何も敷かない、という選択肢

不定期に「初心者の主張」を綴ります(゚Д゚;)
━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

  金魚飼育の本を読むとほぼ例外なく、
水槽の底には砂利を敷くと書いてある。
先に砂利を軽く洗って、 水槽に敷き、レイアウトを整えてから注水…
  図式で丁寧に解説してある。

  砂利を敷くと何が良いのか?
①見栄え
②バクテリアが棲む
③底面濾過ではろ材になる
④底がピカピカだと金魚の色が白くなる
  ・・・ぐらいでしょうか。

  金魚を元気に飼う、という目的が全てであれば、①は無視できる。
③の底面濾過は、ろ過能力の高さと コストパフォーマンスで無視出来ない飼育方法。
④の底面の色については、工夫次第でどうとでも解消できる。 底が白っぽくなければそれでいい。

  問題は②のバクテリアの住処になるってところ。 バクテリアが棲むってことは良いことです。 水を綺麗にするバクテリアだけなら(笑)

 先輩の受け売りでもありますが、 バクテリアには良いのも悪いのもいるわけでして。
良いバクテリアだけを選別して住まわせることが できない以上、金魚によくないバクテリアや菌だって棲む。

  phの調整に役立つというメリットもありますが、 これは苔でも生えればカバーできます。

 逆に砂利を敷くデメリットは?

①メンテが面倒
②リセット時の手間が大変
③金魚が砂利を誤飲するリスクがある
④汚れが貯まり、病気の温床になる可能性がある
 

 つまり…あくまで経験の浅い初心者の意見ですが…
 底面濾過をやらない限り、砂利は敷かなくていい! って結論になります。

  安価でパワフルな底面濾過…
 私も現在、一つの水槽で運用してます。
というか、私が初めて「この水槽の水はできた」と 断言できるようになったのは、底面濾過を導入してからでした。
  今ではようやく、底面濾過なしの水槽でも、 ちゃんと水ができるようになりましたが…

  底面濾過は砂利を使いますから、 そのデメリットはそのまま甘受せねばなりません。
  なので、飼育者各人が、ろ過能力の高さとメンテの悪さなどを 天秤にかけて判断するしかないわけです。

  水を汚す魚の代表格である金魚を、 底面濾過で飼うということには、 諸先輩方の意見でも賛否が分かれるところのようです。

  にほんブログ村 観賞魚ブログ 金魚へ
にほんブログ村  

 初心者が最初に水槽を買った時、砂利も何も敷かない 「ベアタンク」だと、何か物足りなく、殺風景な気もします。 一方で、砂利は必須じゃないし、むしろデメリットも多いかも、 ということは初心者には分かりにくいし、伝わりにくい。

  残念ながら、底面濾過の導入のメリット・デメリットも含め、 判断する材料を示してもらう機会は絶無に近いわけです。
  漠然と砂利を導入してしまう我々初心者へ向けて、 もっと最初から選択肢を提示してもらえれば助かるんですけどね。
 

賢い消費者になる

不定期に「初心者の主張」を綴ります(゚Д゚;)
━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

 
金魚を飼い始めて、水槽用具をアレコレ買いました。
ホームセンターに行けば、
それこそきらびやかなパッケージの多様な商品が並んでます。

「金魚に良い!」
「水キレイ!」
「水作りに最適!」

 
おぉΣ(゚Д゚) これは買わねば!
金魚のためだ!
と、思いますよね。

 
最初は飛びついてました。
 

ろ過材、水質安定剤、粘膜保護剤、検査薬、餌、底石、バクテリア添加剤、種水…
いくら使ったか計算するのが怖くなります(笑)
でも、時間が経つにつれて、買う種類はどんどん減ります。

 
効き目がない、もしくはあっても分からない程度のものが多いからですヽ(´ー`)ノ
 

リングろ材・・・要らないって言う人もいる。
活性炭・・・むしろ使うな!と言う人もいる。
ph調整剤・・・使わない方が良いという人もいる。
餌・・・良い餌を置いてるホームセンター、ペットショップは意外と少ない、と思う。
カルキ抜き・・・使うこともあるかもしれないから持っておいても良いかな、ぐらい。
薬・・・青系、黄色系、あとは寄生虫用の3種類買っておけば良いのでは。
底石・・・ソイルを使う人もいるけど、ベアタンク(何も敷かない)でOK。
バクテリア添加剤・・・ほとんど要らない。良い商品はあるらしいけど、無くても全然OKって人も。



 
この他いろいろありますが、無くても良い、
買わなくても良いってものは意外と多いです。
もちろん飼育方法、方針は人それぞれですから
上記の事が当てはまらない人もいるでしょう。

 
逆に最初は要らないと思ってた掃除用具が、
意外と必要だと分かって後で買ったりしたこともありますし、
粘膜補助剤なんて要るのかねぇ、と
馬鹿にしてたらけっこう重要だった、みたいなこともありました。

 
でも、それぐらい警戒しておいた方が良いと思います。

 
水槽用具の中には、効き目が怪しいものが
少なくないってのが、いまや定説ですから。
某バクテリア系の商品も、ある人によると「詐欺まがい」だそうです。

 
「バクテリアが効力を発揮するのは数週間後です」ってw

 
それだけ経ったら、その商品がなくても水槽が立ち上がるわ!


 
目に見えないバクテリア、目に見えない浄水効果…
だからこそ「オカルト商品」が横行するわけです。
金魚を元気に飼いたいという人たちの心を逆手にとった、
外道な商売をしてる人たちもいるのが現状のようです。

 
人間の生活用品や医療用品にはISO規格やエビデンスってのがありますが、
それがまるっきり欠如した世界…それが水槽世界w

 
悲しいことに、アクアリウム業界でも大手と見られる企業まで、
怪しげな商品を出してるケースもあるそうです。
広告やパッケージの表記の制限も、恐らくユルユルなんでしょう。


 
初心者はどうやったらオカルト商品を避けられるか。
やはり人との繋がりがなにより大事で、
「先輩に訊く」っていう以外に特効薬はないかもしれません。
商品を店頭で見て即買いするのではなく、
とりあえず帰宅してググってみるのも対策になるかもしれません。

 
長く金魚を楽しむためにも、
お互い賢い消費者になりましょう。
長い目で見ればそれが、
金魚業界やアクリアリウム業界のタメですから~w


にほんブログ村 観賞魚ブログ 金魚へ
にほんブログ村