IMG_0997-001

当歳大でI got it! 錦蘭会 Chapter2

IMGP1485

 

隣の芝生は青い、ならぬ、
隣の魚は太い!
・・・品評会の溜まり「あるある」でした(≧∇≦)/

もともと英語のことわざですので、
The fish is always bigger on the ”tamari_pond” of the ranchu show.
って感じでしょうかwww
(完全にデタラメな英文です)

 

さてさて!ちょっと間が空きましたが
大阪まで行ったゾ!錦蘭会に初出陣!Chapter1 の続きです。

前回は備忘録的に錦蘭会への出品手順や会場の様子を紹介しました。
今回から入賞魚たちを紹介していきます。

錦蘭会の公式カメラマン・M杭さんから提供していただいた写真も掲載していきますので、
私の下手くそな写真だけでは伝わらない、らんちゅうの良さが見ていただけるのではないかと(≧∇≦)/

 

東大関

中川昭彦さん(西宮)の持ち魚。
きちんとお腹ができてるし、バランスが素晴らしいと思いました。
中でも尾のカタチがキレイだなぁ、と思いました。

IMGP1529

 

公式カメラマンの提供いただいた写真だと、
さらにきめ細かいウロコなんかも見ていただけます(≧∇≦)/

IMG_0758

 

 

西大関

メッチャメチャ可愛らしい仔ですねぇ(∩´∀`)∩
白勝ちで入るべきところにはキチンと赤が入ってて。
しかも頭はきっちりデキててスゴイです。
熊畑善仁さん(佐賀)の持ち魚。

IMGP1547

 

尾の張り、カタチの美しさもよく分かりますねぇ。

IMG_0829

 

 

立行司

太みもあるし、カワイイし、キレイだし。
お腹に散った赤、眉間の▲マーク(笑)も、尾の模様もステキです。
稲田初男さん(加古川)の出品魚。

IMGP1559

 

提供写真だと、さらに上品さも伝わります(≧∇≦)/

IMG_0766

 

 

東取締

私のブログや媛らん会のHPにもたびたび登場する、
徳島・藤原孝司さん(鳴門)の持ち魚。
私が過去出品したらんちゅう品評会(媛らん会、阿波錦魚連合会、日らん全国大会)では、
たいてい「藤原旋風」が巻き起こってて、常に話題の中心です。
今回の錦蘭会でも当歳~親の各部門で計7尾が優等(ベスト5)を獲得し、
「藤原台風」と化してました(笑)

う~ん、長い!そしてキレイな仔だ・・・( ; ゚Д゚)

IMGP1622

 

藤原さんは昨秋の阿波錦魚連合会の当歳大の部で、
似た印象の長手な白勝ちで優等を獲られてたなぁ・・・というのを、
提供写真を見て思い出しました。
(間違ってたらすみません)

IMG_0772-001

 

 

西取締

同じく徳島・藤原さんの持ち魚。
台風というか、ハリケーンというかwww
東取締と同じ白勝ち更紗での優等ゲット!
ですが、まったく印象の違う魚ですよね~( ; ゚Д゚)
こちらは中寸で全体的に丸っこい。
いろんなタイプの良魚を創られてる、というのが良く分かります。

IMGP1569

 

白がキレイですよね。
私が育てると、こんなキレイなシャイン・ホワイトはなかなかできないデス(ToT)

IMG_0836

 

 

ここからは、愛媛から遠征した媛らん会のメンバーの出品魚。

勧進元二

ベテラン・山下幾夫さんの持ち魚。
媛らん会旗揚げメンバーの一人で、物静かな方ですが、
秘めた闘志というか、らんちゅうへの熱意はスゴイ。
尾もボディも頭も、しっかり創られてるなぁ、と思いました。

IMGP1611

 

 

東前頭三枚目

媛らん会事務局長、アズー氏の持ち魚。
発達したフンタンといい、鮮やかな尾の開きといい、
媛らん会の会長さんの系統らしい仔だと思います。
IMGP1692

 

 

東前頭七枚目

えへへへ~≧∇≦
@まつやまの出品魚です。
あ~~ぃがでぃっと!
(I got it!)
前回書きましたように、会長さんから大会直前に分譲いただいた仔ですので、
正確には「@まつやまが運んだ魚」ぐらいのニュアンスですが(笑)
IMGP1681

 

せっかくなので上手な人が撮影してくれた写真も載せておきます(≧∇≦)/
会長さんが出場魚が多い品評会でも目に付きやすい長手の更紗で、
@まつやまにも分かりやすい(覚えやすい)魚をチョイスしてくれました。

IMG_1000-001

 

ちなみにもう1尾はドボンでした(ToT)

 

 

初出品した初心者の感想ですが・・・
錦蘭会の当歳大の部上位魚は、ボディが長い仔が多く、
柄もカタチも「見栄えの良さ」が大事なように思いました。

関東では「粋(いき)」という感覚が尊ばれてて、
いわゆる「通(つう)が見て分かる優劣」が競われてるにの対し、
関西では「誰が見ても良いもの」、
そして「可愛(かい)らしさ」が求められてる・・・ような気がしました。
誤解を恐れずに言えば、京都の宇野らんちゅうや、
かつての大阪らんちゅうの文化と似てる美意識が底に流れてる・・・のカモです。

ま、私にとっては、遠い話というか、
魚を殺さないように飼うことすらままならない状況なので、
そんな分析をしても・・・という気もしますが(笑)
実際に出品したからこそ、感じられたことだと思うので書いてみました( ; ゚Д゚)
いつかは役に立つかもしれないですしね。
(反論・突っ込み・ご指導ご鞭撻よろしくですw)

続きます。

 

ブログ村金魚ランキングに参加しています。
▼クリックをお願いします▼

にほんブログ村 観賞魚ブログ 金魚へ
にほんブログ村

 

投稿者:

@まつやま

松山市に住む、金魚初心者@まつやまと申します。 琉金好きですがなぜだか今はらんちゅう飼育に忙殺されてます(笑)

“当歳大でI got it! 錦蘭会 Chapter2” への2件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。