外掛けフィルターに思う

不定期に「初心者の主張」を綴ります(゚Д゚;)

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

金魚を飼う時に、必要になるグッズにフィルターがあります。

なしでも飼えるぞ的な上級者はスルーしてくださいヽ(´ー`)ノ

毎日水換えしても、外飼いとかでエアなしでも金魚は飼えると聞きますけど…

家庭で普通に金魚を飼うってことは、「毎日毎日水換え」っていうのは現実的ではないと思います。
また外飼いは集合住宅では難しいですし。

室内水槽ならば少しでも水をもたせるためには、フィルターは要りますよね。

私が一番最初に買ったフィルターは某社の外掛け・カセット式「スリム」タイプでした。
初心者はまず、外掛けから金魚飼育に入ることが多いと思います。
安いしね!ヽ(´ー`)ノ

でも、使ってみるとぶっちゃけウマクない。

これを使って何度も水槽の立ち上げに挑戦しましたが、本当に苦労しました。
ようやく水槽が安定しても、中のカセットろ材はすぐに交換が必要。
どんだけお金を使ったことか(´;ω;`)

でも、「こんなもんなんだろうなぁ」と思ってました。
なので、上部とか外部に憧れてたのですが…

他社の外掛けを使い始めて「外掛けだって十分使える!」ってことに気づきました。

それも「正規」の使い方ではありませんでしたが…

外掛けフィルターは容量が大きいにこしたことはないわけです。
なぜなら、小さめのリングろ材でもぶち込んで使うえば能力は上がるし、遥かに経済的。
大容量ならリングろ材などがいっぱい使えるから、それだけ水がよくなる可能性は高いわけで…

ネットでそんな使い方を知ってからは、純正カセットなんてバカバカしくて買う気になれませんでした。

ネットでは検索で、経済的かつ、ろ過能力が上がる使い方がいっぱい紹介されてます。
「外掛け 改造」で検索してみれば、いろんな先輩たちのいろんな工夫が読めるわけで。
ありがたいことですm(__)m

最近、メーカーとかサードパーティ製で、カセット式のリングろ過材とかも売られてますが、
おそらく正規じゃない使い方が普及するのを恐れてのことではないかと、勘ぐり中です(  ̄ー ̄)

スリムタイプの外掛けでも使いこなせる人はいるでしょう。
だけど私は無理だし、そんなことに手間暇をかけたくない。

でも、ず~っと、メーカーのお仕着せのまま、純正カセットを買い続けてる人もいるでしょう。
そこで儲けてる人もいるのだろうとは思います。

メーカーは今のカセット式と同じ原価で、もっともっとユーザーにとって良い外掛けフィルターも恐らく作れるはずですよね。

生物濾過を重視した大容量外掛けろ過とか(実際そういう商品もありますよね!でもあまり売られてない)。

100歩譲ってランニングコストが高いフィルターじゃないとビジネスにならないから、こういう方式にしてますって言うのならば、せめて、能力の高い商品にしてほしい。

初期費用は安くても、能力低いは、ランニングコストが高いわ…ではねぇ。

他に方法があるのに、敢えてそんな商品を作ったり売ったりでは、ビジネスとして「真っ当」だとは言いにくいですよ。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 金魚へ
にほんブログ村

パソコンのプリンター、私の周りでは買い換える人が減ってきてます。
トナーがバカ高いから印刷しなくなったし、写真は専門店で必要なものだけプリントアウトする、と。

賢い消費者にカラクリを見破られて信用を失い、敬遠される…
って点ではフィルターも似たような感じだと思っています。

そんな商売をしてる日本のメーカーでも上部や外部フィルターでは良い商品も作ってるわけで。

初心者をムシるようなやり方をしないでも、業界やメーカーがユーザーから信頼されれば、ビジネスがダメになることはないのではないかと愚考する次第です~(;´Д`)

水槽について初心者が思うこと

不定期に「初心者の主張」を綴ります(゚Д゚;)
━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

 
金魚を初めて飼う時。
水槽は「まずはこんなんで良いかな」と小さいのを買ってしまう。

 
私は完全にそうでしたorz

 
初心者向け、と銘打って、
投げ込み式フィルターやブクブクがセットになった商品がある。
お安いセットだけど、幅は30センチ…水量12リットル。
こういう水槽でそれなりの数の金魚を飼うのは、すっごく難しいはず。
でもそれが初心者向け。

 
メーカーもそれで商売をするし、
店頭でもそれで煽ってたりする。
で、それがケシカランと言うと、
「それでも飼えるじゃん」って反論もあったりする。

 
ただ、「それでも飼う」ためには
頻繁な水飼えや金魚の健康状態を見極める力量が必要。
そんな初心者いないですよって話でして(゚Д゚;)

 
水量が少なければ、いわゆる「立ち上げ」は難しい。
初心者の私でも、それぐらいは少々の経験を通じて分かる。

 
小型水槽の場合、水量が10リットル違うだけで
立ち上げの難度は何倍も変わると思う。
水が立ち上がらければ、自ずと金魚が死ぬこともある。

 
死んだら
「新しい金魚を買う」
「水槽を大きくして再チャレンジ」
「金魚はやめる」
という三択になる。

 
上記の2番目までは、メーカーや小売店の儲けに直結する(゜д゜;)

 
金魚飼育をやめてしまえば、金魚のイメージが悪くなったとしても、
水槽の大きさに問題があったなどとは、
「元飼育者」が気づくことはない(ノ_-。)

 
そして一生、「自分が悪かった」という後味の悪さを抱えるか、
「金魚って弱い」という印象を持ち続けることになるかもしれない(ノ_・。)

 
もう、そういう商売はやめられないんでしょうか?
大人の事情で、「金魚を飼いたい」という
純真な初心者を振り回すのは、そろそろ止めないと。


 

にほんブログ村 観賞魚ブログ 金魚へ
にほんブログ村



 
mixiや2ちゃんねるでも「大きい水槽が良いよ」と
啓発してる人はいっぱいいる。
反論者が居たとしても、それは例外事項を提示してるだけのことで。

 
初心者が室内の水槽で飼うであれば、
少しでも大きい水槽の方が良いって点は
議論の余地がナイと思う。

 
で、それは飼い始めてネットをちょっと調べれば分かることヽ(´ー`)ノ

 
つまりもう、初心者引掛けのカラクリが
バレるまでの時間が昔よりは短縮してるはずですよってことで。


 
小さい水槽で「初心者セット」を
売り続けるメーカーさん、小売店さん。

 
バレてる、もしくは早々にバレるんだから、
価格が少々高くなって初心者参入の敷居が少々高くなっても、
適正な大きさの水槽を初心者向けに売った方が、
のちのちの「メーカーへの信頼、店への信頼」に
つながると思いますよ。

 
というか、こんなビジネスをしてる業界なんて長続きするはずがない。


 
初心者の最大の目標は「金魚を死なせないこと」。
それを業界全体でサポートするように
早くなってほしいと思う今日この頃です。