1)日らん全国大会 さすがに厳密なんスね…(゚Д゚;)

11月3日に開かれた社団法人日本らんちゅう協会の全国品評会の会場は、
大阪の花博記念公園鶴見緑地公園

 
愛媛県松山市を朝(というか深夜)3時に出発して、
着いたのは朝8時すぎ。

 
淡路島の手前で夜が明け、
公園の駐車場で仲間と落ち合った時点で既にヘトヘトでした(笑)

$金魚ビギナーですが、何か?


 
「いのちの塔」が見えた時は
「おぉ!Σ(゚Д゚)テレビで見たことある!」と思っちゃいました。


 
花博が開かれたのは私が大学生の時。
もちろん行ってないんですが、
報道で見たウォーターライド転落事故は鮮烈に覚えてます(゚Д゚;)


 
さて10時の開会まで時間はあるものの、さっそく会場へ。
水の館の前には立て看が。
金魚ビギナーですが、何か?


 
水の館は体育館とホールが併設されてまして。
ホールの床はアスファルトだけど屋根も壁もちゃんとある、
という金魚の品評会にはピッタリな会場でした。
金魚ビギナーですが、何か?


 
既に洗面器がずらーっと並べられてて、
なんとも言えない厳粛な雰囲気。


 
でわ!
せっかくですので、金魚素人&らんちゅうド素人の@まつやまによる、
日らん全国大会・審査の流れ解説(゚Д゚;)


 
午前9時から受付開始。
受付は「人間」と「金魚」で場所が別れてました。
出品者はまず、東部・中部・西部の各地区別に置かれた窓口で受け付け。
この辺、地方の品評会とはスケールが違いますねΣ(゚Д゚)

 
魚は専用の窓口(これも当歳、二歳、親の部門別)で手続き。
その際、自分の魚を撮った写真を添えます。
(他の人の金魚を間違えて持って帰ったりなどのトラブルを防ぐためだそうです。
金魚ビギナーですが、何か?


 
受け付けられた金魚は、「魚だまり」と呼ばれる
「待機場所」の舟に入れられます。
この時点で、他の人の金魚と一緒になりますから、
私達では誰の金魚か分からなくなります(゚Д゚;)
金魚ビギナーですが、何か?
これは親魚の「魚だまり」。


 
魚だまりのあるエリアは、出品者&見学者が立ち入れないので、
この時点では「縄張り」の近くの舟に入れられた金魚しか見れません。

 
この辺の厳格さも全国大会ならでは、でしょうか。
開会式のころには、会場にかなり人が増えてきました。

 
私は「おぉ~!さすが日らん全国大会。人が多いなぁ」と思ったんですが、
やはり分裂開催のため、地元勢らしき人からは
「寂しい入りやな~」との声も聞かれました。

 
じゃぁ分裂前はどんだけ人がいたんだろう、と想像すると怖いッス。

 
開会式では協会のエライ人の挨拶や記念撮影もありました。
金魚ビギナーですが、何か?


 
開会式が終わるとさっそく審査が始まります。
当然、出品者も見学者も近くでは見れません。
金魚ビギナーですが、何か?
こんな感じで遠巻きに様子を伺うしかない。


 
ところがΣ(゚Д゚)
この時点で急遽、撮影許可をいただき
審査を間近で見ることができましたΣ(゚Д゚)


 
審査はまず、1尾ずつ審査員が採点していきます。
魚係さんが、魚だまりかららんちゅうを審査用洗面器に連れていき、
背なりを見せて(横見、ってことでしょうね)から、水中にリリース。
金魚ビギナーですが、何か?


 
審査員は「せーの」って感じで点数札を出して採点。
同時に札を出すことで、
誰かの評価に他の人が引っ張られないようにしてる、とのこと。
なるほど…厳密ですね。
金魚ビギナーですが、何か?
親魚部門の審査の様子。


 
各部門の審査は、それぞれ6人の審査員によって行われます。
審査員が持ち点「5」だそうです。
つまり60点満点なんですね。
金魚ビギナーですが、何か?
二歳魚の審査の様子。スイ~っと泳ぐと印象が良いんだそうです。


 
審査を終えた魚は、点数ごとに
用意された舟に入れられて行きます。

 
24点から30点までの魚が入れられるのが「最優秀グループ」の舟。
以下、21~23点の舟、19~20点の舟…と続き、なぜか18点が単独の舟。
そして16~17点の舟、12~15点の舟まで用意されてました。
$金魚ビギナーですが、何か?


 
こちらは親魚の最高得点グループの舟。
ここに入れば、ベスト5の「優等」の可能性がグッと高まる感じですねヽ(´ー`)ノ
金魚ビギナーですが、何か?


 
親魚部門では最高得点グループに7尾居たので、
そのグループだけ再度審査して、
ベスト6までを別途用意された「優等魚審査」用の洗面器に移します。

 
ベスト6入りが決定しているらちゅうたちを
更に順位付けしていきます。
金魚ビギナーですが、何か?


 
親魚の東大関(1位)が決まった瞬間。
審査用の洗面器から展示用の洗面器に、
順位の高いほうから移されていきます。
金魚ビギナーですが、何か?


 
部門別に全順位が決定するまで、
展示エリアはメディアや撮影班以外は立ち入り禁止。
$金魚ビギナーですが、何か?


 
親魚、二歳魚に比べて当歳は出品魚が多かったので、
審査時間がすごくかかってました。
親魚の一般向け展示(縄張りを外して誰でも間近に見れるようにする状態)が始まっても、
まだ1位も決まってない状態でした。

 
審査員の人、大変だろうなぁと思いました。
親魚の展示。一般の見学も含め、
多くの人がらんちゅう鑑賞を楽しんでましたヽ(´ー`)ノ

 
ちなみに、出品者は自分の金魚を見つけて自ら名札に名前を書き込みます。
中には自分が出品した魚を間違えてしまう方もおられるようです(゚Д゚;)
あんだけいっぱい居れば、そりゃ似た金魚もいますよね。
$金魚ビギナーですが、何か?


 
審査の流れはこんな感じです。

 
改めてかなり厳格だなぁと思いました。

 
厳格といえば、優等魚審査時の採点は会場内に貼り出される形で公表されてました(゚Д゚;)
どの審査員が、どの魚を何位に評価したかがひと目で分かります。
(※順位を点数に置き換えてますので、点数の総計が低いほうが高順位ってことですね)
金魚ビギナーですが、何か?


 
上の表を見ると、親魚部門は東大関を獲ったらんちゅうが、
ぶっちぎりの高得点に見えます。
ただ、西大関(2位)の魚を1位に推す審査員は、東大関と同数の3人。
惜しかった、と言えるんでしょうね。

 
東取締役(4位)の魚に対する評価は、
1位に推す審査員は居なかったものの、
5位や6位と判断した人も居なかった…
ってことは「欠点の少ないらんちゅう」なのかな、と思ったり。

 
…こうやって自分の金魚が採点されて、
その評価される傾向を分析したりしたら、
さぞかし面白いだろうなぁと思いました。


 
ってことで、続きます。


 
【励みになります!クリックお願いします】
にほんブログ村 観賞魚ブログ 金魚へ
にほんブログ村

0)日らん全国大会 らんちゅう素人な私(゚Д゚;)

11月3日、大阪で開かれた日らん全国大会(日本らんちゅう協会全国品評大会)を
見学してきました!

 
…いきなりレポートに入っても良いんですが、
まずは@まつやまが、らんちゅうについて、
如何に無知か、
どんだけネコに小判か
説明させていただいてから(笑)

 
金魚を飼い始めて2年ちょっと。
我が家では本来、嫁と娘からの強い要望で
以下の項目に該当する金魚は「飼育禁止」なんです。

 
▽肉瘤がある
▽背びれがない
▽水泡
▽パールスケール
▽頂点眼
▽出目

 
とか言いながら、最初に購入した金魚(金魚すくいでなく)は、
オランダ獅子頭だったりするんです(笑)

$金魚ビギナーですが、何か?
今日も元気なオランダの「サラサ」。


 
恐らく4歳になってるだろう最近でこそ、
若干肉瘤が出てきましたが、購入時はノッペリ頭で。
オランダが肉瘤が出る魚種だという知識すら
ない状態で買ったんですねぇ(笑)

 
娘2人が「頭出るな~」と水槽前で
呪文を唱えてた時期もありました。

 
その後、普段は金魚に興味を示さない、
「ネコ信者」の母が「黒出目は飼わんの?」と言い出し、
その要望を叶えるべく、我が家に迎えたのが黒蝶尾。
$金魚ビギナーですが、何か?
黒蝶尾のラック君。最近、完全に肥満気味です(゚Д゚;) 嫁は未だに「ちょっとコワイ」と言ってますw


 
このように、「飼育禁止事項」の例外金魚も
少数、我が家にはいるんです。
…日本オランダを飼ってたこともありましたし。

 
ただ、らんちゅうに対する拒否感はけっこう強いものがありました。

 
雑誌とかだと「こんなに立派な肉瘤!!」って
強調する感じの写真とかありますよね(゚Д゚;)
肉瘤に埋もれて目がどこにあるか分からない、とか。

 
私自身は、フンタンが出たらんちゅうは
カワイイと思うし泳ぎ方も愛らしいとは思いつつ、
ボッコボコに発達した肉瘤は苦手ですし、
「飼うのが難しそう」ってイメージも強い。

 
なので、どうしても「上級者の金魚」って感じですし、
深い深い…あまりにディープな世界という印象を持ってしまいます。

 
1尾ン十万円、なんて話を聞いたりすると、
怖くて近寄れない(笑)
「金魚の王様」って表現に対しても、
敷居の高さしか感じられない。
だから家族の反対を押し切ってまで…とは
思えなかったんです。


 
それでも。
愛媛に住んでると、らんちゅうは避けて通れないです(笑)
盛んな土地、ってのもありますし、
知り合いにも愛好家がいたり。

 
金魚見たさに地元の品評会に見学に行ったり、
いろんな人の飼育環境を見せてもらったりしてるうちに、
私や家族の反応が少しずつ変わってきました。

 
「あんまり肉瘤がボコボコしてなければ」という
条件付ですが、娘たちはらんちゅうも
「カワイイ」と言うようになりまして。

 
そして、今年の7月に知り合いに譲っていただいたのが、
らんちゅう当歳15尾。
このブログの常連さんならみなさんご存知の
「ベビーバスらんちゅう」です(笑)

 
用意も考えもなしに、15尾ものらんちゅうがやってきたので、
入れる器がなく、長男の使わなくなったベビーバスに放り込み、
しばらく飼ってたことことから、そう呼ばれています。
$金魚ビギナーですが、何か?
今や「嘲笑的伝説」になっているベビーバスらんちゅう。


 
ベビーバスらんちゅうの大半は放出しまして、
我が家には今、3尾だけ残しています。
本来はベランダに舟を設置して…
なんでしょうけど、室内の90らんちゅう水槽で、
福だるまたちと同居させてる…
この上なくイイカゲンな飼い方をしています。
金魚ビギナーですが、何か?
完全に横見の環境(゚Д゚;) 残されたこいつはら不幸だなぁと思ったり。


 
金魚ビギナーですが、何か?
多少は大きくなりましたが肉瘤は発達せず、同居の他魚種の仔たちが太る一方…


 
こんなアバウトな飼育ですが、
飼ってみるとカワイイと思えてきますね。

 
上から見るべき金魚ですが、
横見でも楽しめると思うし、あまり環境がよくない室内90らんちゅう水槽でも
病気もしませんから、丈夫だと思います。


 
さて、そんな「向上心なき、らんちゅう飼育者」の
@まつやまですが、先月、知人と電話で話してて、
「今年は日本らんちゅう協会の全国大会が大阪で開かれる」ってのを知りまして。

 
全国大会は毎年、東京、大阪、愛知って感じで
順番に開催されるんだそうです。

 
その時、東京まで見に行くのはシンドイですが、
大阪なら近い…と思ってしまったんですねぇ。
(※愛媛県松山市から大阪の会場までは車で650キロ以上)


 
なら私もらんちゅう飼ってるし
(※その時点で飼育歴3ヶ月)
金魚の全国大会は見たこと無いし、
仲間と一緒なら寂しくないし
(知り合いが居ないと品評会見学って寂しいこともあるんですよw)
…ってことで、物見遊山的に行ってみることに決定!

 
徳島県に住んでる金魚仲間(キャリアは私と同じぐらい?)も誘って、
車を飛ばすことにしました!


 
ちなみに現在、日本らんちゅう協会は分裂状態ですが、
@まつやまが今回行ったのは
社団法人日本らんちゅう協会の全国大会です。
ってことで、初心者による全国大会レポートを
ボチボチ書いていきます~ヽ(´ー`)ノ


 
【励みになります!クリックお願いします】
にほんブログ村 観賞魚ブログ 金魚へ
にほんブログ村