スポフラワーDX

不定期に「初心者の主張」を綴ります(゚Д゚;)
━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

 
小さいキューブのスポンジを、水作エイトに入れ、
スポンジフィルターの長所と、
投げ込みフィルターの気楽さを両立しようという、
簡単改造「スポ作」のことを以前、書きました。
過去記事:「スポ作という選択肢」


 
この時は水作エイトMだと思い込んでましたが、
多分Sを使ってました(゚Д゚;)

 
私はそれを屋外のジャンボタライ(100リットル)で、
中国製スポンジフィルターと併用してたのですが、
水作Sを室内の水槽で使いたくなったため、
手持ちの「使ってない投げ込みフィルター」を
利用することにしました。

 
見つかったのが水作ニューフラワーDXヽ(´ー`)ノ

 
別に水作シリーズに拘ったわけではないのですが、
前に室内水槽で使ってて、メンテ性がイマイチなので、
スポンジフィルターに交換した後、
退役させていたものです。

 
水作Sに比べれば、巨大なニューフラワーDX。
懐古堂さん謹製の「スポ作用スポンジキューブ」(正式名ではありません)を
もともと、交換濾材が入ってたところに詰め込みました。
砂利が入ってた場所には、
先輩からのアドバイスもあり、
ゼオライトの細かめのやつを詰めてみました。

 
「スポ作」ならぬ「スポフラワーDX」とでも言うんですかね~

 
で、3ヶ月ほど使ってみたんですが…(゚Д゚;)


 

Click

にほんブログ村 観賞魚ブログ 金魚へ
にほんブログ村



 
結論から言うと、汚れはよく取ってくれますし、
濾過能力も高いと思います。
生物濾過も働いてる気がします。
1週間程度でご覧の通りです。
金魚ビギナーですが、何か?-コケだらけなニューフラワー


 
ただ…ですね。
ニューフラワーDXを、私が使わなくなった理由、
「メンテ性が悪い」ってのは、
何一つ解決できてなくて(´;ω;`)
…分かりきったことなんですけどね(笑)

 
タライもニューフラワーもきちんと洗って、
1週間使ったら、中はこんなことにwww
(食事中の方とか見ないでね~)
金魚ビギナーですが、何か?-中も汚れでドロドロww


 
ゼオライト部分もけっこうドロドロ。

 
金魚ビギナーですが、何か?-中も汚れでドロドロ


 
汚れをかなり吸ってくれる分だけ、
1週間ほどで中を掃除しなきゃならないわけですが、
プラスチック部分は割れるし、
キューブスポンジやゼオライトを詰める作業が、
面倒だったり…

 
これならまだ、普通にニューフラワーDXとして使うほうが楽かも(゚Д゚;)
濾過能力は高いけど、
こんだけ使い勝手が悪いと…って感じです。

 
というわけで、現在は諦めて水作Mにキューブスポンジを入れて、
「正調・スポ作」で使ってますヽ(´ー`)ノ
遥かにこちらのほうがメンテは楽だし、
汚れを吸い込む能力も、それほど差がある気がしないです。
たぶん、今度こそニューフラワーDXは退役だと思います…。

 
でも、試してみて損はなかったです。
いわゆる濾過能力だけでなく、
気長に楽しく金魚を飼うためには、
道具の使い勝手は大事だな、と思う今日このごろです。

スポ作という選択肢

不定期に「初心者の主張」を綴ります(゚Д゚;)
━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

 
メーンで金魚飼育している90センチ水槽などで、
上部フィルターと併用して
スポンジフィルターを使い始めて数ヶ月。

 
なかなかの威力に感心しています。

 
金魚を飼い始めた半年ちょっと前。
金魚飼育について書かれたサイトでは、
スポンジフィルターは脇役的というか、
補助的役割として軽く触れられる程度で、
稚魚飼育において活躍する以外は、
初心者の選択肢には入らない感じでした。

 
その後。
スポンジフィルターを
金魚飼育でも使うのが流行し始めたようで、
(発信源は、よこいちさん?間違ってたらご指摘を)
ブログなどで言及されることが増え、
若干、憧れてたりしました。

 
私は、丸文横浜店を訪れた時、
同行した先輩のススメで、
同店のスポンジフィルターを購入。
大きいサイズの「粗目」を使ってます。
それまで使っていたニューフ●ワーDXに比べて
メンテナンスが楽なので重宝しております。
生物濾過が強力とされているだけあって、
使い始めは、なんてことないのですが、
徐々に力を発揮する感じですね。

$金魚ビギナーですが、何か?


 
水槽増設に伴ない、GWに訪れた愛知県飛島村の
弥富本店(=丸文観賞魚園)で追加購入しました。
その際、店主さんが、
いかに優れたスポンジフィルターであるかを
力説されていましたが、納得の使い心地。

 
スポンジフィルターの欠点は、
目詰まりですよね(゚Д゚;)
ゴミが集まって、スポンジの表面にベッタリ着いてしまうと、
水がスポンジの中にまで入り込まなくなる。
そうなると、比較的場所をとるスポンジフィルターは、
水槽の中で「邪魔っけなオブジェ」になってしまう(笑)
丸文さんで売ってるスポンジフィルターは、
ほぼ同時期に使い始めた中国産と比べて、
目詰まりしにくく、イイ感じですヽ(´ー`)ノ


 
さて。
スポンジといえば、
最近、私の金魚仲間や先輩の間で、
流行の兆しを見せているのが
「スポ作」
なるフィルター利用法です。

 
私も使い始めて、ちょうど1ヵ月。
感想などをメモっておきます。

 
スポ作とは、キューブ状のスポンジを、
使わなくなった水作にブチ込むだけの、
簡単改造法…というか「リサイクル利用法」。
スポンジキューブIN水作の略でスポ作
ロングセラー製品である、
水作エイトは、それだけも優秀なフィルターで、
私のような初心者でも
利用経験がある投げ込み式フィルターの逸品。

 
ある程度の期間、金魚を飼った方なら、
水槽セットについてたりするので、
お持ちの方は多いのでは?

 
スポ作。はそれを有効活用し、いまやスタンダードになりつつある、
スポンジフィルターの長所と、
投げ込み式の良さを、
イイトコどりしようということのようです。

 
使い方は超簡単。
私は水作エイトMを使ってますが、
こんな感じです。
キューブ状のスポンジを用意する。
(※これが何でも良いというわけではないそうです。後述)
お手持ちの水作フィルターも。
$金魚ビギナーですが、何か?


 
標準濾材は使わず、
下の大磯砂を使ってる部分とカバーだけ使うのでok。
カバーにどんどんスポンジキューブを詰め込みます。
(写真はカートリッジを流用してますが、その必要もないそうです)

 
けっこうな量が入ります。
スポンジなので押しこめばいくらでも入りそうです≧∇≦
$金魚ビギナーですが、何か?


 
カパッと水作の底部とカバーを合体させれば完成w
エアチューブを差して、水槽に設置します。
$金魚ビギナーですが、何か?


 
このスポ作、何が良いか?
フツーの水作ではあまり期待できない、
生物濾過が効く可能性が高い。
なんせ、スポンジが山のように入ってますからヽ(´ー`)ノ
細かいキューブ状のスポンジなので、
「水とスポンジが接触する表面積」は、
とても大きい。
・・・いわば腸みたいなもんですね。

 
人間の腸のヒダを伸ばすと
400平方メートルとかいうのと一緒で、
小さい無数のスポンジの表面積の総和は、
水作本体の表面積よりも遥かに広い。

 
なので、バクテリアが棲む領域も広いって
仮説が成り立ちますよね。
私の実感としても、威力を発揮するまでの時間が早かった。
1週間ほどで効き目を感じましたからヽ(´ー`)ノ

 
また、一般的なスポンフィルターの
数少ない弱点である
「体積が大きく、水槽内で邪魔になる」っていう点を
クリアしてくれている、と感じてます。
スポンジを詰め込んでますからね。

 
さらに。
メンテもらくちん。
1週間ほど使ったスポ作
中に汚れが溜まってるのが分かります。
$金魚ビギナーですが、何か?


 
私の場合、洗面器に飼育水をすくい、
中のスポンジキューブをドバーっと展開。
ジャブジャブともみ洗いすれば、
大抵の汚れはとれると感じてます。
$金魚ビギナーですが、何か?


 
多少、スポンジキューブに汚れがこびりついてますが、
指でクチュクチュっとやれば、取れますし。

 
で、このスポ作
私が使って、特に良いと感じたのは、
濾過能力の高さもさることながら、
「目詰まりを気にしなくて良い」「汚れが見える」という点。

 
もちろん、メンテは定期的にやる必要がありますが、
1日ぐらい遅れたところで、
神経質になる必要はなさそう。
水作本来の働きで、フン濃し程度の働きは、
中のスポンジが相当汚れても続行してくれます。
汚れを吸う、物理濾過としての能力は少々では死にません。
この点、不精な私に向いてる。

 
また、スポンジフィルターでは、
「掃除するタイミング」を判断するのに、
手触りや表面の微細な汚れで判断するのが一般的かと思います。
汚れを吸ってるか吸ってないかは、
見てすぐ判断できる初心者は少ないかもしれません。
(なので私の場合は1週間に1度程度、定期的にメンテしてます)

 
その点、スポ作は一目瞭然。
水作の透明なカバーのお陰で、
中に汚れがどれだけ溜まってるか
チェックが簡単にできますヽ(´ー`)ノ


 

Click

ヽ(´ー`)ノ

にほんブログ村 観賞魚ブログ 金魚へ
にほんブログ村



 
強力な生物濾過を持つスポンジフィルターと、
簡単気軽な投げ込み式の
長所を融合した感じで、今のところは文句なしの使い心地です。
もうちょっと長期で使ってみたり、
水作エイトM以外でも試してみたいです。


 
さて。
このスポンジキューブ。
なんでも良いわけではないそうです。
スポ作。を教えてくれた先輩によると、
硬さ、目の粗さ、大きさ…
すべてが計算されたキューブなんだそうで(゚Д゚;)
今のところ、神奈川県葉山市の金魚専門店「懐古堂」さんでしか
扱ってない、とのこと。

 
スポ作を気に入った私は、
先日、追加注文してみましたので、
また機会があれば使用感などをレポートします。

 
今、使ってない水作をお持ちの方は、
試してみてはいかがでしょうかヽ(´ー`)ノ