「ミラクルバクテの正体に迫る」特別インタビュー第1部

 ミラクルバクテ特別インタビュー序章の続きです。

@まつやまは2013年5月、
ミラクルバクテの製造元、
ラピッドリ・ジャパン社・高田貢社長のお宅にお邪魔して
飼育場などを見せてもらいました。

IMGP4474

 

 

高田社長はベテランらんちゅう愛好家であり、
「らんちゅうサトウ研究所」として
ミラクルバクテを世に出した、
らんちゅう師・故佐藤実さんと
交流が深かった方でもあります。

飼育場に居たのは、
佐藤さんの系統のらんちゅう。
頭が発達し、尾筒のぶっとい、
見事な仔たちがワラワラと元気に泳いでいました。

 

その時にうかがったお話を元に、
3部構成でインタビューをお届けします。
第1部は「ミラクルバクテの正体に迫る」ですヽ(´ー`)ノ

 

200

 

@まつやま:

今日はよろしくお願いします!
さっそくですが、
ミラクルバクテって使ってると効果も体感できますし、
手放せなくなりますが・・・
バクテリアって商品自体、
効果を体感できない人とか頭から否定する人とか居て、
なかなか難しい部分もありませんか?

高田社長:

ミラクルバクテは、おかげさまで発売以来右肩上がりです。
ただ一方でバクテリアという存在自体を、
「悪玉菌」と同一視される方もおられるので、
効果と安全性をちゃんと説明して、
分かってもらうしかないですね。

ミラクルバクテ超濃縮液(液体タイプ)は
独特の匂いがありますが
それに抵抗がある方にも、
きちんと説明する必要があります。

 

@まつやま:

確かに匂いは・・・(笑)
でも、匂いが強い方が効きそうな印象もあるんですが。

高田社長:

匂いが強いというのは、
ミラクルバクテの活性が高い状態ですからね。
愛用していただいてる方からは
匂いがあっても効果があれば良いんだ、と
励ましの言葉をいただくことが多いのですが、
中には匂いが強いと「悪い成分が入ってるんじゃないか」と
心配される人もいますし・・・

一時期、匂いを抑える方向でいろいろ試したのですが、
やはり効果が落ちてしまっては意味が無いので、
現状、このような形になっています。

ただ、安全性には自信があります。
例えば食中毒の原因菌など
既知の病原菌が入ってないことは、
研究機関に検査してもらって証明済みです。

商品化前の話ですが、
安全性が完全に証明されるまでは、
加温処理を試したこともあるんです。
70度、80度、100度と、
それぞれ徐々に加温して調べてみたのですが、
例えば100度まで上げると、有用なバクテリアも含め、
菌は半減してしまうんです。
現在はもちろん、安全なので「生(なま)」で販売しています。
これらのテストや検査には、
かなりお金を使いましたけど、
皆さんの手元に置いていただく商品ですから、
安全性には万全を期しています。

 

@まつやま:

さて、かなり核心的な質問ですが・・・
ミラクルバクテの成分って、何なんでしょう?
興味がある人は多いと思うのですが。

高田社長:

ミラクルバクテは数百種のバクテリアの
集合体だと考えてください。
なので「何菌が入ってるから効く」という
性質のものではなく、
さまざまなバクテリアの働きで、
効果が出ているものなんです。

これまで何度も研究機関で調べてもらってます。
ミラクルバクテには好気性バクテリアと、
嫌気性バクテリアの両方が入ってます。

好気性バクテリアだけで200種類以上
見つかっているんです。

中にはバチルス菌のように
有名なものも含まれていますが、
それだけが大きな役割を果たしているとは思えません。

むしろ、亜硝酸および硝酸塩を分解する、
数十種のバクテリアが大量に含まれていることが
分かっていますので、
それらが複合的な働きをして、
素早い水づくりや水持ちの良さを
実現していると考えています。
実はこの研究は大学に調査を依頼して、
論文にもなっています。

一方、アンモニア分解などに役立つ
嫌気性バクテリアもかなりの種類含まれているようで、
それらの多くは通性嫌気性のようです。
まもなく分析結果が出る予定です。

またミラクルバクテ固形タイプには、
医療で使われる抗生物質の元になる菌が
含まれていることも分かっています。
ミラクルバクテを使っていると、
金魚が病気になりにくいというのは、
それらの働きによるものではないか、と
推測しています。

ガーデニングが趣味の人に、
固形を使ってもらってるのですが、
野菜でも病気になりにくく成長が早いと聞いています。

 

@まつやま:

かなり具体的な解析が進んでいるんですね。
ちなみに先ほど話題になりました、
ミラクルバクテ超濃縮液の匂いって、
正体は分かってるんですか?

高田社長:

液体のミラクルバクテは多少、
ボトルの中で発酵するんです。
あの匂いはそれに伴う少量のメタンです。
人体や水槽の中に影響するようなものではないので、
安心してください(笑)
発酵によって、他には炭酸が少量出ています。

 

@まつやま:

そこまで分かってるんですね∑(`・д・´ノ)ノ
入っている各バクテリアがどういう働きをして、
多様な効果を出しているかについては、
分析し終えるまでまだ少し時間がかかりそうですか?

高田社長:

そうですね。
時間もですがコストも・・・(苦笑)

例えばバクテリアAとバクテリアBが、
こういう働きをして水をキレイにする、とか、
バクテリアCとDが悪臭を抑えこむ、とか、
それぞれの効果と原因バクテリアを
完全に把握するのはかなり大規模な解析が
必要になってしまいます。

ですが、現在では効果を謳うだけでなく、
データを出さないと信用されないと思うんです。

将来的には特許取得も視野に、情報開示も進めつつ、
バクテリアのイメージ向上というか、
役立つ存在だということを多くの人に理解してもらいたい。
そしてより多くの人にミラクルバクテを使っていただきたいです。

 



  

のっけから、かなり深い話をしていただきましたヽ(´ー`)ノ

@まつやまは複数のバクテリアが
混在してるとは思ってましたが、
好気性バクテリアだけで200種以上というのは
のけぞって驚きました∑(`・д・´ノ)ノ

ただ、高田社長は
「種類が多いから良いってものでもなく、
役立つバクテリアが多く居ることが大事だから」と
とてもクールに分析されてたのが印象的でした。

ではでは!
第2部に続きます!
どんみすいっと! 

 インタビューまとめリンク:
ミラクルバクテ特別インタビュー序章
「ミラクルバクテの正体に迫る」特別インタビュー第1部
 「ミラクルバクテは生き物です」特別インタビュー第2部
「ミラクルバクテ誕生秘話」特別インタビュー第3部

 

ブログ村金魚ランキングに参加しています。
▼クリックをお願いします▼

にほんブログ村 観賞魚ブログ 金魚へ
にほんブログ村

ミラクルバクテ特別インタビュー序章

  

最近、まじめにブログを書いてるね!と
会社でも言われてる@まつやま。
昨年のネタの積み残しを一生懸命書いてた流れで
ボチボチやってるだけなんですが・・・

以前ブログで「これで宿題ネタは全部書いた!」と
宿題終了宣言をしました。

が!
実はすっごい大きい積み残しがあったんです(゚Д゚;)
しかもそれ、昨年5月末、
ちょっとした病気で入院する前に
お話を聞いてたという・・・(゚Д゚;)
その後のバタバタで「いつか書くぞ」と思いつつ、
品評会シーズンに突入しちゃって・・・

これはイカン!
せめて新年度になるまでは、
書いておかねば、ということで、
ミラクルバクテ特別インタビュー
お送りします!
 

ミラクルバクインタビュータイトル

 

ミラクルバクテ特別インタビュー序章
「ミラクルバクテの正体に迫る」特別インタビュー第1部
 「ミラクルバクテは生き物です」特別インタビュー第2部
「ミラクルバクテ誕生秘話」特別インタビュー第3部

 

本編に入る前に、少し説明を。

水をつくり、水の状態を保ち、
金魚が元気に大きくなる・・・
大雑把に言えば、ミラクルバクテは
そういうモノだと思います。

@まつやまは発売2ヶ月後の2010年11月に入手し、
「ふーん、バクテリアねぇ~」って感じで
半信半疑(というか、ほぼ期待せず)で
使い始めたのですが、
これを使うと楽だ!ということが分かり、
今では手放せなくなっています(゚Д゚;)

どう楽かと申しますと―

▼水がデキるまでがかなり早い

水槽を立ち上げる時、
1ヵ月以上かかると言われる
「亜硝酸がなくなる状態」
いわゆるゼロダウンまでが
数日で可能になる。

▼汚れの分解速度がスゴイ

ミラクルバクテが万全に効いてる状態では、
10尾以上の金魚を飼ってる水槽でも、
フンなどが水槽から消えるのが早い。

▼水がかなり引っ張れる

過信は禁物なのはもちろん、水量にもよりますが、
水換えの頻度を落とせます。
2週間に1度は確実に必要だったのが、
3週~1ヵ月に1回ぐらいになりました。

▼水換え直後のトラブルが減る

金魚の状態を維持したり、
金魚の病気予防のために
水を換えてるはずが、
換えた直後に調子を落とすケースが
以前はたまにありました。
新水は良いことだけではない、と言うことかと。
ミラクルバクテを使い始めて、
それがなくなりました。
なので新しい仔を導入する時も
以前より神経を使わずに済みます。

 

人が楽になる、ということは、
金魚にとっても楽な環境なのでしょう。
実際、金魚はかなり元気に大きくなると思いますヽ(´ー`)ノ

我が家の金魚を実際に見た方は
それほど多くはないのですが、
「ブログの写真で見るより、大きいね!」と
言っていただいたこともあります。

生後約半年の自家産琉金。ミラクルバクテを使って60センチ水槽で飼育。

 

実はずっとミラクルバクテを
使ってない水槽もあります。
和金水槽には入れてません。
あまり巨大になってほしくないからです(笑)

 

ミラクルバクテが無くても金魚は飼えます。
逆に使ってても水換えは必要ですし、
観察は必要です。
限界を超えて放置すれば、
病気にしてしまうこともあります。

しかし。
餌をバンバンやって、
金魚を大きくするぜ~って飼い方をしつつ、
ウイークデーは1日1回10分程度の観察で、
数十尾(小さい仔を入れると100尾を超える事もw)の金魚を
ド素人がそこそこ維持できてる・・・
そうお考えいただくと、
ミラクルバクテがいかにスゴイかは、
お分かりいただけるのではないかと。

 

金魚飼育を「秘術」のように考えしまう部分って、
ままあると思うんです。
豊かな経験と細かな観察、
飽くことのない探究心、そして独自に構築した理論。
そこには不断の努力と忍耐が必要・・・(゚Д゚;)
そういう方法も私はスゴイと思いますし、
まったく否定するものではありません。

けど、私にはムリ(笑)

ミラクルバクテを使うことは、
確かにコストが伴いますが、
その程度のコストで、
楽に楽しく、イイトコどりで
金魚が飼えれば、それに越したことはない、と(笑)

@まつやまにとってミラクルバクテは、
複雑な2階非線型偏微分方程式みたいな
金魚飼育を「1+1=2」のように
単純化してくれるアイテム、なのデスヽ(´ー`)ノ

 

一方、ミラクルバクテとは
一体なんだろう?
なぜこんなにスゴイんだろう?
という疑問を@まつやまはずっと抱いていまして。

2010年には、
ミラクルバクテを世に出した、
らんちゅう師・故佐藤実さんに、
電話で話を伺ったこともあります。

以下、参照:
ミラクルバクテ!金魚素人が訊く!その壱
ミラクルバクテ!金魚素人が訊く!その弐
ミラクルバクテ!金魚素人が訊く!その参

Sさんという表記にしていますが、
答えていただいているのは佐藤実さんご本人です。

 

そしてさらにその正体に迫るべく、
2013年5月に静岡県富士市を訪れ、
現在ミラクルバクテを製造販売している、
ラピッドリ・ジャパンの社長にお話をうかがってみました。

次回からその時の模様を掲載します。
お楽しみに~ヽ(´ー`)ノ

 

ブログ村金魚ランキングに参加しています。
▼クリックをお願いします▼

にほんブログ村 観賞魚ブログ 金魚へ
にほんブログ村