金魚ちょうちん祭りに行った~v( ̄Д ̄)v イエイ

 

2015年8月13日、山口県柳井市で開かれた「金魚ちょうちん祭り」に3年ぶりに行ってきました。もちろん今回も家族でお出かけ。
(前回のレポートはこちら:金魚ちょうちん祭りに行った(上) 

@まつやまが住む愛媛県松山市からは柳井市はフェリーで2時間半。
ただ今回は山口県防府市まで足を伸ばしました。
私も亡き父も松山市で生まれ育ってますが、代々の墓は防府にあるんです(;・∀・)
今や縁もゆかりもない土地なので墓参は5年おきぐらいになっちゃってます。

柳井港駅から電車で1時間、防府に到着。
久々に見た防府駅前の変貌ぶりには驚きました。
鉄道は高架化、イオンが隣接してて、すごくキレイになってました。

IMG_1646-001

 

 

江戸時代、長州藩と言えば中心は萩。
幕末の歴史的舞台となりましたが、実は萩城をつくる前には、
現在の防府市役場そばの築山が築城の候補地だったそうです。
(山の土質が城に向いてなくて萩になったとのこと)

その築山のふもとに我が家の墓があります。
けっこうな古さで、シキミの木が覆いかぶさるように大きくなってました。
倒れそうで心配です。
母、嫁、子ども3人と手を合わせてきました。
DSCN1850

 

 

ふたたび電車で1時間掛けて柳井に戻り、
ようやく金魚ちょうちん祭り。
駅前のメーンストリートには、これでもか!と金魚ちょうちんが飾られています。

DSCN1852

 

 

柳井川に架る本橋のたもとには、金魚ちょうちんのミニドームが(^^)
1尾でもユーモラスですが、集団になるとなんとも言えない可笑しみを感じます。
団体でボーッとしてるように見えるんですかねwww

DSCN1862

 

 

少しずつ日がくれてくると、白壁の町並みは雰囲気バッチリ。
前回遊びに来た時に比べても来場客が増えている気がしましたし、
若い着物姿の女性も目立ちました。DSCN1880

 

 

観光客が多く通る小路(こみち)を見下ろす民家の屋根で、
ニャンコが昼寝・・・昼から夕方まで寝過ごした感じでしょうかwww

DSCN1884

 

 

佐川醤油店の蔵では買い物もできるし見学も可。
ここには手入れされた水槽や樽の中に金魚やコイがいます。

DSCN1893

 

 

 

蔵から出ると、金魚ちょうちんが点灯してました。
妖しげでキレイヽ(´ー`)ノ

DSCN1894

 

 

祭りの主役、金魚ねぶたもライトアップ。
闇に浮かぶボーッとした表情のねぶたは、味わい深いです(笑)

DSCN1900

 

 

夕食を摂り、メインストリートに戻ると、
ちょうど金魚ねぶたが爆走中でした。
その場で猛スピードで回ることを爆走と言うらしいのですが、
ラッセラー!ラッセラー!の掛け声とともに、
グルグルと回転する金魚ねぶたは、勇壮というよりカワイイです。

DSCN1919

 

 

今回、一眼を持って行かなかったので写真では爆走がうまく撮れませんでした。
動画の方がいくぶんかマシなので載せてみます。
(音声ナシ)

 

 

最後の爆走が終わりきらないうちにドーン!という音が。
金魚ちょうちん祭り自体は8月1日から開かれてますが、
この日がフィナーレなので花火が打ち上がります。
(すみません、コンデジで私の腕ではこの写真が精一杯デス)

DSCN1954

 

 

地元の人は金魚ちょうちんに見慣れているせいか、
皆さん目当ては花火のようで(笑)
約15分間の打ち上げですが大きな歓声が上がってました。

 

9時40分すぎの電車で柳井駅から柳井港駅まで戻ります。
金魚ちょうちんがお見送りしてくれました。

DSCN1959

 

 

 

色彩豊かに、そして賑やかにお盆を彩る金魚ちょうちん祭り。
先祖を偲ぶ行事は数あれど、これほど楽しい祭りは、なかなかないのでは。
娘たちも長男も喜んでましたし、また機会があれば行きたいデス。

 

最後に。
私のような金魚初心者が申し上げるのも恐縮ですが・・・
祭り中、ロビーを開放してトイレなどを一般利用させてくれていた、
柳井商工会議所の1階に水槽が設置され、金魚が展示されていました。
金魚ねぶたや金魚ちょうちんのルーツと言われる津軽錦がいなかったのは仕方ないと思うのですが(笑)
背ビレが細い帆立っぽい仔や鰓が捲れた金魚も居て、多くの人に見てもらう「展示」には向いてないんじゃないかと思いました。

あと、前回遊びに来た時は、最後の爆走を終えた金魚ねぶたが、
柳井川の南側の川べりを運行(退場?)し、
その姿が花火といっしょに視界に入り、なんとも風情があったんです。
我が家の一行は、ちょっと楽しみにしてたんですが・・・

IMGP6530
写真は大失敗ですが、金魚ねぶたと花火が「共演」の図=2012年8月14日

 

今回は金魚ねぶたの運行ルートが変更されたのか、
これが無くて、少々残念だったことを申し添えて、
簡単レポートを終わります~

 

ブログ村金魚ランキングに参加しています。
▼クリックをお願いします▼

にほんブログ村 観賞魚ブログ 金魚へ
にほんブログ村

 

金魚ちょうちん祭りに行った(下)

 

金魚ちょうちん祭りに行った(上)の続きデス!

 

柳井市の「金魚ちょうちん祭り」は、

夕刻から「ねぶた」が登場して盛り上がります。

 

今回は10体ほどが出場。

地元企業や経済団体などの手作りのようです。

 

青森のねぶたから技法を学んだとのことで、

私は本場物を見たことがありませんが、

キレイだし、金魚だけにカワイイのが特徴でしょうかヽ(´ー`)ノ

IMGP6158

 

 

このねぶたを、数十人でグングン回転させるのを

「爆走」と呼ぶようで、

少しずつ暗くなっていく中、爆走が次々と披露されます。

掛け声はもちろん「ラッセラ~、ラッセラ~!」

IMGP6161

 

 

グルグル回すのは体力も要りそうだし、

何より目が回りそうですが、

子供や女性だけのねぶたも登場し、

グルグルグルグル回ってましたヽ(´ー`)ノ

 

 

電飾付きのねぶたもありました。

内部から照らすタイプ、電飾タイプと

いろいろ種類もあり、各団体が工夫してるみたいですね。

IMGP6193

 

どんどん暗くなっていき、

ねぶたがキレイに見えるようになってきます。

が、娘らが腹減ったと訴えるので、

いったん白壁エリアに戻って、食事をすることに。

午後8時ごろからも爆走はあるそうなので、

そちらをじっくり見ましょうかってことで。

IMGP6224

 

 

光るタイプの金魚ちょうちんは、

周囲が暗くなってくるとこんな感じです。

この写真、けっこう苦労して撮りました(笑)IMGP6276

 

 

白壁エリアは暗くなると、こんな感じに。

風情がありました。

岩国市が近いせいか、外国人の方もすごく多かったです。

IMGP6282

 

 

晩御飯はお食事処でいただいたのですが、

お祭りメニューしかなく、器もお祭り仕様でした。

豚ドンブリヽ(´ー`)ノ

IMGP6295

 

 

食事を終えて、午後7時半ごろお店を出ると真っ暗ヽ(´ー`)ノ

紫バージョンの金魚ちょうちんも発見!

キレイか不気味か微妙なところ?(爆)IMGP6299

 

腹ごなしに白壁エリアを再散策。

昼間とまったく違う雰囲気でしたヽ(´ー`)ノ

ちょっとワクワクしますよね、こういうの。

IMGP6309

 

 

 

文房具屋「賞文堂」さん、オリジナルの金魚ちょうちんリングノート!

金魚ファンの中には欲しい人もいるかもですね~ヽ(´ー`)ノ

オンラインでも買えるみたいですよ。

ノート、メモなど数種類ありました。

IMGP6312

お土産を物色中の嫁に

「赤いの、サラサに似てない?」と尋ねたところ、

(サラサは我が家の肉瘤なしのオランダ、メスです)

「そう?(–)」と一刀両断にされました(´;ω;`)

 

買い物中の女性は優しくないなぁ・・・

 

 

買い物中の母を待つ子供3人。

街全体が夜店のような雰囲気を、

子供らも楽しんでましたヽ(´ー`)ノ

IMGP6332

IMGP6409

 

 

 

ねぶたの出番は以上。

最後は花火が祭りを締めくくります。

花火は河川敷から見えます。

 

・・・手持ちではキツイっすね、花火の撮影(´;ω;`)

けっこう煙が滞留してたし・・・言い訳です。すみません。

IMGP6523

 

IMGP6524

 

 

花火が10分少しで終了し、全日程が終了。

駅を目指して歩きます。

 

翌日には片付けられるであろう、

金魚ちょうちんが、風に吹かれてちょっと寂しそうに見えたのは、

祭りの後の感傷でしょうか?

IMGP6553

 

 

長男は花火を見ながら寝てましたが、

花火が嬉しかった娘2人は帰路、かなりなハシャギようでした。

 

写真は柳井駅で踊る姉妹。

IMGP6569

 

午後10時35分発のフェリーに乗り、

松山の三津浜港に着いたのは午前1時。

かなり強引な日帰り旅行ではありますが、

子どもたちも嫁も喜んでいたので、

行って良かったな、と。

 

ここ最近、金魚関係のお出かけしかしない父としては、

良い妥協点が見つかったと言えましょう≧∇≦

 

 

※柳井のお祭り関係者がここを読むとは思えませんが、

一言、注文を。

 

花火の時、柳井川の反対側に金魚ちょうちんを並べてくれたら、

良い被写体になるような気がします。

花火の下の金魚ねぶたって、キレイだと思いますよ~ヽ(´ー`)ノ

 

 

【励みになります!クリックお願いします】
にほんブログ村 観賞魚ブログ 金魚へ
にほんブログ村