らんちゅうHello( ノ゚Д゚)! Goodbye(・ω・)ノ!

IMGP5886

 

ズンドコらんちゅう稚魚飼育シリーズでお馴染み、
@まつやまが今年、針仔から初めて育てたらんちゅうたち。
サシ&ツマミだらけだったり、
鱗がダメダメだったり、
マシな仔は三つ尾だったりで、
事実上終了~!なのはお伝えしてましたが、
このたび引取先が決まりましたヽ(´ー`)ノ

我が家産の琉金チビ(琉金×キャリコ×ブロードテール)の一部とともに、
近いうちにサヨナラすることになりそうです。

6尾を50リットル丸ダライで飼育してたのですが、
色変わりも終えて、全長で5.5センチほどになり、
(これがペース的に早いのか遅いのかは分かりませんが・・・)
肉瘤はまだまだ大きくなりそうですし、フンタンはモコモコと出てきます。

IMGP5899

 

 

この先、どんな成長をするか、もう少し見てみたい気もする一方、
我が家の狭い環境では、多くの仔を維持するのは難しいので、
最後の撮影をして、お別れすることに。゚(゚´Д`゚)゚。

IMGP5909

 

 

実は、琉金稚魚も2腹目が着々と大きくなってきてるのですが、
水槽の余分も場所もないし、
どうしようか日々悩み中です。IMGP5836

 

さて、狭いベランダを目一杯使って飼育している@まつやまですが、
なんと!
らんちゅうとお別れする予定のはずが、
新たな刺客が・・・∑( ̄□ ̄;)IMGP5877

写真で見ても一目瞭然だと思いますが、
か~なり良さそうならんちゅうがやって来てしまいました∑( ̄□ ̄;)
@まつやまの素人眼力では、うかつな評価はできませんが、
ボディが長いし全体のフォルムは四角いし、なんといっても尾が全然違う!!!
今年4月生まれの仔が3尾!
我が家の金魚に仲間入りデス。

 

@まつやまがいつも遊びに行かせてもらってる、
地元のらんちゅう愛好会「媛らん会」の会長さん(ブログは「らんちゅう愛媛だより」)から、
いただいてしまいました(;・∀・)

媛らん会の会長さんは、すごく温和で優しい方で、
会員でもない私が、会の周辺をウロウロすることを
いつも温かく見守ってくださってるのですが、
どうもズンドコらんちゅう飼育シリーズをお読みになってたみたいで・・・( ; ゚Д゚)

先日、お会いした折に、
「(媛らん会大型新人)Tさんとまつやまさんに、当歳を少し持ってもらおうかと思ってます」

@まつやま、突然の申し出にビックリデス∑( ̄□ ̄;)
「Tさんは分かりますが、私は今年のらんちゅう、もう終了したので・・・」
会長さんかぶせ気味に「いえ、まつやまさんにも持ってもらいます(キッパリ)」

会長ご自身は何もおっしゃりませんでしたが、
「せっかく飼うなら、ズンドコとか、なんちゃってとかでなく、
ちゃんとした仔をちゃんと飼いましょう!」という
無言の圧力だと、@まつやま、理解しました。

いやしかし、これはかなりのプレッシャーです( ; ゚Д゚)
以前飼育してた「ベビーバスらんちゅう」はいわばハネ魚をもらったわけですし、
ズンドコらんちゅうは、私自身が手探りで「とにかく育ててみよう」ってレベルで飼ってたので、
気楽に付き合ってきたのですが、
今回来た仔たちは、育てる人が上手なら会魚クラスになる連中ではないかと(・。・;

IMGP5864

 

 

死なしちゃマズイけど、おっかなびっくり飼ってもダメだろうし、
当面は我流で頑張ってみます…(・。・;

 

しかし!
話がここで終わらないのが、
@まつやまのバカなところというか、無謀なところ!ヽ(´ー`)ノ

らんちゅうは他の方からも送られてきました(´゚ω゚`ノ)ノ

IMGP5853

 

 

もちろん@まつやまは再三、遠慮したのですが・・・
最後は「送ります。」で決着(ToT)

尾開きはスゴイし、鱗も背中のラインも綺麗な、
ズンドコたちよりは明らかにグレードが上そうな仔たち約100尾!
まだ完全に選別されてないそうで、
送ってくださった金魚仲間は「これで選別の勉強を続けてください」とのこと・・・(;・∀・)

もうこれは
「らんちゅうテロ」
「らんちゅう爆弾」
と言って良いかとヽ(`Д´)ノ

う~ん、これまでブログには何度も「らんちゅうは基本苦手」と書いてたのに、
なんでこんなことになったんだろう・・・ 

世間で今年はW杯イヤーですが、
@まつやまは「らんちゅうイヤー」になってしまいました。

金魚飼育の下手な@まつやまが、
今後、らんちゅうとどう格闘していくか、
みなさま引き続き見守って笑ってやってください~(ToT)

 



 

【お知らせ】

6月下旬で@まつやま、金魚飼育がちょうど5年を迎えます。
シャレで5周年記念グッズを作ってみました。
日頃のご愛読に感謝して抽選で読者の皆さまにプレゼントしたいと思います。
(どんなグッズかは、まもなく掲載します~)
あくまでシャレで作ったものなので、その辺をご理解いただける方、
ふるってご応募いただければと思います~ヽ(´ー`)ノ

 

ブログ村金魚ランキングに参加しています。
▼クリックをお願いします▼

にほんブログ村 観賞魚ブログ 金魚へ
にほんブログ村

終了!?wwwズンドコらんちゅう飼育記(下)

ズンドコらんちゅう稚魚飼育シリーズ最終話?
選別勉強会!ズンドコらんちゅう飼育記(中)の続きです。

気がつけば5月もまもなく終了。
稚魚と戯れていると時が経つのが早いデスね~
関東レポ(4月)もまだ終わってないですが、
「らんちゅうズンドコ飼育」は今回が最終話デス(;・∀・)

 

媛らん会会員さんによる選別勉強会に参加した翌日、
学んだ内容をいかしてさっそく選別をしてみました(  ̄ー ̄)

「これはサシだな」
「これはツマミやね」

・・・リビングに洗面器を持ち込み、ひとりでブツブツ言いながら作業。

作業の経過とともにどんどん不安になる。
これは・・・もしかしてほとんど残らないのではないか∑(`・д・´ノ)ノ
頭のなかに「終了」「全滅」の文字が踊る。

不安を抱えた瞬間から、選別が甘めになるのが自分でも分かります(゚Д゚;)
絶対的な選別眼が無いうえに、
「いっぺんにバッサリと選別しないほうが良い」という話を聞いてたので、
作業を始めた時には自分なりに厳しくビシッとやってたのが、
「これもアリってことで」ってなってる。

う~ん、こんなこっちゃいかんなぁ…

結局この日は50尾残して55尾を外しました。
ハネすぎだとは思ったのですが、
それでもかなり後半甘めにしてコレですから…

何はともあれ勉強だね!って感じで始めたらんちゅう稚魚飼育ですが、
この日、黄信号が点灯しました(´;ω;`)

 

 

水換えをしてらんちゅうの写真を撮ってみる。
媛らん会の会長さん宅で見た、
同時期に孵化した仔たちに、大きさでも足元に及ばない。
でも、超大型新人(笑)Tさんの仔たち(この仔たちと同じ腹)に比べれば
大きくなってきてるかな(^^)

IMGP4692

 

 

しかし。
事実は冷酷です。
デジカメというのは便利であると同時に
見たくないものまで見えてしまいます(´;ω;`)
「知らなきゃ良かった」と思うものまで容赦なく見えるwwww

教科書に載せたいぐらいのサシ∑(`・д・´ノ)ノ

IMGP4706

 

撮影した写真を1枚1枚拡大してチェックすると、
やはりサシとツマミが多い。
恐らく半分以上はアウト、ということが判明しました。
正直、ガックリきました・・・(´;ω;`)

もう諦めようか、全部流そうか・・・
そんなことを思いつつ、
いやでも、あくまでも勉強だから!と思い直しました。

 

 

この日は塩カブり!wwwwwで書きましたが、
媛らん会のメンバー、アズー氏(ブログは「アズーのらんちゅうとベランダ金魚」)と、
新会員の水助さん(ブログは「水助超初心者ながららんちゅうを飼ってみるぅ~ブログ」)に
会い、日がな一日、金魚雑談。 

IMG_0901
金魚雑談した喫茶店でアイスティーとクッキーを食べましたヽ(´ー`)ノ

 

お二人には我が家に遊びに来てもらったのですが、
その時、アズーさんにらんちゅうを見てもらいました。

「どんな感じかなぁ?」という@まつやまの問いに対し、
アズーさんは「良い仔いますよ」との答えwww
気を使ってくれてるものの、ダメ出ししてるのと一緒デスね(笑)

アズーさんに「サシと思えるのは外してよ」とお願いして、
作業してもらいましたが、
アズーさんもあまりの多さに気後れしたのか、
かなり甘めのジャッジをしてくれてるのが分かります(笑)

う~ん、やはりダメだな・・・
結局この日は12尾外して残るは37尾。

 

 

だいたい4日に1度のペースで水換えしています。
媛らん会の会長さんのマネなんですが(笑)

我が家に来た時点で500尾弱だったのが
既に3週間で10分の1以下になってる(´;ω;`)
その分、大きさはぐんぐん!
1.6センチぐらいにはなってます。IMGP4737 

 

自分とアズーさんで選別したにも関わらず、
日々成長するらんちゅうたちは、
「傷」も見えるようになってきます。

水換えの時に目についた、あからさまなサシを1尾ハネ箱へ。
(ちゃんと見ればサシなのはまだまだ居る)

残るは36尾。

 

 

この日は我が家で生まれた琉金チビを大幅に選別し、
60センチ水槽2つを水槽台に載せ、ベランダに設置。
リビングからベランダへの出入りが窮屈になったと
家族から大ブーイングでしたが、
「時限的措置である!」と家長の権限をフル活用して強行突破しましたwwww 

 

水槽1個分のスペースが空いたので、
50リットルタライ×2個体勢に戻し、
らんちゅう稚魚を18尾ずつ入れてみる。

将来性は絶望的だけど、せめてどれぐらいのペースで大きくなるか、
観察してやろう、という試みです(゚Д゚;)

 

 

事実上、最終審判の日になりました。

関東から来県した金魚の大先輩というか、センセイというか・・・
詳しい方に自宅のらんちゅうを見てもらいました。

一目見て「う~ん・・・」って感じだったのですが、
使えるものは親でも恩師でも使う!
というのが金魚界の掟(たぶん違うw)。

最初は乗り気ではなかったようですが、
選別してもらうように話を振ったところ、
「タライ2つで飼ってるんだから、ちゃんと1軍と2軍に別けよう」と言ってもらいましたヽ(´ー`)ノ

ところが、作業を始めて数秒で、
「これ、いかんわ・・・」

まだまだサシが居るのは分かってたものの、
「これサシ」「これツマミ」「尾形が全然ダメ」「ヘ腰」「付け違い」・・・

ほぼ秒単位でジャッジが下されていき、1尾も残らない情勢(゚Д゚;)

何より一番多かった問題は
「鱗の並びがガチャガチャ」

あ~!∑(`・д・´ノ)ノ
その発想はなかったわ~∑(`・д・´ノ)ノ
というか、そういう眼で一度も見てなかった!

 

1尾だけ鱗の並びがまともで、
背中もそこそこな仔がいたのですが、
残念ながら三つ尾!

らんちゅうだもの。
                             みつお

とか言ってる場合ではありません。
これにてズンドコらんちゅう飼育、終了です。
ありがとうございました。

正直、予想もしてたのでそれほどショックではなかったのですが、
鱗を見てなかった・・・というか気づいてなかった自分の観察眼の無さに呆然です。

「鱗がまともなら、イケそうな仔が何尾か居たよ」と
慰めてもらいましたが、根本的な問題だけにちょっと落ち込みました(´;ω;`)

 

ま~、難しい!
らんちゅう飼育は思ったより難しい!
見なきゃいかんポイントがいろいろありすぎて、
最初から全部は無理wwww
特に私みたいな観察眼が無い飼育下手には無理~!wwww

なるほど、いっぱいタマゴを採って、いっぱい育てた中から
残していくという作業も、これは必要だなぁ、と実感しましたし、
良いらんちゅうというのは、ホントにエリート金魚なんだということを
再認識させられました~ヽ(´ー`)ノ

 

 

500尾もらった稚魚が事実上「ゼロ」になりはしましたが、
飼育をいきなり全部中止するのももったいないというか、
そもそもが勉強のためのらんちゅう飼育だったという本旨を鑑みて(笑)
「観賞用」としてしばらく様子をみることになりました。

三つ尾君を中心に鱗が比較的汚くない仔、6尾を残しました。
体長2センチ強、赤虫も粒餌も食べてますヽ(´ー`)ノ
ブラインもまだ食べてます。

IMGP5310

 

 

正直、らんちゅう飼育に情熱を失ってましたが、
この日、遂に!
ふんたんらしきモノを確認しましたヽ(´ー`)ノ

IMGP5311
拡大画像。アレアレですみません。頬に半透明のコブができてるのが確認できました。

 

 

肉瘤アリの魚種を稚魚から育てたのは初めてなので、
「うぉ~!出てる!出てる!」と喜びましたヽ(´ー`)ノ

 

どちらかというと苦手魚種のらんちゅう。
でも、育ててみると面白いし、
@まつやまなりにその良さが分かってきた部分もあります。
また、その難しさが体感できたのも自分にとってはいい経験。
今まで以上に「良いらんちゅう」と「良いらんちゅうの飼育者」にレスペクトを払えそうです。

こういう経験をカテとして、
@まつやまは本命の琉金飼育を頑張らねばwww

また機会があれば、らんちゅう稚魚飼育はやってみたい・・・かな?どうだろ?
とりあえずズンドコ飼育記はこれにて終了です。
・・・たぶん(笑)

 

 

ブログ村金魚ランキングに参加しています。
▼クリックをお願いします▼

にほんブログ村 観賞魚ブログ 金魚へ
にほんブログ村