imgp6383

いざ出品!~当歳(小)阿波錦魚連合会 品評会レポート2

楽しかった徳島遠征!阿波錦魚連合会 品評会レポート1 の続きです。

阿波錦魚連合会の品評会場は今年から徳島県北島町の「ほっこりマルシェ」になりました。
従来の会場、コーナン徳島藍住店から車で10分ほど。
今切川~旧吉野川というブラックバスの名所がほど近く、バスフィッシング大会の本部として使われたりするそうです。 dscn4123

 

 

屋根もあるし、会場としてちょうど良い広さ。
2階の休憩室も含め、使い勝手が良い感じです。
当歳大の部、小の部、二歳、親魚の各部門の洗面器がビシっと並んでました。
dscn4128

 

 

午前7時半に松山ICを出発、10時ジャストに会場に到着。
ちょうど受け付けが始まったところでした。
出品票に名前や部門別の魚の数などを書きます。
5000円で何尾出してもOKというシステムは媛らん会も同じです。
昼食用のお弁当券ももらいました(≧∇≦)/
dscn4076

 

 

出品魚を渡します。
媛らん会勢では@まつやまと、豪腕Tさん(徳島でも大型新人というフレーズは有名w)は当歳に2尾出しました。
島のらんちゅう師ことMさんは当歳3尾に二歳2尾。
dscn4089

 

 

写真と実物のらんちゅうを見比べ、合ってるか確認されます。
媛らん会常連で実力者のYさんや、全国優勝経験者のFさんに、魚の隅々までジックリ見られると審査より緊張します(笑) dscn4095

 

 

記念撮影です。
日らん全国大会や大阪の錦蘭会でも公式カメラマンを務めるM杭さんは徳島がホーム。
撮影はもちろん、会の運営も作業されてて、忙しく動いておられました。
合間に、撮影テクニックなどを教えていただきました(≧∇≦)/
dscn4137

 

 

当歳小の部から審査開始。
以前の会場なら審査の様子が遠目に見られたのですが、今回は建物とテントの隙間のようなスペースに審査場所が設けられてて、近づくことも見ることもできませんでした。
辛うじて撮影した写真がこちら。dscn4149

 

 

11時半ごろ、入賞魚が決まり始め、洗面器が埋まっていきます。
連れてきた仔が小さかったのでこの時点では「もしかしたら居るかな!?」とドキドキしてきます(((( ;゚д゚)))
dscn4153

 

 

@まつやまの育てた仔の結果は・・・既報ですが、こんな感じ( ; ゚Д゚)
当たり前のように魚溜まり(審査前に魚が集められる池)に居ました。
らんちゅうの品評会では、「乗る」=洗面器に入れられる=入賞ですが、
「たまり」=魚溜まりに残る=入賞ならず=「ドボン」、なんて言い方もします。
これ以上ないほど、絵に描いたようなドボンでした(笑)
imgp6473

 

 

え~、気を取り直して。
上位のらんちゅうを紹介します。
このブログの愛読者ならばご存知と思いますが、一応「お約束」です。
写真は下手です。会魚撮影としては良い写真ではありませんので、きちんとした写真をご覧になりたい方は、社団法人 日本らんちゅう協会のHPなどでご確認ください。(このブログ掲載時点ではまだアップされてないようですが、そのうち掲載されると思います)
各らんちゅうに対するコメントは@まつやまによる素人の感想です。魚評ではありません。

 

 

 

東大関

松井さんの持ち魚。
文句なしにキレイでバランスが素晴らしです。
小の部だからこそ、ここまでのクオリディが求められるんだなぁ、と改めて思い知らされました。
imgp6374

 

 

西大関

藤原さんの持ち魚。
ここ数年、「金魚ビギナーですが、何か?」ではなく、「藤原孝司通信」にブログ名を変えた方が良いのでは、と思うぐらい登場してますが、勢いは止まりません。今大会でも何度も出てきます。
なんとも上品なまとまり方ですし、尾が優雅かつ派手!
imgp6392-001

 

 

立行司

武田さんの持ち魚。
見た瞬間、あ~、こういう感じの仔が創りたかったなぁ、と思ったデス。
幅もあるし顔もバッチリ。尾もキレイです。imgp6404

 

 

東取締

中野さんの持ち魚。
素赤は徳島では勝ちにくいのではないか?という疑念を勝手に持ってましたが(;・∀・)
この仔は堂々のベスト4ゲット。尾の形に惚れ惚れしますねぇ。imgp6413

 

 

西取締

藤原さんの持ち魚。
ここ数年、「金魚ビギナーですが、何か?」ではなく、「藤原孝司通信」(以下略
審査に異議を申し立てるつもりは毛頭ありませんが、見た瞬間「え~!この仔が小の部??」と思うぐらい長くて迫力がありました。
imgp6483

 

 

東関脇

桑内さんの持ち魚。
写真、失敗気味ですみません。
尾のカタチ・色ともキレイです!
ボディが長くて縦の柄なので、見応えを感じました。imgp6441

 

 

西関脇

中野さんの持ち魚。
上品にまとまり、シュッとしてるって印象。でも尾は迫力ありますね~imgp6495-001

 

 

東小結

宮本さんの持ち魚。
全体的にカタチがキレイ。このまま大きくしたい、と思う仔でした。
imgp6453

 

 

西小結

賀治さんの持ち魚。 
小の部らしからぬ迫力。
カシラもバッチリですし、尾もビシッとしててカッコイイ仔です。imgp6511

 

 

勧進元一

川上さんの持ち魚。
写真が下手ですみません。
長手だけど幅もあって全体的に筋肉質、って印象。よく泳いでました。imgp6469

 

 

勧進元ニ

西岡さんの持ち魚。
この仔も長いし、特にカシラが特徴的∑(`・д・´ノ)ノ
尾も迫力あって、やはり小の部とは思えない仔でした。
imgp6531

 

 

小さいから小の部に出してみよう、では歯が立たない。
キッチリ作り上げることができたけど、たまたまサイズが「大きくない」って仔が小の部に出てるんだなぁ、ってことを実感しますねぇ(;・∀・)
ここで勝つのは、ある意味では大の部よりも難しいのかも、と認識を新たにした@まつやまでした。

 

以上です。続きます。

 

ブログ村金魚ランキングに参加しています。
▼クリックをお願いします▼

にほんブログ村 観賞魚ブログ 金魚へ
にほんブログ村

投稿者:

@まつやま

松山市に住む、金魚初心者@まつやまと申します。 琉金好きですがなぜだか今はらんちゅう飼育に忙殺されてます(笑)

“いざ出品!~当歳(小)阿波錦魚連合会 品評会レポート2” への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。