魚華園さん再訪!縁日空間&良い金魚!

こんばんわ~(≧∇≦)/
今日は昨年訪問した金魚店さんのレポートを(汗)

お店の方に写真掲載許可などをいただく場合、最近は必ず
「サボリ気味のブログなので、掲載時期は未定ってことで」
と申し添えるようにしてますが・・・
限界を超えてサボってる我が身を実感しますねぇ( ; ゚Д゚)


 

昨年11月初旬、行ってきました大阪・岸和田市の魚華園さん

以前にもお邪魔したことがありました。
「和」のレトロと良魚を楽しむ!魚華園さんに行ったよv( ̄Д ̄)v 
(振り返ってみるとこの時も2014年秋に行って、書いたのは翌春。魚華園さん、ホントにすみません)

魚華園さんは建物から内部まで和テイストで統一されてる金魚屋さん。
岸和田の住宅の並ぶ一角にあります。
金魚は「和」を代表するモチーフですが、専門店でここまで徹底している例は、私は他に知りません。DSCN4504

 

 

2年ぶりにお邪魔してみてまず感じたのは、魚が増えてる!ってことでした。
ただでさえ広いお店なのに、器や飼育スペースが着実に増えてます(笑)
裏口の周辺には以前はここまで舟がなかったハズ。
DSCN4501

 

 

入り口付近には駄菓子やオモチャが並び、レトロな雰囲気。
相変わらず縁日ムードですねぇ。
ご主人曰く、地域のイベントなどにも積極的に協力、出店されているとのこと。

DSCN4520

 

 

この日は「モロコすくい」もありました。
初めて見た(笑)
食用にもなる淡水魚モロコ(ホンモロコ)については私もよく知りません。各自調査DSCN4493

 

 

お店に広がるタタキの列。
この中には金魚がいっぱい。
(いつもの言い訳ですが、この日は撮影機材に不慣れだったのと曇天だったので写真は失敗ばかりでした。なので金魚の写真は少ないデス)
特に、店主さんがチカラを入れてるらんちゅうが増えてました。DSCN4498

 

 

一角には釣り堀があり、近所の子どもたちがひっきりなし。
「顔は出ないようにするから写真OK?」
「うん、別にええよ!」
地元に愛されてるのが伝わってきます。

DSCN4489

 

 

さて。
2年越しの再訪で、魚華園さんの何が一番変わったかと言えば。
店主さんがご結婚されてて驚いた∑(`・д・´ノ)ノ
今では奥様と二人三脚でお店を切り盛りされてるそうです。
・・・という話は別格の変化としても(笑)
お店の中に「きんぎょ焼き」なる屋台ができてたこと。
縁日的にもほどがある(笑)
DSCN4495

 

 

ご主人が焼いてくれたのですが、これがまた世辞抜きに美味い
私はカスタード味をいただきました。
お値段も安くて、あくまで来店してくれたお客さんへのサービスとして始められたそうですが、余技というにはあまりに完成度が高いので、金魚好きの方はぜひ試してみてください。IMGP0122

 

 

金魚の写真については・・・あまり掲載できるレベルの写真がなかったのでザックリと。
(当然、現在は店頭に居ない仔ばかりだと思います。お店への問い合わせなどはお控えください)

この仔は日本オランダだったと思います。
ジャンオラだったらすみません(笑)
多くの水槽の中にいろんな仔が居たので記憶も記録もあやふやで。
ただ、魚華園の店主さんはらんちゅうだけでなく、オランダや東錦もかなりお好きなようで、肉瘤系の金魚が多いって印象は今回も変わらず。IMGP0204

 

 

江戸錦。
かなり丸々としてましたよ(≧∇≦)/
撮影してると寄ってきて餌クレとアピール。IMGP0182

 

 

タタキに居たらんちゅうたち。
いろんな池に、大きさもグレードも多様ならんちゅうがいました。
水換えだけで大変デスねぇ( ; ゚Д゚)
店主さん自ら、らんちゅうの愛好会で活動されてて、お好きだからこそやれるんだろうな、と思いました。IMGP0099

 

 

こちらは手書きのらんちゅうイラスト。
下敷きだったかな。「生きろ」という言葉に共感を覚えましたwIMGP0254

 

 

前回は居なかった琉金たちも居ましたよ~(≧∇≦)/
それほどサイズは大きくなかったですが、やはり琉金はカワイイっす。IMGP0147

 

 

もちろん和金系も。
隼人錦&モミジ和金だったと思います。
お店でもちゃんと飼われてるのでしょう。体型もシッカリしてました。
このほか、東錦とか朱文金&コメットとかいろいろ居ました。IMGP0230

 

 

和室の中に飼育用品がディスプレイされてるのは、なんかかっこいいッス。
懐古堂スポンジフィルターのコーナー。DSCN4505

 

 

かなりデッカイ水槽の前に金魚関係書籍。
本がちゃんとあるお店って専門店!って気がしますよね。 DSCN4511

 

 

生体や飼育用品だけじゃなく、グッズ(オリジナル含む)も相変わらず充実してて、
金魚好きの心をくすぐられます。

DSCN4516


金魚屋さんに出かける時、家族を連れて行くのを躊躇うことも時にはあります。
熱中しちゃって放ったらかしにしたら、家族サービス的に逆効果ですし、こちらとしても金魚に集中できないのはヤですし。

でも、魚華園さんはそんな心配無用ですね。
和テイストのお店を見て回るだけでワクワクしますし、縁日的な演出は家族で楽しめます。
そんな居心地の良い空間を店主さんと奥様の優しい人柄がつくってる、って感じました。
なにより、そんな空間で金魚をジックリ見て選ぶのは、とても贅沢(≧∇≦)/

また遊びに行きます。

ということでレポートは以上です。


 

@まつやまの所属する媛らん会の二歳会が9日、愛媛県東温市のレスパスシティで開かれます。詳細は媛らん会サイトにて。

 

ブログ村金魚ランキングに参加しています。
▼クリックをお願いします▼

にほんブログ村 観賞魚ブログ 金魚へ
にほんブログ村

いつも楽しい真木養魚場さんに行ったです!

寒いデス!((((;゚Д゚))))
突然寒さがやってきましたね~

ベランダの金魚も動きが落ちてる・・・
と思ったらそうでもなかったりするのは何故?(笑)
らんちゅうもス~っと寄って来て餌をねだったりします。
飼い主に似てとにかく食うことばっかり考えてるのかなぁ( ; ゚Д゚)

 

先日、愛媛県今治市の真木養魚場さんに行ってきました。
ちょくちょく顔を出してるつもりなのですが、
カメラを持ってってなかったり、別の用事があって餌だけ買ったりして、
レポート的なものはちょっとご無沙汰しておりましたm(__)m DSCN2837

 

 

私が金魚に興味を持った2009年ごろって、
松山市・・・というより愛媛県内は金魚にとって「冬の時代」だったと思います。
専門店は少なく、扱ってるのは一部ペットショップやホームセンターのみ。
今ではホムセンのインショップも専門店が入ってますし、
観賞魚コーナーが充実しているペット店も増えました。

しかし!ず~っと地元で頑張ってる専門店はやはり品揃えが違います。
真木養魚場さんは、私が行き始めた時から考えても、
魚種が豊富になってますから、いろんな金魚が見られて楽しい!

DSCN2845

 

 

@まつやまの関東でのホーム店、懐古堂さんの取扱商品も
ラインナップが揃ってますから、便利というかありがたい(≧∇≦)/
着実に進化している老舗、それが真木養魚場さんだと思います。DSCN2840

 

 

では金魚をご紹介。

おお、お、お、お、おお、お!
U Can’t Touch This!
(↑分からない人はMCハマーで各自調査w)
浜錦です(≧∇≦)/
フタコブの肉瘤がカワイイっすね~
IMGP3590

 

 

黒目がチャーミングな彩錦です。
真木養魚場さんは私が行った時は必ず川原金魚がいますね~
(地方のお店としては凄いことだと思います)IMGP3599

 

 

ちなみに@まつやまはミシロさんの餌、
「彩 錦鯉シリーズ」を「彩錦 鯉」と読んでた時期があります。
普通に考えたら彩錦と鯉だけの専門餌なんてあるはずないですよね。

 

蝶尾です~!
私もいただきものの蝶尾を飼ってた時期がありましたが、
人懐っこくて良い金魚デスよね~
でも、右の仔は目がデカくてちょっと怖いかも( ; ゚Д゚)IMGP3607

 

 

地金です。真木養魚場さんは地金系も充実してますね~
この仔たちはサイズは小さかったデスが、キレイでした。
とってもシャープな印象。
ほかにも地金で有名なYさん作出の仔たちを入れた水槽もありました(撮影は失敗)。IMGP3610-001

 

 

地金とらんちゅうの掛け合わせで作出されたという三州錦。
ずんぐりしててカワイイですが、なんだかすごく偉そうなwww
ずっとこちらを見ていたので正面の写真しかありません。
IMGP3798

 

 

東海錦(≧∇≦)/
地金のシャープさと優雅な尾が特徴ですが、
ふだん私が見ているらんちゅうに比べると
泳ぎが驚くほど速いのでビックリしました(笑)IMGP3680

 

 

朱文金は真木養魚場さんが自家生産されてて、
面白い柄の仔がひょっこり水槽に入れられてたりすることも多いので
要注意な魚種です(  ̄ー ̄)
この仔は銀鱗が側面にビッシリ。IMGP3756

 

 

福だるまはカワイイですね~
つぶらな黒目がなんとも言えないデス~IMGP3615

 

 

キャリコ・・・だと思うのですが( ; ゚Д゚)
お腹が丸々としててキュートだけど色合いは渋いッス。
IMGP3632

 

 

スタンダードな琉金(≧∇≦)/
体型の良い仔が多かったですよ~!
お値段も手頃でしたし。IMGP3735

 

 

今日のあなたのラッキーカラーは・・・
ずばり浅葱色!
いや、それは運勢これは雲青
@まつやま、初めて知ったのですが「萩雲青」の名前で流通してる魚種のようですね。
ネットで検索すると、浜松の有名な方が作出された・・・ように思えるのですが、
よく分かりませんでした。
特徴としては天青(大和郡山の大野らんちゅう養魚場が作出した、東錦体型で浅葱色の美しい金魚)と似てると思いました。
長いボディにモコモコの顔、そして濃い青、お見事です(≧∇≦)/

IMGP3643

 

 

こちらは東錦!
大きなボディに帽子のような肉瘤、そして黒目。
カワイイんですが、迫力がゴイゴイス~!ヽ(ヽ゚ロ゚)

IMGP3714

 

 

鹿の子柄の日本オランダも居ましたよ。
長めのボディにゴージャスな尾、良いですね~ヽ(´ー`)ノIMGP3698

 

 

こちらは丸手のオランダです。
が、この仔たちもデッカイ!
泳ぐ姿を擬音化すると、ヒラヒラとかスイスイとかでなく、
ぬぉぉおおお!って感じ(笑)
でも色がすごく揚がってて見応え充分です。
小さいサイズのオランダもほかの水槽に居ました。IMGP3707

 

 

らんちゅう。
・・・毎日見てると、お腹いっぱいになりますが(笑)
やはり居ると気になります。
確認するのを忘れましたが、おそらく二歳。
フンタンが発達してて背なりもキレイでした。
真木養魚場さんにはほぼ常時、中部地方の有名らんちゅう師の魚が居ます。
親父さんが(たぶん)一番好きな魚種ですから力も入ってます。

IMGP3765

 

 

ユニークな色合いの江戸錦。「変わり江戸」って表記されてました。
マーブル的というか、茶色にも見えるし・・・
お好きな人には堪らない仔でしょう(・∀・)IMGP3668

 

 

最後はピンポ~ン( ゚Д゚)σ
コロコロ、丸々としててカワイイっす。
でも、全員正面を向いてマジ顔で餌を要求してる・・・ように見えます(笑)IMGP3675

 

 

 

お店の天井には自作の提灯が吊るされてました。
「それは私が描いたのよ」と奥さまが照れくさそうにおっしゃってました。IMGP3805

 

 

それを手本に描いたというお孫さんのちょうちん。
味がありますね~ヽ(´ー`)ノIMGP3808

 

 

親父さんが生産もされてて、
アグレッシブにいろんな魚種を仕入れられてて、
金魚も用品もバラエティに富んだ老舗。
それが真木養魚場さんです(^^)
約40キロ離れた松山市に住んでいる愛好家が多く通う、というのもうなずけます。

また遊びに行きま~す!

 

ブログ村金魚ランキングに参加しています。
▼クリックをお願いします▼

にほんブログ村 観賞魚ブログ 金魚へ
にほんブログ村