DSCN5402

楽しい旅の途中に悲しい知らせ

 

車で弥富~関東への金魚旅のレポートが

ようやく終わったわけですが・・・

 

楽しい楽しい旅行中、1つだけ悲しい出来事が。

 

レポートとは別に書きます。

 

 

@まつやまが金魚にハマったきっかけを

作ってくれた、福だるまのフクちゃんが、

突然、死んでしまいました。

 

 

旅の最終日、懐古堂さんで購入魚を

まさに選んでいる最中、嫁からメールが来まして。

 

「フクちゃんが浮いてる。朝まで元気だったのに」

 

そしてその30分後、さらにメールが。

「隔離したけどダメでした」

 

 

2009年10月、我が家にやってきたフクちゃん。

私も含めて家族全員が「こんなに凄い金魚がいるんだ!」と

感動したのを今でも覚えています。

愛らしい顔に堂々たる体躯。

元気いっぱいに泳ぐ姿は、私に金魚の良さを教えてくれた

最初の仔でした。

DSCN5402 我が家に来たばかりのフクちゃん。

 

 

胸びれの動きに少々難があるにも関わらず、

金魚の師匠、HappyGoldFishの碧さんが

選別せずに残したぐらいですから、

型も良くて・・・

我が家のシンボルのような金魚でした。

 

碧さんに譲っていただいて、まもなく3年・・・

残念ながら私の飼育技術では長生きさせてあげられませんでした。

IMGP3547 フクちゃん近影。

かなり大きく太くなってましたが元気いっぱいだったのですが…

 

 

丸手の金魚やらんちゅうと一緒に飼っても、

彼はまったく他の仔を虐めたりせず、

餌も正々堂々と争って食べてました。

IMGP3360 蝶尾のラック君と。今年6月の様子。

 

 

本当に残念でしたし、悲しかったです。

 

 

 

そして、追い打ちをかけるような事態が。

旅から帰って約10日後、

自家産福だるまが突然体調を崩し、

隔離するもその日のうちに死んでしまいました。

 

 

この仔はフクちゃんとは違い、ベランダの水槽に居ました。

フクちゃんと白フクちゃんの子供で、

手元に置いた最後の1尾。

まさかフクちゃんの後を追うように死んじゃうとは…

我が家唯一の透明鱗だるまだったけに、余計に残念です。

IMGP3228 あまり肩は出てませんが、自家産で唯一、イケるかな、と思った仔でした。

 

 

出会いもあれば別れもある。

それは分かっていても、

なかなか納得できない金魚の死もあります。

でも納得するかしないかなんてのは、

飼い主のエゴですしね・・・

 

何か手の打ちようがあったのかどうか、

未だ手がかりすらないのが現状ですし、

それが私の飼育技量、ということなのでしょう。

 

 

「すべての金魚の死の原因が分かるなんて、

絶対に無理だよ」と、

以前、先輩にかけていただいた言葉を救いに、

それでも今いる仔たちのために、

見逃してたポイントがないか、考えることは

やめないつもりです。

 

 

フクちゃん、そして透明鱗のチビ(名前はなかった)、

ありがとう。バイバイ。

 

 

【励みになります!クリックお願いします】
にほんブログ村 観賞魚ブログ 金魚へ
にほんブログ村

投稿者:

@まつやま

松山市に住む、金魚初心者@まつやまと申します。 琉金好きですがなぜだか今はらんちゅう飼育に忙殺されてます(笑)

“楽しい旅の途中に悲しい知らせ” への34件のフィードバック

  1. うちも今日夕方、自家産福だるまが四匹亡くなってしまいました。
    綺麗な姿で動き出しそうな感じで…
    難しいけど金魚を飼ってる以上は…とも感じます。

  2. >ふじさん
    福だるま、暑さに弱いとかあるのかなぁ・・・
    富山の原産だから・・・
    それはないか(゚Д゚;)
    お互いいろいろ乗り越えて頑張りましょう!

  3. ちびちゃん、すごく綺麗な鱗の金魚だったのですね!!
    残念です。。
    フクちゃん、まつやまさんがお留守だったこと・・知ってたかな?
    大事な子がいなくなるのは辛いですね。

  4. >あり?さん
    ありがとうございます、チビをお褒めいたあぢて。
    私の留守を選んだのかなぁ、フクちゃん・・・
    悲しかったデスが、
    福だるまは本当に楽しくて良い金魚なので、
    今後も飼いますし、
    今いる仔が元気で過ごせるよう
    頑張ります。

  5. ショックですね∑(-x-;)
    自分が 何かに夢中になった
    切っ掛けをくれた子
    しかも、長年連れ添った家族の
    一員の様な子であれば
    その悲しみは かなりのものと思います
    ウチも 六鱗ちゃん
    なくなったばかりですし・・・
    でも、思い出を大切にしてやることしか・・・
    できないっす(ノДT)^^

  6. 旅レポありがとうございました!!m(__)m
    最後まで私達親子なんぞを激写して頂き光栄です!
    (´ψψ`)
    帰り道もお疲れ様でした!!
    フクちゃん…、まつやまさんがお電話している側でお聞きしていたので、私もずっと気になってました
    (;_;)
    改めてブログを見て、まつやまさんが信じられないといった表情で愕然とされていた意味が解りました。
    うちも今日、突然2匹☆になってしまいました
    (;_;)
    やはり原因不明です…。
    飼育技術も勿論未熟ですが、それでも自分なりに頑張っていたので残念です…
    (;_;)
    もしかしたら私が未熟故に気づいてあげられ無いのか…(–;)って悩みもしますが、それでも色々考えて次に生かせる様に頑張って行きたいと思います!!
    (o>ω<o)
    お互いに頑張っていきましょう♪

  7. フクちゃん、チビちゃん
    残念でしたね…
    金魚って飼い主が留守の間に
    なくなることが多い気がします…

  8. 今回の遠征及びオフ会お疲れ様にゃ(*´∀`*)
    次は乗り物でゆっくり来てにゃ(`・ω・´)ゞ
    今回も楽しく過ごせたにゃヽ(・∀・)ノ
    まぁ金魚さんも人と同じく決まった寿命があるんだよきっとね^^
    悲しまずに、今までみんなの目を楽しませてくれてありがとにゃ^^
    と言って、感謝してあげればよかですよ^^
    昔は金魚さん亡くなる時には厄を背負って
    行ってくれるってよく聞いたにゃ(`・ω・´)ゞ
    また会える日を楽しみにしてるよ~^^

  9. 考え続けること、大切ですよね。
    考えることで、次に病気に出くわしてしまったときに、役立ったり。。。
    うちも昔「後を追うように」とゆう事がありました。
    金魚ちゃんも、何かしら分かっているのかもしれませんね
    元気出してくださいね!!

  10. >トラおさん
    どの仔も平等に可愛がってるつもりでも
    やはり思い入れのある金魚っていますよね…
    トラおさんも六鱗を亡くしたんでしたね。
    思い出を胸にお互い頑張りましょう!。゚(゚´Д`゚)゚。

  11. >歌うオバヤンさん
    いえいえ、うたおさんこそお疲れ様でした!
    そっか、私が電話してるところとか、
    ご覧になってたんですね(゚Д゚;)
    かなり動転しちゃってましたからね・・・
    気づいてあげられることがあれば、
    下手なりに手が打てることもあるけど、
    変化に気づかない、
    もしくは気づかない程度の兆候だと
    いかんともしがたいですよね(´;ω;`)
    でも、次こそは何か兆候を掴めればと
    思うことが大事なんだろうし、
    金魚の死を無駄にしないことなんだろうと
    思います。
    励まし感謝!お互い頑張りましょう!

  12. >りんさん
    レポートにはあまり書かないのですが、
    実は、うちの金魚の場合も
    遠征の後に死ぬケースが多いですね・・・
    居てやれば、気づいてやれたのか、と
    後悔しちゃうことがしばしばあります。
    でも、それも含めて「我が家の環境」だと
    割り切る部分は割り切らないと…とも思います。
    反省は反省、
    悲しみは悲しみ、として受け止めたうえで、
    金魚を楽しまなきゃ、ですよね。

  13. >macさん
    mac兄さん、ありがとうです!
    ほんと「ありがとにゃ!」ですね。
    私の厄を背負って、
    フクちゃんとチビは逝ったと思うことにします。
    また会いましょうねヽ(´ー`)ノ

  14. >gontaさん
    あ、大丈夫です!
    もう立ち直ったから書いたので・・・(゚Д゚;)
    ちょっと文章にするのが辛いぐらい、
    今回は凹みましたねぇ・・・
    考え続け、感じる努力をしないと、
    いかんですよね!
    頑張ります!
    お気遣い感謝です(´;ω;`)

  15. こんばんはです。
    「ありがとう」。
    その気持ちが大事っすよ(^^)
    また、お互いに切磋琢磨して楽しみましょう。

  16. レポート、お疲れ様でした!
    今回も楽しく拝見させて頂き感謝です♪
    まつやまさんのレポは改めて凄いなぁと感じました!
    愛情があるほど、別れは辛い物ですよね(´_`。)
    これも運命なのかもしれませんね。
    お互いに、これからも金魚頑張っていきましょう!!
    それがなくなった2匹の願いでもあると僕は思います♪

  17. フクちゃん。我が家ではニモと呼ばれてました。
    胸びれに若干の欠陥があって1軍落ちしましたが
    どうしてもハネろ事が出来ずに手元に置いてて
    でも飼いきれなくなりそうになったとき
    里親に名乗りを上げてもらって
    ニモはフクちゃんになりましたね。
    まつやまさんの家族みんなに可愛がってもらって里子に出してよかった~と思ってました。
    悲しいけど出会いがあれば別れもあるから
    フクちゃんの思い出は大切にとっといて
    今、いる子たちのお世話を頑張ってね。
    フクちゃんがまつやま家で過ごした3年弱。
    彼はきっと幸せだったと思います♪

  18. おはょうございます<(_ _)>
    金魚の死って重いですょね。
    ァヤも去年今年と落としまくった時ゎ本当に悩みました。
    金魚ってすごく人間味があるょうに思うんです。
    ほかの熱帯魚とゎ違う金魚の魅力。
    人間味があるから余計に死が辛い気がします。
    フクちゃん、チビちゃん、大事に育てられて幸せだったと思います。
    きっと楽しい金魚人生送れたと思いますょ!

  19. お悔やみ申し上げます
    思い入れの子だけに
    さまざま思うところありですよね
    金魚が亡くなると悲しいですが
    僕はその子の過去写真を
    みてしのぶとこにしています!
    感謝の気持ち一杯になりますね!

  20. 原因不明の死…私も自分の飼育の全てが信用出来なくなって金魚飼育はやめようと思いました。
    でも@まつやまさんをはじめ皆様が自分を責めすぎない様にとコメントを下さり金魚を続けて今があります。
    愛魚が亡くなって辛かった気持ちすごく分かります。三年も一緒にいたり、自分でとった子供なら尚更ですよね。
    亡くなったことをこんなにも悲しんでもらえることこそ小さくて大きな命、ふくちゃんたちは幸せを感じたと思います。

  21. >あきんぼさん
    今回のレポートはホント、
    大変でした(笑)
    最後はちょっと端折っちゃったけど、
    金魚と関係のないところは極力飛ばして・・・
    はい!
    落ち込んでばかりはいられないし、
    もう立ち直りました!
    なぜ立ち直ったかは、近日ブログで(笑)

  22. >碧(みどり)さん
    碧さんにそう言っていただけると、
    気持ちが楽になります。
    私がこうやって金魚にハマったのも、
    フクちゃんが我が家に来た時の
    衝撃がそれだけ大きかったから、ですから…
    娘たちも大喜びでしたし、
    今でもフクちゃんがいない水槽は
    寂しいと言ってます(´;ω;`)
    そして何より、嫁が金魚に協力してくれるのは、
    フクちゃんが彼女を魅了したからでしたし。
    1人の金魚バカ、そして金魚好き一家を
    フクちゃんは育ててくれたのだと思いますし、
    師匠には感謝してますm(__)m

  23. >ァヤちゃんせさん
    あ、分かります!
    金魚って「表情」があるように思えますよね。
    熱帯魚の顔は…飼えば違うのかもですが、
    ディスカスとかコワイです。
    (すみません、個人の感想です)
    金魚は中国~日本と渡って、
    人間が手を入れた魚ですから、
    人が表情を感じやすい形に
    改良されてるのかもしれませんね。
    狼と犬なら、犬の方が「人間らしい」気がするのと同じかもです。
    彼らの金魚人生が本当に幸せだったか
    分かりませんけど、
    私は彼らと居られて楽しかったですから、
    彼らもそうだったら良いな、と(´;ω;`)

  24. >松風さん
    ありがとうございます。
    こうやって、悲しんだり
    いろいろ思うことも、
    実は金魚を飼う意義だったりするのかもですしね。
    写真は時々見て、思い出すと思います~(´;ω;`)

  25. >かにゃんさん
    温かいコメントありがとうございます。
    特にフクちゃんは、すごく思い入れのある仔でしたから・・・
    まさか死ぬとは思ってなかったですしね。
    でも、かにゃんさんらにもコメントで
    悼んでいただいて、
    フクちゃんたちは幸せだと思います(´;ω;`)

  26. 関東レポお疲れ様でした(^^)
    次回いらした時には、是非会いたいです♪
    長くやってると、金魚の死と向き合う事をやめるようになってきたりしがちですが、まつやまさんは必ず哀悼ブログを書いて、しっかり向き合い感謝して送り出してますよね(^^)
    まつやまさんに飼われる金魚達は、本当に幸せだと思います。
    寂しいものは寂しいし、悲しいものは悲しいし、そういう気持ちを直視して、一度落ち込み乗り越えた先には、初心を思い出せる強みがありますし、また楽しんで頑張って下さい(´∇`)ノシ
    私も、未だに昔飼っていた魚をゆったりと思い出す瞬間があります。
    思い入れの強い金魚達は、いつまでも自分の中にいますよね(´∇`)

  27. >みぃさん
    みぃさ~ん!
    コメントありがとうございます。゚(゚´Д`゚)゚。
    なんというか、カワイイ、楽しいだけを
    書いてたのでは、金魚を飼う喜びって、
    薄くしか表現できないかも、と
    追悼エントリーを書くようにしてるのですが…
    自分の腕がまだまだだって事も、
    隠したくないというのもありまして(゚Д゚;)
    初心を忘れずに・・・大事ですよね!
    頑張ります。
    次はぜひぜひお会いしたいです~ヽ(´ー`)ノ

  28. 金魚飼育、考えさせられる事が多いですね!
    本当にこれで良いのか?
    ああしておけばよかった・・・!
    自問自答の毎日です。
    どの様にすれば、長生きするか?
    病気にならずに元気に育つか?
    耳にする事は多々ございますが、飼育スペース等々の問題もございますので・・・思うように行かない葛藤もあります。
    金魚飼育、本当に奥が深いですね!

  29. >うまうまさん
    金魚って簡単に飼えると思える反面、
    難しいところもありますよね(゚Д゚;)
    それが交互に来る感じというか・・・(゚Д゚;)
    神経質になりすぎず、
    かといって、きっちり観察する必要があるというのが、
    難しいのかもですね。
    奥が深いです!

  30. まつやまさんの記事を拝読して、
    葵の事を思い出して涙が止まらなくなりました。
    ヒラヒラは、
    金魚ってこんなに綺麗な生き物なんだ!
    と初めて感動したのが葵と花なので…。
    きっといつまでも忘れられず、
    彼女が泳いでいた姿を
    思い出すたびに泣くんだろうなと思いますが、
    それだけ思いを掛けられた金魚に出会えたのを
    幸せだなぁと思えるようになりました。
    まつやまさん、元気出して下さいね。

  31. >ヒラヒラ72さん
    葵ちゃんを思い出させちゃいましたか…
    ダウナーなエントリーで申し訳ありません。
    ヒラヒラさんのおっしゃる通り、思い入れられる仔と別れた辛さより、出会えた幸せを噛みしめなきゃ、ですね!
    …人との出逢いも同じですもんね(^O^)/
    皆さんのおかげで、もう落ち込んでません(^-^)/
    ツラい事があれば良い事もありましたから!

  32. フクちゃんとチビちゃん、残念でしたね(T_T)
    お悔やみ申し上げます。
    2匹ともまつやまさん家で家族みんなに愛されて幸せだったと思いますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。