これが穂竜!!∑( ̄□ ̄;) 穂竜を見に赤穂に行ったよ!PART2

 

穂竜を見に赤穂に行ったよ!PART1の続きです。

 

前のエントリーで触れましたように、

正直、穂竜とは縁遠い@まつやま。

 

でも、行ってみようと思ったからには、

頑張ってドライブですヽ(´ー`)ノ

 

 

★ 外虫魚図 ★さんのサイトなどで、

午前9時半から穂竜の分譲があると知り、

自分が買うわけじゃないにせよ、

それぐらいまでに到着せねば…ということで、

午前6時半に松山市の自宅を出発。

IMGP2619

 

前夜の夜遊びが祟り、

すっごい眠気と戦いつつ・・・

瀬戸大橋の途中、与島パーキングエリアで休憩。

 

眠気覚ましに屋台のアイスバーを買ったのですが、

アイスの冷たさよりも、

1本250円という値段で目が醒めましたヽ(`Д´)ノ

 

その余勢を駆って、午前9時半ちょうどに、

会場の赤穂城跡に到着。

ネットで見た穂竜愛好会さんの品評会のお知らせは、

駐車場までちゃんと記載してくれてたし、

駐車場から会場までは、ノボリが案内してくれました。

IMGP9042

 

このノボリを見た瞬間、

@まつやまは考え方を改めました。

 

愛好会の人たちには先にお詫びしておきますが、

私の穂竜のイメージってこんな感じでした。

 

穂竜は関西の最西端の兵庫県赤穂市で、

地道に飼われてるマニアックかつ地味な地金魚で、

愛好会は地域のベテラン揃い。

品評会はカルト風味な「集会」で、

黙々とパールの鱗を数えたり、

肉瘤を撫でたり・・・

私が行って挨拶しても、

「琉金好き?何しにきたの?」

「せめてピンポンぐらい飼ってからまた来なさい」

と鼻で笑われる…

(多少誇張してます)

 

 

もちろん、ネットで会員さんのブログとかを

拝読していると、そこまで怖くはないかな、と

思ってもいたのですが・・・

 

このノボリの明るい雰囲気ヽ(´ー`)ノ

しかも会場まで何本も立ってて、

「いらっしゃ~い!(三枝調)」と言われてるような・・・

 

「穂竜の人たちって、明るいのかな???」

 

 

そんなことを考えながら、

芝生広場に到着。

人も多いし洗面器もずら~っ!

 

すでに分譲魚のところには人だかり。

IMGP9044

 

洗面器の中を除くと、

お~!

いるいる。

穂竜だ。

 

ん・・・・

これ穂竜?

IMGP9052

 

 

穂竜ってもっと黒くて、

渋い金魚じゃなかったっけ?

 

@まつやま自身は、渋い色の金魚もスキなので、

それはそれで悪い印象ではなかったのですが、

今までお店とかで見た仔たちとは明らかに印象が違う。

 

 

穂竜って金色の金魚だったっけ???

 

 

 

おぉ、色が賑やかな仔もいる。

これは変わり竜って言うんだよな。

 

変わり竜って・・・こんなに派手だったっけ?

IMGP9074

IMGP9067

 

分譲魚たちを撮りながら思ったのは、

「太陽の光の下だから印象が違うのかも・・・」ってことでした。

 

やはり金魚は陽光の下でこそ本領が発揮される。

私が過去、穂竜を屋外で見たのは1度だけ。

その時も「スゲェ!」と思った記憶が蘇ってきました。

 

 

分譲魚は洗面器に2~5尾ずつぐらい入ってて、

お値段も超格安∑( ̄□ ̄;)

お店だと1尾買えるかどうか・・・

 

希望者が多いので、

じゃんけん勝負になってる洗面器が多かったです。

IMGP9085

 

 

じゃんけん大会を眺めてると、

ひょっこり、そばを通り抜けようとする

男性の姿が・・・

 

見たことあるなぁ…と思ったら(;・∀・)

 

穂竜の作出者にして

愛好会の会長、榊誠司さんでした。

 

IMGP9537 メディアから取材を受ける榊会長

 

 

@まつやまのブログ用の名刺をお渡しして、

(これ、スゴイ話ですよねw)

ご挨拶させていただきました。

 

すると、榊会長、すっごく丁寧に穂竜の基礎知識を

教えてくださいまして・・・

 

 

いわく、穂竜は

「まだまだ完成ではない」段階なのだそうです(;・∀・)

 

色について目指すところは

「青い空に黄金の稲穂」。

 

 

・・・なるほど、さっき分譲魚で見た、

黄金色の穂竜が実は正しくて、

私が従来穂竜の色だと思ってた黒、鉄色・・・というのは、

青を創る過程の色合いだったんですね(;・∀・)

 

 

体型に関しても、

穂竜は出目、肉瘤、パール鱗と、

金魚の変わった特徴をすべて併せ持ってる。

 

ゆえに「欠点ばかり言ってたらキリがない」んだそうです。

 

確かにそれらの特徴、1つに絞ったとしても、

良い魚を作るのは簡単じゃないでしょう。

それを3つも持ってるわけですからね…

 

感心して聞き入ってる私に向かって、

榊会長は笑顔を見せつつ、

「だから、それぞれの金魚の良い所を伸ばしてほしいんですよ」と

おっしゃってました。

 

 

また、穂竜のカラーバリエーションである「変わり竜」は、

いろんな色合いの金魚を楽しんでもらいたい、という趣旨もある一方、

累代飼育すると黒くなりがちな穂竜と、

色鮮やかな変わり竜を掛け合わせ、

明るい色に修正する、という意味合いもあるんだそうです。

 

このへんは、らんちゅうの愛好家が、

自家系統を維持するために、

本筋以外の魚も残しておいて、

本筋の修正が必要になった時に掛けるのと、

似た関係だな…と思いました。

(素人考えデス。間違ってたらすみません)

 

 

変わり竜は「色がカワイイ!」ってだけじゃなく、

穂竜本筋の維持にも意味合いがある、と分かり、

ちょっと鳥肌が立つぐらい、感心しちゃいました(゚Д゚;)

IMGP9081

 

ただ・・・

榊会長は私を本部席に連れて行かれ、

「今年は黒と黄色の虎竜が固定できてね!」

 

会長賞の副賞に「虎竜マグカップ」を作った、と

嬉しそうに披露されたご様子は、

理屈抜きにカワイイ金魚がお好きなんだな~と

思ったりしました(笑)

 

 

そうこうしてるうちに分譲魚は完売。

品評大会の開会式が行われました。

会長挨拶や後援自治体の首長さんからのメッセージ代読、

協賛企業の紹介などがありました。

IMGP9135

 

 

目についたのは、会員の方はこういうTシャツを着てらっしゃったり…

(白Tバージョンもありました)

 

IMGP9125 

前掛けをしてる人も。

ほかにも金魚柄のTシャツの着用率は高かったデス。

 

なかなか他の品評会では

見かけない光景で、楽しそうだな~と思いました。

 

 

 

また、@まつやまがスゴク感心したのは、

愛好会の会員は皆さん、名前入りのネックストラップを

下げておられたのですが、

見学者とひと目で区別がつく、というだけでなく、

「穂竜の案内人」の目印って感じでした。

 

というのも。

観光名所である赤穂城跡へ来た人たちが、

かなりの数通りかかり、品評会を覗いては去っていくのですが、

「これ金魚?」「いくらぐらいするの?」「どこで買えるの?」などなど

口々に質問を浴びせていくんですね。

 

観光客はネックストラップを目印に質問できるし、

会員の皆さんは、すごく丁寧にハキハキと説明されてました。

 

 

「小さな機会でも、穂竜をアピールするぞ!」という気持ちが

伝わってきて、ちょっと胸が熱くなりました。

こんな品評会は見たことがありません!

 

 

さて、開会式後は全員で数百メートル移動し、

お城の門の前で記念撮影。

趣がありますよね!

金魚の品評会には、日本家屋や瓦がよく似合いますヽ(´ー`)ノ

IMGP9145

 

 

さぁ、いよいよ審査開始!

まずは変わり竜の部から。

審査場所には審査員と魚係以外は立入禁止。

楽しい雰囲気の中にも厳格さがありました。

IMGP9163

 

 

・・・まだまだ続きます~ヽ(´ー`)ノ

いよいよ次回から金魚の写真をバンバン載せます~

 

 

 

【励みになります!クリックお願いします】
にほんブログ村 観賞魚ブログ 金魚へ
にほんブログ村

穂竜を見に赤穂に行ったよ!PART1

 

ちょくし~げこおぉぉのはるぅやよぃ~♪

 

15年以上前に、会社の先輩から覚えろと命じられ、

「刃傷松の廊下」(赤穂浪士を題材にした歌)を

覚えてカラオケで歌ったものの、

手本にしたのが、その先輩の歌だったため、

音程がところどころズレて憶えてしまい、

いまだにちゃんと歌えない@まつやまです。

こんばんわ~ヽ(´ー`)ノ

 

 

突発的に行ってきました。

兵庫県赤穂市。

 

 

赤穂市と言えば、世間では「忠臣蔵」が有名ですが、

金魚の世界では…もちろん!

穂竜ですよねヽ(´ー`)ノ

 

穂竜愛好会の第6回品評大会、

見学してきましたヽ(´ー`)ノ

 

会場は赤穂城跡。

IMGP9043

 

 

品評会場のすぐ隣が、赤穂浪士を祀る大石神社で、

(参考:大石神社と赤穂義士-赤穂市

ず~っと雅楽のCD(?)が「プォォォ~」と流れる中、

穂竜を見てきましたよ~ヽ(´ー`)ノ

IMGP9093

 

このブログ「金魚ビギナーですが、何か?」を

長くご覧になってらっしゃる方なら、

お分かりのことと思いますが、

我が家には昭和の全日本女子プロレスの「三禁」

負けずとも劣らぬ「金魚三禁」がありまして(゚Д゚;)

(全女の三禁は酒、タバコ、男性との交際)

 

【@まつやま家金魚三禁】

肉瘤!

出目!

パール鱗!

 

※水泡&頂天眼は別格でNGだそうです(゚Д゚;)

 

嫁と娘が相変わらず苦手でして。

実は我が家には肉瘤系は若干、現存しております。

らんちゅう1尾、オランダ1尾、日本オランダ…

出目は1尾だけ。蝶尾のラック君のみ。

でも、こうやって飼ってる以上、

3年前に金魚を飼い始めた時に比べると、

家族もだいぶ慣れてきてるとは思うんです。

 

ですが!

三禁がすべて揃った穂竜

おそらく、導入ハードルがもっとも高い魚種(゚Д゚;)

 

 

私も穂竜の存在を知った当初は、

正直苦手な感じだったのですが、

地元ペットショップ・アミーゴさんでの巡回金魚即売会とか、

懐古堂さんなどで「良い穂竜」を見る機会があり、

「・・・カワイイかも(;・∀・)」って思えるぐらいまでには

成長しておりまして。

 

ただ、穂竜に関しては何の予備知識もありませんでした。

 

 

一方、西日本で作られ、保存・発展している金魚、という点では、

興味が少しずつ膨らんできまして…(;・∀・)

ちょうど、仕事も休みだったというのもあり、

ドライブがてら品評会にお邪魔した、というわけですヽ(´ー`)ノ

 

IMGP9318 会場で売られていた穂竜ストラップヽ(´ー`)ノ

 

 

往復で合計6時間のドライブだったうえ、

明日はデートの予定なので(  ̄ー ̄)

今日は取り急ぎ、予告編だけ。

 

 

「金魚初心者 vs 穂竜品評会」という、

全米が泣いた!的な大スペクタルを

次回から書いていきます(笑)

ご期待くださいwww

 

 

【励みになります!クリックお願いします】
にほんブログ村 観賞魚ブログ 金魚へ
にほんブログ村