ドジョウを愛した男の話ヽ(´ー`)ノ

 

 

今日のレポート(?)は長文です。

読んでコメントされた方はエライです!(笑)

 

最後は金魚ネタになりますから、

頑張って読んでくださいm(__)m

 

 

 

 

★★★★★★★★

 

 

 

先月、@まつやまは高知県内で、

ある男と会った。

 

初対面。

あまり私に興味は無さそうで、

最初、淡々と話した。

 

が、言葉は徐々に熱を帯びてくる。

 

 

 

若いころ、大阪の地で

電気設計系の仕事をしていたという。

 

兄に乞われて故郷へ戻った。

親から受け継いだ田で取り組んだのは

ドジョウの養殖だった。

 

 

 

なぜ?

私は問うた。

 

都会から田舎へ。

電気からドジョウへ。

 

脈絡が無さそうに見える。

 

 

男は少し遠い目をして語った。

ふるさとの記憶・・・

青々とした山、広がる田畑、

そして流れる小川。

 

 

そこにドジョウが居た。

 

 

日本のドジョウは危機的状況にある。

自然界では各都道府県が指定する

絶滅危惧種に入ってきている種類もある。

近年、養殖も減ってきている。

 

男は訴える。

日本の天然記念物のトキが食べてるドジョウ、

国産ドジョウで賄えてなかったこともあったんですよ。

これで良いんですか、と。

 

 

 

ふるさとの原風景、そして危機感が、

「次の道」へ導いてくれた。

 

 

 

一方、そんな叙情的な話の裏には、

したたかな計算もあっただろうことは

想像に難くない。

 

我々の食事としてのドジョウは、

確かに日常から遠い存在になった。

ただ、なくなることもない。

 

養殖する人たちが減っているなら、

それは純然たるビジネスチャンスでもあったはずだ。

 

 

 

 

男の話は養殖のポイントに及んだ。

 

 

 

 

ドジョウは逃げる。

 

飼ったことがあれば分かるが、

確かにドジョウの逃げ出すことに対する

情熱は凄まじいものがある。

 

飛び出し、這い出し、新たな水辺を探して、

死を賭して逃げる。

 

 

養殖するということは、

ドジョウの逃亡との戦いでもある。

 

養殖していた池から飛び出したドジョウが、

畦で大量にのたうってる場面も見たことがある、という。

 

 

彼は養殖池…というより、水深から言えば田に近かっただろう…に

工夫を施した。

 

逃げたいのならば、

逃げ出すための場所を予め作っておけば良い。

 

逃亡防止の囲いを一箇所ゆるめにしておく。

そこから決死で逃げ出したドジョウが得る新天地は、

元いた池と変わらぬ養魚池、という寸法だ。

 

 

池のレイアウトへの工夫はそれだけではない。

 

 

 

ドジョウは岸が好き。

 

確かにドジョウは池や小川の真ん中にはいない。

網で採るにも、水の真ん中を探したりしない。

木や草に隠れてるドジョウを狙い、岸で網を振るう。

 

 

人工的に環境を用意しても、それは同じ。

どれだけ広い池でも、

ドジョウは岸に集まり、

結果、過密飼育になってしまう、という。

 

面積あたり収量は当然少ない。

 

従来のドジョウ養殖は、

そんな感じだったという。

 

 

 

ならば。

池の中に岸を用意してやれば良い。

 

田の中に畦を幾筋も作る。

そうすれば、ドジョウの住みやすい岸が、

いくらでも作れる。

 

 

 

 

劇的に収量が上がった。

 

男は具体的に数値を挙げて説明したが、

そこは覚えてない。

ただ、米作りよりは遥かに採算性が高いこと、

そして、男がこの日一番の笑顔を見せたのは覚えている。

池と畦の形を指で描いて見せつつ。

 

 

 

 

ドジョウがね、潜るんですよ。

ドジョウがね、集まるんですよ。

ドジョウがね、すごいんですよ。

 

 

男のドジョウへの愛が、

会話の端々に窺える。

 

 

ところが。

数年前、国道が建設され、

男と兄が作ったドジョウの王国は、

土地の一部と、静かな環境を失った。

 

その場所での養殖は、

諦めざるをえなかった、という。

 

 

それでも男は、

ドジョウとの関わりを断たなかった。

養殖のコンサルティングという形で、

他県まで…私が会った時は東北へ

出かける準備中だった。

 

 

 

 

 

 

そしてドジョウへの愛は、

思わぬ方向へ影響を広げていた。

 

 

 

ドジョウ養殖における、

男の工夫は池だけではなかった。

 

それは餌。

強いこだわりを持っていた。

 

 

 

最終的には、人か他の動物の胃袋に収まる運命のドジョウ。

太れば良いと考えてしまう気がするが、

男がドジョウに用意した餌は、

ドジョウが喜ぶもの。

そして健康的に大きくなるもの。

 

 

曰く、

ドジョウがおいしいと思わなきゃダメです。

人間だって味気ない食事ばかりだったら不健康になる。

一緒ですよ。

ドジョウが喜ぶものを考え抜きました。

 

 

 

 

魚にとって美味しいものを与える。

 

確かに正しい考え方だと私も思う。

観賞魚において、嗜好性は餌選びの中でも重要な要素。

だが、養殖はコストとの戦いでもある。

美味しさ優先ってあり得るのか?

話を聞いて、一瞬ファンタジーとも思えた。

 

 

しかし、男の強い思いはドジョウだけでなく、

他の魚にまで受け入れられていくことで、

正しさが証明されている。

 

 

 

最初は熱帯魚。

 

ドジョウ用に作った餌を、

知人が熱帯魚にやったところ、

調子がすごく良かったのだという。

よく食べるし、水も汚れない。

 

熱帯魚用に餌を作り、

パッケージングして商品にした。

 

 

ほどなく、金魚の愛好家・・・

しかも土佐錦魚の愛好家がその餌に目をつける。

 

 

西日本を代表する土佐錦魚の愛好家から、

意見を聞きつつ、

土佐錦魚に良い餌・・・もちろん、

土佐錦魚にとって美味しい餌を作った。

 

 

消化のことを考えて、

つなぎに小麦粉を一切使わない。

その代わり、海藻を使った。

植物性の成分は、雑食の金魚にとって、

消化の助けをする。

コケをいっぱい食べる土佐錦魚には尚の事いいだろう。

 

海藻に含まれるフコイダインは、

免疫力をアップする成分でもある。

 

ツナギとして使いやすい海藻を探し、

吟味に吟味を重ね、

海外で採れる特定の海藻を選定。

輸入することにした。

 

 

 

餌のパッケージに使いたい写真があった。

男が「これだ!」と思い、惚れ込んだ土佐錦魚の写真。

関東…土佐錦魚界を代表する重鎮が創った魚だった。

男が思いを伝えると、重鎮は写真の使用を快く許した、という。

 

 

 

その餌こそが、

土佐姫

 

IMGP8181-001

 

 

そして男は、

「どじょう養殖研究所」を運営している。

 

 

 

私が金魚を飼い始めてすぐ出会い、

ずっと使い続けている土佐姫。

 

手放せない理由(わけ)が、

分かった気がした。

 

 

 

 

 

★★★★★★★★

 

 

 

 

 

というわけで、思いがけず、

どじょう養殖研究所の方と、

お話させていただきました。

 

 

土佐姫は土佐錦魚はもちろん、

丸手の金魚を飼ってる方にとって、

いまやスタンダードと言える餌だと思いますが、

話をうかがってみて、

あらためていい餌だと思いました。

 

 

この他、土佐姫の販売手法についても

話を聞かせていただきました。

「各地の街の金魚屋さんに頑張ってもらいたい」という思いから、

ホームセンター1社を除き、

小売店での取り扱いを優先しているとのこと。

そういえば、大手ペットショップなどではほぼ見かけませんね(;・∀・)

 

土佐姫を置いてるお店はいいお店!

って印象があるのは、そういうことか、とナットクヽ(´ー`)ノ

 

 

文中に出てくる、どじょう養殖研究所さんの熱帯魚の餌は「グロウ」。

金魚向けは、土佐姫のほかに

らんちゅう向け「らんちゅう貴族」などのラインナップがあります。

 

 

文中、「男」呼ばわりして、すみませんでした。

一介の愛好家・・・ド素人に、熱心に説明していただき、

本当にありがとうございました。

 

 

※同研究所さんは、通常、愛好家の訪問は受けてないと思います。

 今回は特別なお取り計らいにより、お話を伺いました。

 

 

 

【励みになります!クリックお願いします】
にほんブログ村 観賞魚ブログ 金魚へ
にほんブログ村

投稿者:

@まつやま

松山市に住む、金魚初心者@まつやまと申します。 琉金好きですがなぜだか今はらんちゅう飼育に忙殺されてます(笑)

「ドジョウを愛した男の話ヽ(´ー`)ノ」への42件のフィードバック

  1. 深イィ~話~♪
    ちょっと長いけど~♪(笑)
        ___
       /_☆_\
      ∩/(●)゜(●)\
     へ|  ̄   ̄ |ヽ
    (_ノO  __  | |
     (\\/丶ノ\/_ノ
       ̄\`ー―-< (ミ)
       ||_∧_||y/
       ||> <||_ノ
       / 丶二ノ|
       / /~ ̄\ヽ
      (/   (ノ

  2. >@まつやまさん
    再度お邪魔しますよ(*^▽^*)
    どーじょどーじょ(。≧∇≦。)
    え(笑)
    ドジョウとの知恵比べと商人魂、そしてそれに土佐錦を預けた心意気…プロジェクトXみたいで(笑)楽しく読ませていただきました!
    グロウはプレコマニアの間では神的な餌なんですよ!ヾ(=^▽^=)ノ

  3. 土佐姫σ(^O^)もずっと使ってます。
     製造・販売元が何故どじょう養殖研究所なんだろうってよく思ってました。
     いいお話ですね。
     私もよく似た境遇で都会から田舎へ・・
     ただ電気から農業は無理でした(笑)

  4. 土佐姫使ってます。
    とりあえずよく知らないお店って、置いてあるエサで判断したりしませんか?
    金魚に対してこだわりがあるかないか…
    いい餌置いてあるお店に出会うとうれしくなります。
    そんで、どじょうは逃げます(-_-;)

  5. >トマオニさん
    おはようございます。
    前のレスからすぐ寝ちゃったデスよw
    プロジェクトX的、と捉えていただければ幸いデス。
    そっか、グロウはプレコで使うんだ!

  6. >瑠花璃緒さん
    おぉ!
    使われてますか!
    ナカーマ!ヽ(´ー`)ノ
    でしょ。
    なぜ「どじょう養殖研究所」が、
    土佐錦魚の餌を???って
    私もずっと疑問に思ってて。
    ようやく答えが出たというか…
    古い金魚愛好家の方にとっては、
    もしかしたら常識なのかもですが…
    私は都会ぐらしの経験ないです~(´;ω;`)
    地方都市ばかりで、
    ある種、田舎も知らないといえば知らないんです。
    中途半端ですね~(´;ω;`)

  7. >ako-pokoさん
    おぉ!
    akoさんもナカーマ!ヽ(´ー`)ノ
    土佐姫置いてあると、
    安心感ありますよね~(^^)
    確かに我が家もドジョウは逃げまくりですw

  8. おはよう
    土佐姫手元にあります
    昨年土佐を購入先にて 土佐姫がいい!と
    へえ ほんまですか?
    と。。。
    ここ読んで納得します
    すごい方が 愛情持って今までやっていらっしゃるって
    すごいです
    金魚を らんちゅうを 土佐を
    オランダは??どれを??と聞きたい
    関東東錦は?と聞きたい
    餌のおすすめ。。。。

  9. >★fmama★さん
    小売店のオリジナル餌は別として、
    餌を作ってるメーカーさんと
    話す機会ってなかなか無いので、
    とても楽しい経験でした。
    魚種によって餌も違うし、
    時期によって餌も違うし、
    育成目的か維持目的かによっても違うから
    金魚は難しいし、楽しいですよね~ヽ(´ー`)ノ
    fmamaさんもいろいろ試されてみては!

  10. コメントしたらエライと言われると、コメントしたくなります(^^)
    土佐姫は良い餌ですね(^^)
    ワタシも土佐錦を始めた時は使ってました(^^;;

  11. 土佐姫おいてるホームセンター知ってます!
    そこは金魚コーナーがとてもきれい!
    だから置いてあるんですね!納得♪
    今日はすごくいい話が聞けました。
    @まつやまさん、ありがとう!!!

  12. 私もずっと土佐姫を愛用してるけど、こうやって出来たのね…φ(◎◎ヘ) ホォホォ…
    あの餌使ったら、手放せないもんね!
    それにしても、まっつんの人脈の広さに敬服だよ!
    数年後には金魚界のマップの全てが繋がるのがまっつんになるねd(^ー゚)
    うお!グロウもそうだったのかぁ!
    まだ買ってなかったけど、買わなきゃ!

  13. こういうルーツの話ってなかなか聞くこと出来ないから貴重っすよね~(^^)
    ひろひこさんと同じく、まつやまさんの人脈ヤバいでしょ!
    ビギナーにこんな人脈はないです。
    自分は珍脈ばかりよ~

  14. まつやまさん、さすがっす!
    かのどじょう研究所、土佐姫やらんちう貴族の父ともお知り合いなんですね(@_@)
    私も最近こちらの餌の素晴らしさを知ったのですが、なぜ「どじょう研究所」なんだろうと疑問でした。
    こんな熱い物語がベースにあるんですねぇ~
    ただの養殖者ではなく、生き物を「生きている者」として愛され、大切にそだててこられた方が作った餌なんですね。
    これから毎日、ありがたく使わせていただこうと思いました。
    まつやまさん、本当にいつも素晴らしいお話しを記事にしてくださってありがとうございます!

  15. 最初、読み始めた時に絶対『どじょう研究所』『土佐姫』の方に話が飛ぶな~、と思ったら・・・やっぱり!(笑)

  16. 昨夜途中まで読んでて寝落ちしました(。-人-。;)
    今日昼間にちゃんと読ませてもらいましたよ。
    短編小説を読んでる気分でした!
    土佐姫は我が家も使ってますが、
    【みんながイイって言ってるから】
    それだけの理由でしたが、ちょっと見方が変わりましたね~。

  17. 知った当時はアジアアロワナを飼育してましてこれがまた人工飼料を食べてくれない個体で
    どれを与えても一緒だろうと購入を断念しました
    しかし、皆さんのコメ見ると使ってる方は多いんですね

  18. 能ある鷹は爪を隠す
    まつやまさん
    さすがです!
    ルポルタージュの文体に
    酔いしれました
    どじょうのことは聞いたり見たりで
    知ってはいましたが
    知ってるつもりでした・・・
    土佐姫はもちろん愛用しています♪
    金魚の餌でも最高峰ではないかと思います
    ウチでは丸手にも長手にもつかっています
    実利主義のこの時代ですが
    背景を知りなおのこと
    その価値と効果に納得できることって
    際立ちます!
    すごくよかったです
    ありがとうございます!

  19. >たけちゃんさん
    わはははwww
    たけちゃんさん、挑発されると、
    受けちゃうタイプなんですね(爆)
    たけちゃんさんも使ってらしたんですね~(^^)
    私は琉金用にと使い始め、
    他の金魚にもたいてい使ってますw

  20. >kumiさん
    ご存知のそのチェーンさん以外は、
    ホムセには置いてない、ってことらしいです。
    街の金魚屋さんを支援する、というコンセプトらしいですよ!ヽ(´ー`)ノ

  21. >さだとささん
    おぉぉ(´゚ω゚`ノ)ノ
    さだとささん、あれだけの設備、
    あれだけの数居て、
    土佐姫なんだ!
    それはそれでビックリ!(´゚ω゚`ノ)ノ
    しかも超上得意さんデスね~
    私の使用量なんて、それの数十分の1だなぁ(;・∀・)

  22. >ひろひこさん
    えへへ。
    たまたまお話をきかせてもらえる
    機会に恵まれたってだけでして(^_^;)
    人脈なんて大げさなものではありませんよー。
    でも、普段使ってる餌のルーツというか、
    背景みたいなのがわかると、
    さらに愛着が湧きますよね~ヽ(´ー`)ノ

  23. >イノッチさん
    あざーっす!
    人脈なんて大げさなw
    たまたま、ラッキーにもお話をうかがう機会があった、ってだけですよー(;・∀・)
    珍脈も大事ですしヽ(´ー`)ノ

  24. >腹ペコ25時さん
    お知り合いというほどでは・・・
    初対面で挨拶させてもらって、
    インタビュー・・・って感じでもないなぁ(笑)
    お話をきかせてもらった、って感じでした。
    どじょう養殖研究所さんの、
    思いや「熱」を少しでも感じていただければ、
    長文を書いた甲斐がありました!
    こちらこそありがとうございます~

  25. >のぞみっちさん
    あざーっす!
    二度も読まれましたか(笑)
    それはお疲れ様でした~
    見方、変わりました?
    のぞみっちさんがそう言ってくださると、
    長文を書いた甲斐があったですーヽ(´ー`)ノ

  26. >夢金魚さん
    >夢金魚さん
    土佐姫は使ってる人、
    多いと思いますよ~!
    先輩から教えてもらったのですが、
    植物由来の成分が入ってるからか、
    金魚に良いコケが生えたりする、っていう、
    嬉しい副産物もあるようですし。

  27. >松風さん
    えー(;・∀・)
    能も爪も隠してないし、
    鷹というより、フォアグラ用のガチョウみたいなもんですよwww
    今回は写真が無かったし、
    土佐姫のドラマちっくな感じが
    出せたらなーと思って、
    普段と違う文体にしただけですー(;´Д`)
    松風さんもご愛用ですか!
    しかも最高峰扱い!
    これは北関東をはじめ、各所に影響力ありそうなwww
    でも、こういう「物語」を知ると、
    私もさらに土佐姫に愛着が湧きました。
    お互いガンガン使いましょうヽ(´ー`)ノ

  28. 土佐姫・らんちう貴族とも愛用してます
    丸手ばかりの我が家、小麦粉を使っていないということから使いはじめた土佐姫ですが、食いつきも良くて重宝してます
    ただ、製造・販売元は見るたびに「???」と思ってました
    やっと謎が解けました!(≡^∇^≡)

  29. 土佐姫の餌の成り立ちがめっちゃリアルに書いてますね~!
    土佐姫が出来るまで話初めて聞いたので感激です~♪
    こちらで土佐姫を扱っているお店が無いのが残念です。
    通販で是非試してみたくなりました(*^_^*)

  30. >Archetさん
    おぉ!
    アルさんも土佐姫愛好者でしたか!
    やはりいい餌ですよね~!
    私も「謎が解けた!」って感じでした。
    なんとなく、スッキリとした気分で
    使えるようになったデスw

  31. >naga91010さん
    ありがとうございます~m(__)m
    土佐姫、ぜひ使ってみてください。
    特に丸手の金魚には良い餌だと思います!

  32. 一つのことに熱くなれる。
    とことんこだわる、
    そして続けること…。
    男ですね~。
    まつやまさんもですがね。。。
    土佐姫買いに行こう…
    (すぐに感化されるオヤジ)

  33. お久しぶりです!コメントありがとうございました。
    土佐姫、実は私も・・・毎回日本で購入して持ってきて、与えてます・・・あはは。(←金魚バカ。爆)
    なのでとても興味深い記事、楽しく読ませていただきました~~☆

  34. >トラおさん
    コメントあざーっす!
    トラおさんは元々アツい男ですが、
    感化されもっとアツくなっちゃってください(  ̄ー ̄)

  35. >金魚オヤジさん
    わははは!≧∇≦
    私は全然デスよー!
    こだわる生き方、したいですけどねー!
    オランダにはまた、別に合う餌がありそうですけど…(;´Д`)

  36. >優@HKさん
    優さんも土佐勤王党!
    じゃなくて、土佐姫派でしたか!
    日本から持ち込んでるんだ~(;´Д`)
    熱心なユーザーさんですね~

  37. どじょうと聞いた瞬間どじょう養殖研究所が思い浮かびましたが、まさかビンゴだったとは!
    うちも土佐姫使っているので、こんな素晴らしいエピソードから産まれた餌だと知ることができて嬉しいです。金魚もエビもカジカも、みんな土佐姫が大好きです!

  38. >さくらにしきさん
    お!さくらにしきさんもユーザーですか!
    私もいっそう土佐姫が身近に感じましたし、さくらにしきさんもそう感じていただければ嬉しいッス~ヾ(@⌒ー⌒@)ノ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください