー;)
    スジシマ、綺麗ですよね!

  6. こう言う魚の歴史とか変遷の話は大好きですね!
    ふと、むか~しベップさんでハリヨを購入したことが有った事を思い出しましたよ(*^_^*)
    今では貴重種ですね!

  7. >うまうまさん
    ほほー、うまうまさんは日淡ファンみたいですねぇヽ(´ー`)ノ
    ハリヨって、初めて聞いたっす(;・∀・)

  8. こんばんは(^^)
    毎年、ヘラブナを放流してる会社に勤めているのに、そういう歴史があるとは知りませんでした!
    お恥ずかしい(>_<)
    ヘラブナを作ってる養魚場が減ってきてるのは
    確かですね。
    毎年、入荷量が減ってきてます(>_<)
    日淡ファンって、いい意味でかなりいっちゃってる人が多いですよ(^^)

  9. >イノッチさん
    へぇ~∑( ̄□ ̄;)
    イノッチさんの会社って
    ヘラブナ放流してるんですねー。
    私も由来とか全然知らんかったですよ!
    日淡の人たちは、
    いい意味でいってますかヽ(´ー`)ノ
    素晴らしいことです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。