楽しい!穂竜愛好会品評会レポ1

今年の7月のこと。
かなり暑かった日でした。
心臓病のリハビリを兼ねて歩くのを日課にして1ヵ月弱。
自宅から25分ほどの道後公園そばを散歩中、
お堀に植えられた木にふと目が止まりました。

私は花木の種類に疎い。
というか、普段はあまり木に興味が無い。
子供の頃からこの木は何度も見てるはずなのに、
この日に限って何か引っ掛かりを感じたんです。

看板がありそうだな、と思い
木の根元を見てみると・・・
IMG_0115

 

「赤穂」の文字が目に飛び込んできた。
彼の地と関係するハゼの木らしい。
IMG_0111

 

木の近くに設置されていた説明文によると、
赤穂浪士討ち入り後、47義士のうち10人が
江戸の松山藩屋敷の預りになり、
時の松山藩主は彼らを武人の鑑として丁重に扱ったそうです。
元禄16(1703)年、10人(そのうち数人は愛媛関係者だったそうです)が切腹。
松山藩主の行いを知った赤穂の人々が
名産のハゼの木を送った・・・と伝わっているそうです。

松山市に生まれて45年近く。
@まつやま、初めてそのことを知りました。

そうだ。
秋になれば、また赤穂に行かねば。

 

・・・というわけで、
2013年10月19日、赤穂市に行ってきました。
もちろん、穂竜愛好会の第7回品評大会の見学へ!

1年前、初めて見学に行った時は
知り合いも一人も居ないし、
心細い気分で向かったのですが、
いざ行ってみると、
品評会で見る穂竜はスゴイ仔ぞろいで
私が勝手に抱いていたイメージとまったく違ってたし、
優しい会員さんが多く、
温かく迎えていただき、
いろんな方と知り合いになれて、
メッチャ楽しかったんです。

2回目の見学となる今回は、
気分的にもちょっぴり「ホーム感」を勝手に感じてましたし、
なにより穂竜愛好会員の蘭土竜さん
車に便乗させてもらいましたので、
松山を早朝出発する時からリラックスムードヽ(´ー`)ノ

運転も蘭土竜さんにお任せしちゃって、
@まつやまは助手席で少々うたた寝する始末w
いやぁ、こんなに楽な金魚遠征はなかなかありません!

 

午前8時過ぎ、会場の赤穂城跡に到着!
傘を会場まで持っていくか悩んでる蘭土竜さんの図。
幸いほとんど雨は降らずに何よりでしたヽ(´ー`)ノ
IMGP9540

 

蘭土竜さんのお子さん2人も同行。
お堀に魚がいるかどうか確認中(^^)
お二人ともホントに良い子で
金魚に夢中な父(蘭土竜さん)の手を煩わせず、
1日中、赤穂城址公園で遊んでました。IMGP9541

 

前回はゆっくり会場の周りを見る暇がなかったので、
品評会場入りする前に、
少し遠回りしてお堀(外堀)の周辺を散策してみました。
IMGP9549

 

早くも土産物を買ったりしつつ(笑)
ぶらぶらと堀沿いに歩き、
塩屋門から城址公園に入り、
良寛さんの歌碑を見たりしつつ
四十七士を祀った大石神社へ。
IMGP9559

 

ここに祀られてる方たちのうち、
10人が死の間際、松山の先人達と
交流があったと思うと、
昨年よりも赤穂をグッと身近に感じました。

城址公園を半周足らずしたところで、
ようやく品評会場へ。

まだ準備中のようですが、
えらく写真右側に人が集まってるなぁ・・・
IMGP9561

 

近寄ってみると、
出た!穂竜です!ヽ(´ー`)ノ
皆さん、分譲魚を準備したり品定めしたりで
集まってらっしゃったんですね~
IMGP9573

 

昨年とは比べ物にならないぐらい、
多くの分譲魚がまさに陳列中!って感じでした。
IMGP9576

 

「こっち向いてよ~!」
「良い仔だから~!」
朝からえらくハイテンションで
分譲魚を撮影されてる方がおられたので、
恐る恐る様子を窺ってみると・・・
今やブログ村金魚ランキング
常に上位に入ってらっしゃる、
(1位もゲットされてます!)
穂竜 大好きS女史さん!
IMGP9583

 

昨年の品評会で挨拶させていただいたS女史さんとは、
ネット上でも交流させていただいてまして、
私が夏にエアレーション事故で多くの金魚を失った時も、
すごく心温まるお見舞いのメッセージをいただきましたヽ(´ー`)ノ
その節はありがとうございました。

 

そもそも!
「穂竜」ってどんな金魚?
私自身の復習も兼ねて簡単にまとめてみます。
(知ってる方は読み飛ばし推奨。間違ってたらご指摘を)

穂竜は兵庫県赤穂市にお住まいの榊誠司氏(現・愛好会会長)が
昭和43年に入手した青黒出目オランダを累代繁殖させ、
さらに高頭パールを交配して作出した金魚。
広く知られるようになったのは平成になってから、
という比較的新しい魚種です。
体色は空のような青と、稲穂の黄金色を目指して
改良が続けられている一方、体型も独特(;・∀・)
肉瘤・出目・パール鱗で真ん丸ボディ、大きい尾が特徴。

@まつやま家では家族が怖がるため、
肉瘤、出目、パール鱗は基本NG魚種なのですが、
そのあらゆる要素を持ち合わせているというwww

ちなみに去年の穂竜品評会の写真を嫁に見せたところ、
「う~ん・・・カワイイとも言えるけど、やっぱ怖い!」との感想でした。
(個人的な見解です。ご容赦ください)

また体色にさまざまなバリエーションを持つ「変わり竜」もおり、
品評会では独立した一部門として審査されています。

愛好会員をはじめ全国にファンがいて、
最近では金魚専門店でも見かけるケースが増えてます。
@まつやまの個人的な印象ですが、
女性ファンが多い魚種というイメージがありますし、
品評会に集まる会員さんたちは、
他魚種に比べても若手の作り手さんが多いです。

なので、品評会の活気は
(私が見てきた中では)屈指です(∩´∀`)∩

ざっくりした説明ですみません。
分譲魚の写真をご紹介します。

ほほー!良いですね~!∑(`・д・´ノ)ノ
いきなりレベルが高い穂竜が目を引きました。
まだまだ一般的なお店では、こういう仔はお目にかかりにくいかと。
IMGP9594

 

この穂竜は体色がキレイでした(∩´∀`)∩
黄金色の金魚ですね~!
IMGP9622

 

続いてこちらをガン見する変わり竜。
「何見てんだよ!」って風情w
すみません、買うあてもないのに分譲魚コーナーに陣取っちゃって(;^ω^)
IMGP9642

 

肉瘤ポコン!ボディは丸々!
浅葱っぽい青もキレイで見ほれちゃった変わり竜。
IMGP9627

 

真ん中の仔の体色が気になっちゃいました。
昨年もいましたが、柔らかいクリーム色!
パール系の表現の一つとして見かけますが、
穂竜のカタチでこの色だと、なんとも愛くるしい感じがします~
IMGP9639_thumb.jpg

 

分譲魚の洗面器が並んでる場所のすぐそばに、
品評会に出場する魚の待機場所があったのですが、
ものすごく目を引く変わり竜が居たので思わずシャッターを切りました。
頭も目もボディも立派ですし、尾も大きいし模様がキレイ。
この金魚については連載で後ほど登場します。
IMGP9661

 

われわれ見学者が分譲魚に見とれてる間に、
品評会の受付が始まりました。

IMGP9599

 

申込書を書いた人は、金魚を受付窓口に金魚を運んでいきます。
今年は前年に比べ「当歳2部」という部門が新設され、
出展魚も年々増加の一途だそうで、かなりの数が運び込まれてました。
IMGP3384

 

グッズが売り場をのぞくのも、穂竜の品評会での楽しみのひとつ。
金魚好きの気持ちをくすぐる品々がありました(∩´∀`)∩

潮汐(大潮とか)の表示もあるという穂竜ダイヤリー。
これは飼育日誌にバッチリですね~!
IMGP9673

 

金魚のフェルトぬいぐるみもありました。
カワイイですね~(´∀`)
どこかのブログでお見かけした気がします。
IMGP9671

 

琉金のヌイグルミがあれば、
買わねばならない!
それはもう「反射」や「習性」「本能」みたいなもんで(;^ω^)
IMGP7624

 

これはピンだったかな?
出目金 in 天然石アートって感じですね。
IMGP9678

 

ネックレスも販売されてました。
モデルはグッズ売り場の美人さんwIMGP9685

 

穂竜男・・・でしたっけ?
不気味な男性をモデルにしたストラップも売られてました。
グッズを売られてた女性も
「これは身内ネタで・・・(゚Д゚;) 誰がモデルか分かります?」と
恐縮しつつ説明されてましたが・・・

IMGP9675

 

@まつやま、すぐ察しましたよ。
魔よけですよね(違
効きそうですよね、実物は強面(コワモテ)だしw

いやでもこういう悪ふざけ(失礼!)を
マヂメにやるあたりが、
穂竜愛好会の明るさに繋がってるんでしょう!
もちろん、私は買いませんでしたw

上のストラップのモデルらしき人は、
品評会準備で大忙しでした。
IMGP9620

 

あ、念のため・・・
穂竜男のモデルは穂竜愛好会の広報担当で
有名サイト外虫魚図inabouさんです。
昨年の品評会レポートでは@まつやまを弄くり倒してくれたので、
返礼として掲載w

inabouさんは今品評会の模様を
パーフェクトに網羅したレポートを早々にアップされてました。
私のブログを読むよりも、こちらをチェック!
http://gaichu-wars.boo.jp/fish/horyu2013hinp.html

 

昨年に引き続き、榊会長にもご挨拶させていただきました。
@まつやまのこと、覚えてくださってて嬉しかったデス!
「今年は良い仔ができたんですよ!」と
ニコやかに話されてました。
今年を変わり竜の色・柄をさらに追求していく
「色柄元年」と位置づけ、
穂竜普及の切り込み隊長的に役割を
変わり竜に担わせていきたい、とお考えだそうです。

IMGP9682

 

午前10時半、開会式。
榊会長の開会あいさつ。
参加魚が増えて、レベルが上がっていることに
感謝の言葉を述べられ、「今日は楽しみましょう!」

IMGP9694

 

来賓の豆田正明・赤穂市長の挨拶。
市長が来られる品評会ってスゴイですね~∑(`・д・´ノ)ノ
赤穂のPRとしても穂竜に期待しています、と述べられてました。

IMGP9701

 

会員さん、来賓も二の丸門まで移動して、
恒例の記念撮影。
お城をバックにカッコイイですね!
IMGP9721

 

記念撮影を終えて品評会場に戻る時、
看板を抱えて歩くinabouさんと蘭土竜さん。
会員さんは一人何役もこなして、
自発的に動いてる方が多いのが印象的でした。
IMGP9726

 

豆田市長に熱く穂竜について語る榊会長。
市長も品評会の流れを興味深そうに聴いておられました。

IMGP9729

 

さぁさぁ!まもなく審査開始!
・・・というところで続きますヽ(´ー`)ノ

去年と同じように真剣さとお祭りムードが同居した、
金魚好きならワクワクする品評会!
でも去年とまったく違ったのは、
@まつやまが会場入りした直後から、
多くの会員さんに声を掛けていただき、
気さくに話していただいて・・・感謝です!ヽ(´ー`)ノ

 

【励みになります!クリックお願いします】
にほんブログ村 観賞魚ブログ 金魚へ
にほんブログ村

投稿者:

@まつやま

松山市に住む、金魚初心者@まつやまと申します。 琉金好きですがなぜだか今はらんちゅう飼育に忙殺されてます(笑)

「楽しい!穂竜愛好会品評会レポ1」への6件のフィードバック

  1. 第七回品評大会のレポート有り難う御座います。
    めちゃ待っておりました(^_^)

    今回も楽しく拝読させて頂きました。
    魔除けの穂竜男ストラップはまだ大量に残っていますので今度差し上げますね(^_^)
    是非、スマホにでも付けて肌身離さず持っていて下さいね。

    レポートの続きを楽しみにしております。
    誠に有難う御座いました。

  2. おはようございます!
    穂竜のカラーはなんといいますか、日本刀に稲穂って感じがしますね!
    変わり竜の柄も柔らかそうなのから渋めとバリエーションが豊富でいいですね(*´ω`*)
    羊毛フェルトの金魚はdeme*tyoubiさんの作品です。
    東京行かれることありましたら金魚坂さんに作品展示されてるのでまた見てみてください(・ω・´)金魚愛が滲み出ててこだわりも凄いです
    続きまた楽しみにしてます~

  3. >inabouさん

    お!さっそくのコメントありがとうございます。
    ずいぶんと遅くなりまして申し訳ありません。
    今年の品評会の回顧録みたいな感じでお読みいただければ(゚Д゚;)

    魔除けストラップ・・・効き目がありそうですもんね(笑)

    続き、頑張ります~

  4. >卯京さん

    日本刀に稲穂・・・ジャパネスクなイメージですね~ヽ(´ー`)ノ
    確かに変わり竜も、そして穂竜も、カラーバリエーションが多いので見てて楽しいです!

    フェルト金魚はいろんなブログで見かけますが、有名な方みたいですねヽ(´ー`)ノ

  5. お疲れ様です♪そういえば南高の前やったかなぁ(^-^;赤穂浪士と深い関係のお寺があったの、いつか愛媛に支部作ってそこで品評会するのが、私の隠れた目標です(∩∇`)また来年も一緒に行きましょう♪

  6. >蘭土竜さん

    興聖寺ですね、縁のお寺。切腹した赤穂浪士のうち2人のお墓がある・・・んでしたっけ?(゚Д゚;)

    隠れた目標ですか!
    その品評会を開くときは必ず見学に行きますよ~ヽ(´ー`)ノ

    ・・・その節は大変お世話になりました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください