南澤らんちゅう園で宇野らんちゅうを見た! 金魚三都物語 1話

 

【1日目のつづき】

 

明石経由で姫路へ!金魚三都物語 0話の続きです。

 

 

 

姫路に到着した@まつやま家。

 

娘らのターゲットは、サファリパークなどがある、

姫路セントラルパーク」。

ただ、道中に一軒、私が寄ってみたいところがあったので、

先方にはご迷惑かと思いましたが、

家族で押しかけました。

 

訪問先は南澤らんちゅう園

「夢らんちゅう」 というサイトで、

らんちゅうを販売されてるので、

ご存じの方も多いかもしれません。

 

南澤らんちゅう園は、

姫路市南東部の東山地区にありました。

住宅街というより「集落」といった趣。

付近には古くて大きい民家もありました。

 

車庫を抜けると、そこはタタキ池。

手入れが行き届いてるのが分かります。

 IMGP7385

 

 

突然の訪問にも関わらず、

南澤さんと奥様は快く迎えてくれましたヽ(´ー`)ノ

 

 

南澤さんは今年3月に大病をされたそうで、

復帰したばかりのご様子。

しかし、いったん話し始めると

マシンガンのように熱く語ってくださり、

体調を心配した奥様が途中で遮るほど…

 

 

池の大半は当歳魚。

かわいいチビ宇野らんちゅうがいっぱい泳いでました。

 

単にカワイイだけでなく、小さいのにらんちゅうの特徴を

すでにしっかり持っている仔が多く、驚きました。

 

 

ただ・・・それ以外にも、一目見た瞬間から、

言葉にできない「何か」

タタキの中に感じてたのですが、

そこは、らんちゅうも宇野系も素人の@まつやま。

 

 

「なんだろ???? いつもなら感じない何かがある…」と思いつつ、

らんちゅうを見せてもらいました。

 

 

ちなみに娘らは、

らんちゅうよりワンちゃんに夢中でしたヽ(`Д´)ノ

 IMGP7383

 

当歳が気持ちよさそうに泳いでました。

IMGP7419

 

 

人を見るとサッと寄ってくるらんちゅうたち。

愛情を込めて育てられてるのがよく分かります。

IMGP7414

 

 

なんとなく、ですが。

私の「言葉にできない何か」ってのは、

金魚の統一感?

ん~、でも大きさは揃ってても、

柄はいろいろいるし…

 

@まつやまの感じた「何か」の

答えは文末に(笑)

IMGP7408

 

そもそも宇野らんちゅうに関して、

まったく知識がない@まつやま。

 

京都の陶芸家の宇野仁松氏(1901~1983年)が確立した系統で、

京都筋と呼ばれたり、宇野系と呼ばれたり・・・

協会系らんちゅうより小ぶりだけど頭が立派!

ぐらいしか知りませんでした(゚Д゚;)

 

 

「今は良い親がおらんから」と、

部屋に貼られたらんちゅうの写真を見ながら、

南澤さんに解説していただき、

頭の中が少しだけ整理できました。

 

 

以下、金魚初心者の私なりに理解した宇野系らんちゅう。

 

小さいことが特徴と言われる宇野系らんちゅうは、

小さく育てるのが目的ではなく、

「芸術作品」として完成度を上げるために、

全体のバランスを優先し、

「結果として小ぶり」の仔が多い、ってことかと。

 

 

発達した各パーツが調和し、きめ細かく上品な魚を追求し、

美しい更紗のらんちゅうとして4歳、5歳で華開く…

宇野仁松氏は「ずっと良くなり続ける金魚」を

目指されていた、とのこと。

 

「何年か経つと、自然とこういう(写真のような)仔になる…

 そして死ぬまで良くなり続ける。

 それが良いらんちゅうですよ」

 

 

見せていただいた写真のらんちゅうは、

兜巾(帽子のような頭に乗った肉瘤)、

ふんたん(顔の前のモコモコ)がグッと発達した、

迫力のある魚でした。

でも、決して「でっかけりゃOK」な肉瘤ではなく、

可愛らしさも兼ね備えてる…といった風情。

 

 

この「カワイイ」が宇野系の大きな特徴の一つかもです。

 

南澤さんも何度も「カワイイ」という言葉を使ってらっしゃいましたし、

会で競う仔、見て楽しむ仔、

双方ともに同じ価値を見出してらっしゃるように感じました。

 

 

協会系らんちゅうにも可愛さはありますし、

宇野系らんちゅうにも迫力はあります。

それは前提として・・・

 

大雑把な素人の理解としては、

発達した肉瘤と背ビレの無い背中、

らんちゅうのその姿に力強さを感じた人たちは

協会系らんちゅうを発達させていき、

可愛らしさを感じた人たちが、

宇野系らんちゅうを発達させていった…ってことなのでしょう。

 

 

 

若い時から宇野氏の自宅に頻繁に赴き、

25歳で自ら立ち上げた愛好会に招き、

直接接して来られたという南澤さん。

その言葉には重みがありました。

 

宇野仁松氏といえば、

私のような浅学の金魚初心者でも、

いやという程名前を見聞きする機会が多い、

らんちゅう界の巨星。

仁松氏から直接薫陶を受けた人に、

@まつやまが会って、話してる・・・というのが

なんだか不思議な気分でした(笑)

 

 

・・・なんか、ホントすみません。

私ごときが宇野系らんちゅうを語るべきじゃないのは、

重々承知しております。

書いてて脂汗が(´;ω;`)

 

 

さて。

そういう知識を教えていただいたうえで、

再度、タタキを覗きこんでみました。

親魚の池です。

 

 

IMGP7387

 

IMGP7398

 

なるほど、非常にきめ細かい鱗を持ち、

頭が発達し、鮮明な更紗ですね。

 

しかし、この上の2枚の写真、

まったくらんちゅうの体型が違うんです。

隣あった池なんですけど。

 

明らかに上の仔たちは長く、

下の写真の仔は丸い。

 

@まつやまは下の仔たちがスキですねヽ(´ー`)ノ

 

南澤さんに「どっちも宇野系ですよね?」と尋ねたところ、

宇野仁松氏は何種類もの体型のらんちゅうを

飼って維持していたとの逸話を教えてくだりつつ、

「うちでは2種類がやっと、だけどね」と南澤さん。

 

南澤さんのらんちゅうは、

宇野系の重鎮だった宇田川英雄氏(故人)の

系統を維持されておられるそうですが、

特に丸っこい仔たちは、宇野仁松氏が宇田川氏に託され、

改良してきた仔たち・・・秘蔵のらんちゅう、って感じでしょうか(゚Д゚;)

 

 

「金魚に詳しくない人が見てもカワイイと思える」と

南澤さんがおっしゃる通り、

私はこういうらんちゅうは初めて見ましたし、

素直にカワイイと思いました。

 

IMGP7462

 

 

この写真はたまたま、

丸っこい仔たちがフォーメーションを

組んでるように撮れたのですが(笑)

 

ここに、私が感じながら説明できなかった「何か」の答えがありました。

 

南澤さん曰く、宇野系では「池面(いけづら)」という

言葉を大切にするんだそうです( ゚Д゚)

 

 

1尾1尾の美しさも、もちろん大切。

同時に、池全体で受ける印象・・・池の表情、とでも言うべきでしょうか。

それもすごく大切なのだそうです。

 

池をぱっと見て、キレイだと思えるように・・・というのは、

芸術家だった宇野仁松氏ならではの教え、と言えるかもです。

 

卑近な例でいえば、

私でも琉金を入れた水槽で、

金魚の色の組み合わせとかは考えますもんね。

とても、芸術的とは言えないレベルでしか実現できてませんけど(笑)

 

でも、らんちゅうの世界でもそういう概念があるというのは、

非常に驚きでした。

 

南澤さんは池面を意識して、タタキ池の編成を考えておられるのを、

私が「なんとなく、何かある」と感じた、ってことのようです。

 

 

 

それにしても・・・

 

会で賞を競う金魚を創るという「競争」と、

永く金魚を「見て楽しむ」という思想を、

同時に実現しようとした仁松翁は、

もしかしたら、すごく欲張りな人だったのかもしれないな、と

勝手に思ったりしました(゚Д゚;)

 

 

さてさて。

南澤さんは、若い時から会を立ち上げつつ、

そこを離れ、今は3つ目の会で活動されてるとのこと。

参考:宇田川らんちゅう・らん丸の池(姫路宇田川会)

プロレス・格闘技の世界でいえば、

佐山サトルのような風雲児、なのでしょうか(笑)

 

でも、短い間でしたが、お話させていただいてて、

らんちゅうに対する強い情熱を感じましたし、

奥様ともども、うちの子どもをすごく可愛がってくださいました。

IMGP7417

 

そして、私のようなド素人に、

丁寧にいろいろ教えていただき、

本当にありがとうございました。

 

宇野仁松・宇田川英雄、両氏の

素晴らしい魚と、思想を後世に伝えていってほしい、と

門外漢ながら強く思いました。

 

また機会があればおじゃましますヽ(´ー`)ノ

お体、ご無理なさりませんよう。

 

 

 

・・・南澤らんちゅう園を辞した後は、

嫁と娘を姫路セントラルパークに送り、

私は車で単独行動。

夕方に待ち合わせすることにして、

姫路の街をウロウロ・・・

 

もちろん、目当ては金魚ですw

 

 

【励みになります!クリックお願いします】
にほんブログ村 観賞魚ブログ 金魚へ
にほんブログ村

2012年11月8日訂正:

大阪らんちゅうが好きの背番号17番さんからの指摘で、

宇野仁松氏の生年を1901年に訂正しました。

ご指摘に感謝しますとともに、

故人の生年を誤記いたしましたことにお詫び申し上げます。

投稿者:

@まつやま

松山市に住む、金魚初心者@まつやまと申します。 琉金好きですがなぜだか今はらんちゅう飼育に忙殺されてます(笑)

「南澤らんちゅう園で宇野らんちゅうを見た! 金魚三都物語 1話」への35件のフィードバック

  1. こんばんは
    宇野系らんちゅうって、言葉は聞いてても
    素人の自分には???でした
    でも、@まつやまさんのレポを読んで
    とtっても勉強になりました!
    少しずつ知識をあたえてくれる@まつやまさん、
    ありがとうございます
    池面・・・素敵な感性で、惚れ込んでしまいました!
    気品あふれる雰囲気が、写真からビンビン伝わってきましたよ
    とてもいいものを見させていただいて
    いい気持ちになれました
    南澤さん、お体を大切に これからも
    可愛いらんちゅうたちを 見せてください
    ありがとうございました!

  2. >ウップスさん
    こんな長文に、
    こんなに素早くコメントがいただけるとは!
    すごいですね、ウップスさんの情熱もすごい!
    宇野系って、私も敷居が高いように思ってましたが、
    意外と逆じゃないか!とか思ったりしました。
    もちろん、良い魚を創るというのは、
    別の難しさがあるでしょうし、
    厳しい世界だと思うんですが、
    単に飼って楽しむ、ってのも「アリ」って
    考えると、敷居はそれほど高くないのかな、と。
    何かのきっかけになれば幸いです~ヽ(´ー`)ノ

  3. >@まつやまさん
    まだ自分は、「飼って楽しむ」ことができるようになりたいと思って
    勉強しているところです ^^;
    でも、南澤さんのように 金魚に人生をかける方、
    そしてそれを@まつやまさんのように伝える方、
    そのおかげで、ボクたちは身近で金魚を可愛がることが
    できているんだな~と、あらためて感じました

  4. >ウップスさん
    私も飼育者としてのレベルは、
    ウップスさんと変わりないですよ~(゚Д゚;)
    下手の横好きってヤツが、
    いろんな金魚を見て回ってるってだけの
    ブログですから・・・
    ただ、私がお話させていただいたり、
    金魚を見せてくださった方たちの情熱や
    金魚に対する愛情などが、
    少しでも、文面や写真から伝わっていれば
    嬉しいです。

  5. 池面…なんかその感覚は解ります(´∇`)
    でも、実際はそこを見ずに目の前の現実に追われるような毎日。
    理想の魚を造るというのは長い年月かかりますから、感性も大切にゆとりある金魚飼育が大切なのかもしれませんね♪
    見て楽しむ。

    更に理想が膨らむ
    良い話です~ヽ(≧∇≦)ノ

  6. >みぃさん
    私が龍さん、みぃさんのお宅に
    お邪魔した時も、
    今考えると、ある種の「池面」を感じたと思います。
    そういう目で、いろんな池や水槽を
    見て回るのも楽しいデスよね。
    宇野系らんちゅうの話は、
    正直、書くのにけっこう苦労したのですが(゚Д゚;)
    何か感じていただければ幸いです~

  7. 貴重なお話をまとめたレポートありがとうございます!!
    最近舟の飼育と水槽飼育の狭間で悩んでるうたおですけど、池面って言葉は悩んでるうたおには希望に感じました!!
    そんな飼育が出来たら、金魚にも幸せで、かつ人を魅了する舟が出来るんだろうな…(*^^*)
    本当に丁寧な旅レポートありがとうございます!!
    宇野系らんちゅうの事も凄く勉強になりました!!
    私も船堀ととこやさんレポート書きましたが、全く知識にはなりません(笑)が良かったら覗いて下さいまし~(。≧∇≦。)

  8. らんちゅう可愛いですね!最近可愛さが少し分かる様になってきました(^-^)v
    ところでー私、またまた@まつやまさんをあるサイトで見つけてしまいましたよ!
    フットワークが軽くて羨ましいです。私なんか超インドア派なので。

  9. 宇野系蘭鋳の歴史を勉強させていただきありがとうございます。
    (*´∇`)
    宇野系=スレンダーな蘭鋳というイメージでしたが、胴短でコロコロ可愛いのがいるのは初めて知りました(*^O^*)
    私も何度か宇野系にチャレンジしましたが、なぜか相性悪くて…
    (;´∩`)タハァ
    『池面』素敵な言葉ですね!
    蘭鋳と水面の対比、そして『空白の美』ってヤツでしょうか?
    1枚の絵が額縁に入ってやっと完成するのと同じだなと思いました。

  10. 宇野ランは私の中では大好きなランチュウ。
    イイ目の保養になりました。
    肉瘤もそうですが、フンタンが可愛さを増すんですよね~♪
    私もまつやまさん同様、下の写真の仔達が好きです!
    お子さん達もはしゃいでる姿が微笑ましい(*´∀`)
    まつやまさんのブログは勉強になる事が多いですね。
    聞き上手で流石!

  11. 名前は知っていても
    殆ど知識がない僕でも
    その一端が伝わってきて
    なんというか腑に落ちる思いで
    拝読させていただきました~
    池面、以前読んだことがあります
    宇野仁松翁が平易なお言葉で
    らんちゅう飼育を語られたレポが
    その昔、FM誌に
    連載されていたことがあります
    僕はちびっこだったので池面とは??
    とピンとこなかったのですが
    数十年を経て得心がいきました
    まつやまさん、今回の記事も
    すごく興味深くおもしろかったです!
    ありがとうございます!

  12. トキンの身がつまった系統が
    宇野系かと思ってましたね(恥
    面被りが多いイメージで(・∀・;^^
    こうやってご説明頂くと
    作出した方の思いですとか
    改めて見えてきますね
    なるほど\(=∀= 

  13. >歌うオバヤンさん
    いつも読んでいただいてありがとうございます!
    上見でも池の「表情」があるんだ、というのは、
    すごく私も新鮮でした。
    レポート、あとで覗きますね!

  14. >かにゃんさん
    私も最初はらんちゅう苦手でしたw
    気持ち悪い~って感覚ばかりで。
    でも、いっぱい見てるうちに、
    素人なりに良いな、って思えてきました。
    ・・・えっ?
    どこのサイトで私を見られました???
    把握してないかも・・・

  15. >トマオニさん
    いやまたそんな・・・
    勉強だなんてとんでもないデス。
    でも、宇野系って1つのパターンだけじゃなく、
    いろんな仔がいるんだっていうのは、
    私も初めて知りました!
    池面って、良い言葉ですよね!
    深いな!って感じがしますし。
    らんちゅうを芸術として捉えてないと
    出ない言葉ですよね~

  16. >のぞみっちさん
    らんちゅうネタでは、
    かならずコメントいただいてる気がしますw
    ありがとうございます。
    いやぁ~、金魚初心者が
    宇野系をブログに書くという、
    惧れを知らぬチャレンジでしたが、
    いかがでした?wwww
    私のブログで勉強なんて・・・(汗)
    初心者目線での感想とかも、
    何かのお役に立ててれば幸いデス。

  17. >松風さん
    FMで連載があったんですね!
    すごいなぁ、その当時から
    読まれてるってのが・・・
    松風さんの筋金入りぶりには
    いつも驚かされます~
    池面って言葉、その連載でも
    載ってたんですね!
    奥が深くて良い言葉ですよね~!
    初心者が宇野系を語るという
    無謀なチャレンジ、楽しんでいただけたら幸いです!

  18. >トラおさん
    それも宇野系の特徴なんでしょう。
    私の文章も南澤さんから
    短時間で聞き取った話を元にしてますから、
    宇野系のすべてを表現してるわけでは
    けっしてないですし・・・
    でも、少々気後れしながらも、
    行ってみてよかったです。
    単純に良い金魚が見られたし、
    先輩や偉人の「思い」みたいなものが
    垣間見られた気がしたので。
    ・・・その一端でも感じていただいてたなら、
    私もうれしいです!

  19. まつやまさんは丸手ですか・・・
    私は長手です!
    宇野ランはこちらでは先ずお目に掛かる事が有りませんねぇ~。
    今回、目の保養になりまたよ(*^_^*)

  20. こんばんわ。
    私も丸手ですww
    写真の子美しいですね~
    うまうまさんはこの記事アップされるの楽しみにしてましたよ(笑)

  21. >うまうまさん
    長い方がお好みですか(^-^)/
    確かに愛媛で宇野系って見る機会少ないですよね。県内に愛好会あるみたいですけどね…

  22. >ふじさん
    思い出したように、らんちゅうネタやりますからね(⌒▽⌒)
    ふじさんも丸い仔ですか( ´ ▽ ` )ノ
    いまや土佐錦魚のふじさんですから、納得です(笑)

  23. まつやまさんが、
    すごく一生懸命記事を書かれたのが
    ヒラヒラにも伝わってきました~。
    そういう想いを持った方に育てられている仔を
    拝見したいなぁと思いました。
    きっと拝見すれば、
    まつやまさんがおっしゃりたい事が
    伝わってくるのでしょうね~。
    いつも知らない世界を覗かせて貰って、
    ありがとうございます(*^▽^*)

  24. >ヒラヒラ72さん
    いえいえ~(゚Д゚;)
    恐縮です…
    ヒラヒラさんなら何かの機会に姫路には
    足を運べそうですもんねヽ(´ー`)ノ
    ぜひ行かれて、見てみてください。
    私が伝えきれないものも、感じられると思いますっ!

  25. おぉ~
    池面…初めて聞く言葉ですφ(・ω・。)
    勉強になります!!
    らんちゅうは好きでもってその
    知識がほとんど皆無な私…
    あらためて奥深いなぁと感じました!
    ぱっと見て引き込まれるような
    魅力がありますね(*´艸`*)
    ちなみに私も丸手の仔が好みです|・ω・`)

  26. >りんさん
    私は本当にらんちゅうは一番縁遠い金魚・・・
    だったはずが、見学だけとはいえ、かなり深いところに
    足を運んでしまってます(゚Д゚;)
    去年は日らん全国大会に行ったし、
    今年は横須賀らんちゅう、宇野(宇田川)らんちゅう…
    でも飼ってるのは、ベビーバスらんちゅう1尾(笑)
    戦後、おそらく、小赤を除けば、
    国内でもっともお金と時間と手間がかけられた
    魚種がらんちゅうでしょうから、
    本当にディープな世界が広がってますよね。
    ハマる人の気持が少しは解りますもん!
    丸い仔、本当に可愛かったですよ~ヽ(´ー`)ノ

  27. 宇野系の説明は難しいですね。
    ざっくりいけば、獅子頭ですが、龍頭獅子頭とかも一部の人が使われてますし・・・。
    形の幅も広いし、会によって違うしで。
    金魚談義の際に、プロレスの団体の例えは自分も使います。
    自分の個体は、兜巾系ですが、どうなるかわかりません。

  28. >がんばる背番号17さん
    コメントありがとうございます!
    がんばる背番号17さんにコメントいただけるとは!
    宇野系・・・に限らずホントに分かってないので、
    間違いとかがあったらご指摘いただくと
    助かります!
    ざっくり言えば獅子頭なんですね。
    でも、そもそもは、
    大阪らんちゅうとかと区別するために、
    関東のらんちゅうは獅子頭らんちゅうと
    呼んでたんじゃなかったでしたっけ?
    (すみません、うろ覚えです)
    ・・・あぁ、らんちゅうの世界は難しい!(笑)
    プロレス団体の例えは、がんばる背番号17さんも
    されるんですね!
    全日系が協会系だとするなら、
    ノアと全日に分裂、みたいな感じなんでしょうか(゚Д゚;)
    う~ん、かなりハードな話になりそうなので、
    このへんで止めておきます(゚Д゚;)

  29. >@まつやまさん
    ネットに書かれていない年代や資料を正確に思い出せないので、らんちゅうの呼び方の歴史は、今度ブログに書きますね。
    いかに簡単に、ランチュウを説明するかを日々考えていますが、学者では無いし、無学なので頭の中でなかなか進みません。
    テレビ派ですが、三沢VS鶴田・三沢VS川田あたりが一番好きです。

  30. >がんばる背番号17さん
    門外漢ながら、ネットって
    資料は少ないですよね(゚Д゚;)
    宇野仁松翁の生年・没年すら、
    探せなかったデス・・・
    ブログ、楽しみにしてます!
    すごくニーズがあるお話だと思います~
    私も主にテレビ派ですが、
    長州 vs 藤波
    前田 vs 藤波あたりが一番燃えたデスね。
    ・・・年齢差を感じますが(笑)

  31. まつやまさん
    拙いブログを紹介くださり、ありがとうございます。
    色々と廻られてこられたのですねェ!
    宇野系らんちゅう
    その中でも南沢さんの池でご覧になった宇田川らんちゅうのちがいに目を留められるとは!さすがです!
    来る11月3日 日本獅子頭らんちゅう愛好会の大会があります、もしよければお出でて、清き投票をお願いします!
    らん丸

  32. >らん丸さん
    おぉ!
    コメントありがとうございます~
    無断リンクでしたのに、わざわざコメントいただき
    感謝です。
    来月3日、大会なんですね~
    残念ながらその日は、埼玉出撃…になりそうです。
    また、機会がありましたら寄らせてくださいヽ(´ー`)ノ

  33. はじめまして。
    有名な販売所に行かれたのですね。
    サラ水に入れられた魚はおそらく気持ちよくないと思います。

  34. >星の王子さん
    以前のエントリーにコメントありがとうございます。
    宇野系らんちゅうを、
    初めてまともに見ましたヽ(´ー`)ノ
    私はなにぶん金魚初心者かつ、
    らんちゅうも門外漢なので、
    トンチンカンなレポートになってるかもですが、
    ご容赦ください~(;・∀・)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください