さすがの懐古堂さん!移転後初レポ~関東レポ2

 移転後初!懐古堂さんに行ったんだぜ~関東レポ1 の続きです。

7月に移転された金魚屋 懐古堂さんに行った時の模様。
今回は金魚をどんどん紹介しますよ~(  ̄ー ̄)

目が釘付けになったのは、福だるまの水槽。
大きい仔と小さい仔が居ましたが、
これ、かなり良いカタチ!
黒目の短尾、という人気のタイプが多かったデス!

IMGP7653

 

 

私みたいな素人が書くべきことではないのですが、
福だるまとか玉サバというのは、
以前は「居るだけ」でもお~!ってなってましたが、
最近ではたまにホームセンターでも見かけたりするほど
ポピュラーになりましたから、
専門店として腕の見せどころ・・・という気も。

福だるまって、丈夫で飼いやすく、
カワイイし懐くし、@まつやまも大好きな魚種ですが、
(今は飼ってません)
メジャーになったのが最近なので
珍魚種扱いされることもある一方、
愛好家さんは細かいところまでチェックされます。

良い仔・・・どういう仔を良いと考えているのか、というのは
お店の個性でもあり、審美眼でもあり、
それがいくらで売られてるのか、ということに
お店の姿勢が表れるのではないか、と(^_^)

その点、懐古堂さんでは特に
小さい仔たちは粒ぞろいだったのに
全部連れて帰りたくなるぐらいの価格設定でしたよ(  ̄ー ̄)

 

よ!また会ったな!

IMGP7824

 

 

続いてはピンポンパール!
ピンポンは大きい仔たちと、
チビたちが別水槽でした。
どちらも丸々してましたよ~(  ̄ー ̄)

上の写真のように大きくて丸いのは、
擬音でいうとゴッロゴロ!って感じ。
下の写真のチビたちはコロコロッって雰囲気で
可愛かったです~

IMGP7518

 

 

懐古堂さんのピンポンはいつ見ても良い仔が多く、
寒くなってもヒーター要らず、だそうです。
(そもそも、ヒーターをお店で使ってるのは見たことがない)
こんなに丸々した体型でもブリブリ泳るというのは、
よほど元気に育てられた仔たちが、
よほど元気に店頭でも飼われてる、ということなのでしょう。

 

懐古堂さんは@まつやまが写真を撮影してても、
「あれはダメ」とか「これは撮らないで」とか言わず、
自由にさせてくれます。
ありがたいことです。

ただ実は穂竜は例外でして・・・
「この仔らは載せないでくれよ」と仰ることがたまにあります。
色やカタチが懐古堂さんの思う穂竜に及んでない、ということなのでしょう。
今回も渋っておられましたが、
お店で売っている穂竜でこういう色の仔って
あまり居ないと思うので敢えて掲載します(`・ω・´)ゞ

IMGP7602

 

穂竜が目指すところの稲穂の金色が表現されてますし、
ブサカワ感もちゃんと出てて・・・ヽ(´ー`)ノ

 

 

近年人気の桜東(サクラアズマ)。
オランダ体型で紅白体色の透明鱗・・・
特に黒目はカワイイですね~(^_^)
良いサイズの仔たちが大きい水槽でのびのび泳いでました。

IMGP7673

 

 

アルビノ出目。
う~ん、出目が本来得意でない@まつやま、
しかも目が赤いので・・・ちょっと怖い気もします( ; ゚Д゚)
IMGP7616

 

オランダ獅子頭!
なーんか怒ってるような写真になっちゃいましたが、
この仔は中寸体型だったと思います。
赤が揚がっててビューテホー!ヽ(´ー`)ノ
長手の日本オランダは別の舟に居ました。
IMGP7536

 

 

朱文金とコメットの水槽。
餌ほしさに集まってきて状態の良さがよく分かります。
今、我が家にはずっと飼ってた朱文金もコメットもいなくなった
(出しちゃった)ので、見ると欲しくなりますねぇ。
でも、スペースマネージメントの面(狭い、というのをかっこ良く表現してみた)からも、
当面和金体型の仔は飼えそうにないので、ぐっと我慢( >Д<;)

IMGP7472

 

 

 

別水槽のブリストル朱文金。
浅葱がキレイですし、ゴージャスですね~ヽ(´ー`)ノIMGP8032

 

 

@まつやまはおそらくご縁がないだろう魚種の筆頭、
水泡眼の皆さん(笑)
ただ、この仔たちはこの写真では分かりにくいかもですが、
背中のラインがキレイだったのが印象的でした。

IMGP7468

 

 

 

店舗が移転しても、金魚のクオリティはまったく変わらず、
ベーシックな魚種の国産良魚をお求めやすい価格で、という
基本コンセプトはそのまま。
一方、写真を見ていただければ分かると思うのですが
(撮影しやすかったデスもん)
店頭での金魚の見やすさは以前より確実にアップしてました。

そんな懐古堂さんですから、
@まつやまがお邪魔したこの日も
多くのお客さんが来られてました。

懐古堂の大ファンという常連の若いご夫婦は、
顔出しOKとのことなので、そのまま載っけちゃいますヽ(´ー`)ノ
DSCN0486

 

 

 

 

お分かりになりますでしょうか?
Tシャツが懐古堂グッズなんですよ、これwwww
懐古堂さんは時々、ノベルティやグッズを作られるのですが、
@まつやまは、Tシャツ持ってないなぁ( ; ゚Д゚)

奥さまが手に持たれてるのは犬用オヤツw

 

このご夫婦、懐古堂の番犬ジョン君と大の仲良しwww
ジョン君も覚えているようで、お二人の顔を見ると、
「オヤツくれ!」「相手してくれ!」といつもより賑やかにw

DSCN0494

 

 

「散歩に行ってきます!」
ジョン君のダッシュに合わせ、坂を爆走するご夫婦。
わ、若い・・・( ; ゚Д゚)

DSCN0495


最後までジョン君に合わせて走り続けたそうで、
ヘトヘトになられてました(笑)
それでも金魚談義も満喫され、
最後はサイドカー付きの大型バイクでさっそうと退場されてました∑(`・д・´ノ)ノ

IMGP8110

 

 

 実はこのご夫婦、11月9日に愛媛県であった、
「媛らん会」の品評会にわざわざ関東から見学に来てくださいましたヽ(´ー`)ノ
どんだけ金魚好きやねんっ!って感じですよね~ 

 

金魚好きがどんどん集まる、という意味でも
懐古堂さんは変わってなかった、と思ったのでした。

続きますよー(・ω・)ノ

 

ブログ村金魚ランキングに参加しています。
▼クリックをお願いします▼

にほんブログ村 観賞魚ブログ 金魚へ
にほんブログ村

品評会シーズン最後の週末、らんとさ園さんに行った~

松山市は今日昼間暖かかったのですが、
夕方から寒い寒い(((((((( ;゚Д゚))))))))

金魚が参る前に体調崩しそうな@まつやまです。

 

さてさて、話は遡りまして、
2013年11月16日、
日本オランダ獅子頭愛好会品評会の前日。
@まつやま、「もう、金魚の品評会シーズンも終わりだなぁ」と
少々寂しさを感じてました。

寂しさを紛らわせよう・・・ってわけでもないのですが、
以前からちょこちょこお邪魔している、
愛媛県松前町のらんとさ園さんに行ってきました。
(過去の記事はこちららんとさ園

 

ご自宅の庭で飼育場を全面展開 してるらんとさ園さん。
@まつやまが住んでいる松山市のお隣なので、
年に数回、寄らせてもらったり、
遠方から来る金魚仲間をお連れしたりしてます(∩´∀`)∩
IMGP5810

 

庭に、そしてハウスにと所狭しと並べられた丸鉢には、
当歳の土佐錦魚たちが泳いでました。

この日は気温低めだったのですが、
どの仔もみんな元気!IMGP5813

 

らんとさ園さんは2013年10月20日、
高知で開かれた土佐錦魚保存協会の品評会、
親魚の部門で優勝されています。
(参照:優雅!迫力!土佐錦魚保存協会品評会レポ3)

「遅くなりましたがオメデトウゴザイマス!」と挨拶すると、
「いやいや~!アハハハ(´∀`)」と照れておられました。

そのチャンピオンも元気に泳いでました。
見てるこちらがそういう気分だからかもですが、
「王者の姿をちゃんと撮れよよ~!」と
言ってるように見えましたwwwIMGP5826

 

 以前もご紹介しましたが、
「らん」=らんちゅう、「とさ」=土佐錦魚から命名して
「らんとさ園」なのですが、
最近、なぜか良質のピンポンパールが常時居ましてwww

それを伝えると、らんとさ園さんはいつも、
「う~ん、そこを褒められても」と困った顔になります。

でも、やはり当歳の可愛いピンポンがわらわらといました!IMGP5865

 

ピンポンの親魚たちも元気に泳いでました。
水温高くないし、ヒーターもないのに・・・(;・∀・)
(ハウスの中ではありますけどねw)
やはり国産は寒さにも強いんですね~
写真は少し暗めですが、赤がキレイで体型丸っ!IMGP5875

 

お伺いしたのが夕方ちょっと前だったのですが、
陽が翳り、寒くなってきました。
ハウスの外観と、タタキ池の様子です。  IMGP5834

 

タタキにはらんちゅうがいっぱい居ました(;・∀・)
頭が立派な仔もいましたよ~!IMGP5851 

 

お庭の丸鉢にいたトラハゲ君(当歳)。
尾もいい感じですし、模様がセクシィwIMGP5844

 

同じく庭に居た二歳魚。
餌くれって気分ではなかったのでしょう。
私の顔を見て、立派な尾を翻して逃げていく様子wIMGP5840

 

 相変わらず何も買わずに金魚を見て撮影するだけの
@まつやまを、笑顔で送り出してくれたらんとさ園さんに感謝。

 この日は早めに就寝し、翌日の日本オランダ遠征に備えたのでした!

 

【励みになります!クリックお願いします】
にほんブログ村 観賞魚ブログ 金魚へ
にほんブログ村