観賞魚フェアで腰がwww春の関東遠征4


堀口養魚場で悔しかった(笑)春の関東遠征3の続きです。

4月12日、堀口養魚場の頒布会の後、
日本観賞魚フェアに行きました。

・・・もう、いろんなブログで取り上げられてますので、
ざーっくりと1回で書きます。
(1回にまとめようとして余計に時間が掛かったという話もありますが)
 

まずは琉金!
1億2714万人の琉金ファンの皆さま!
お待たせいたしました!

フェアに出展されていた琉金系の金魚(キャリコやショートテールなど含む)を
ほぼ網羅したスライドショーを掲載します。 
受賞魚も含め、だいたい総まくりできると思いますので、
ボーっと眺めていただけたら良いかとヽ(´ー`)ノ





 

雑な写真が一部混じってますが、
これは腰がイワされたせいです(´;ω;`)
中腰で撮影してると、長時間は無理!
デブの悲しいディスティニーなのです。

写真の腕があれば短時間で良い写真が撮れるのでしょうが、
私程度の腕だと観賞魚フェアだけで1500枚ぐらい撮影してます。
最後の方は構図もへったくれもなく、シャッター切るだけになっちゃいましたw

でも!
美しい更紗琉金や、ド迫力の桜系とか、
カワイイけどデッカイショートテールとか、
見てて楽しい琉金がいっぱい居ました。
スライドショーで雰囲気だけでも伝われば幸いデスm(__)m 

 

以下は、@まつやまが興味を持ったり、
驚いた金魚を思いつくままに挙げていきます。 

琉金以外では、やはり農林水産大臣賞を受賞した、
水泡眼に触れないわけにもいかないでしょう!
・・・ここんところ、我がブログは水泡率が高めな気もしますが(゚Д゚;)
全体のトップを水泡眼が受賞したというのは、
観賞魚フェアの歴史の中でもエポックメイキングなことらしいですね!IMGP1327

IMGP1348

 

 

話題の金魚といえば、
吉岡養魚場さんが発表した輝竜(キリュウ)。
モミジ竜眼系の新魚種、ということのようです。
さすが吉岡養魚場さん、得意のモミジで美しい色合いですし、
出目というより「大きい黒目」に見えて、カワイイ感じですね~ヽ(´ー`)ノ

IMGP1488

 

 

虎カラーの柳出目金ヽ(´ー`)ノ
なんとも絶妙な柄になってますね~!
IMGP1512

 

 

地金で高名な愛好家Gさん出展のクマノミ地金!
Gさんとは昨年の「四尾の地金保存会」品評会でご挨拶させていただき、
この日会場で再会したのですが、
私のことをちゃんと覚えていただいてて感激しましたヽ(´ー`)ノ
クマノミ地金は雑誌などでも紹介されてますが、
実物を見たのは初めて!
尾のボリューム感がスゴイですし、顔がシャープ!
背びれも地金のセクシーさを受け継いでますね~ヽ(´ー`)ノ

IMGP1625

 

 

「お~!」と@まつやまが思わず声を上げた桜玉サバ
玉サバの桜表現ならば玉錦が有名ですが、
玉サバからもこういう仔が出るんですね~(゚Д゚;)
大きさも立派で迫力ありました!

IMGP1820

 

 

和金親魚の部の出展魚。
観賞魚フェアなど関東の総合品評会は、
和金のスッゴイのが見られるのも楽しみの一つ。
地方ではなかなか見られませんからねぇ(゚Д゚;)
大きさと太み、赤の美しさがスゴッ!と思った仔です。
IMGP1896

 

 

プラチナ銀魚ですヽ(´ー`)ノ
全身にスパンコールを纏ったような・・・
顔が黄色いのでいっそう上品な感じがします。
IMGP2029

 

 

千葉の金魚店「びれっじふぃーるど」さん出展の玉錦
玉錦のこれだけ大きな仔は見たことなかったデス!IMGP2155

 

 

メタリック・キャリコ玉サバ!
玉サバのキャリコ表現はここ数年で出始めた印象ですが、
改良はここまで進んでるんですね~!
この仔は大きくなかったですが、
これでデッカイのが出現したらさぞや見事でしょうね~
IMGP2357

 

 

 ジャンボ桜東錦と蝶尾。
最近人気魚種の桜東ですが、ジャンボもいるんですね∑(`・д・´ノ)ノ
一緒にいる蝶尾もそんなに小さい個体ではないのですが、
相方がデカすぎて、すごく迷惑そうにしてたのが印象的w
IMGP2165

 

ビッカビカの桜オランダ
これはゴージャスですねぇ~ヽ(´ー`)ノ
銀鱗の載りが素晴らしいです!

IMGP2184

 

 

聞いたことのない魚種名だったのですが、
影出目金
親魚のユニーク賞を受賞。
グレーと黒の渋い色合いがなんとも渋いッス。

IMGP2189

 

 

つづいて影東錦
う~ん、今年の流行りなんでしょうか(゚Д゚;)
金魚における「影」というのはどういう表現なんだろう・・・(゚Д゚;)IMGP2242

 

 

二歳の部、準優勝の朱文金
ビッカビカなメタリック!
朱文金の表現ってバリエーションがありますね~ヽ(´ー`)ノ
スゴイ迫力と色でした!IMGP2327

 

 

@まつやまお気に入り。
銀鱗三色和金です。
ぶっといボディにこの色ですよ!
「金魚ばなれ」した仔ですね~ヽ(´ー`)ノ

IMGP2419

 

 

福島県から出展された、naga91010さん(ブログは「金魚十尾十色」)の東海錦
祝!入賞!
尾のハデさに目を奪われちゃいますね~!

IMGP2448

 

 

同じくnagaさんの東錦。
琉金に近い丸々としたボディ。
体がデッカイですが、色が優しげで、
全体の印象は「カワイイ」って感じでした。

IMGP2465

 

 

nagaさんの郷土愛・・・というか東北愛を感じた1尾。
津軽錦です。
東北を代表する地金魚ですもんね!
尾の色合いがなんとも美しいです。

IMGP2481

 

 

@まつやまもお邪魔したことがある、
福島県いわき市の小野金魚園さんの出展魚。
ジャンボ賞をゲットした玉サバ(二歳)。
玉サバ系をいい形に育てることに定評がある小野さん、さすがです。
おめでとうございます。

IMGP2923

 

 

玉サバ系つながりで、立派な透明鱗系の福だるま
銀鱗が散らばっていて派手ですし赤もキレイです!

IMGP2971

 

 

東京海洋大学学長賞の日本オランダ(親魚の部)。
まーデッカイ!∑(`・д・´ノ)ノ
ジャンボオランダではないんですね!
離れて撮影しないと全体像が写せないほどビッグでした。

IMGP2521

 

 

 江戸地金(親魚の部 準優勝。
江戸地金自体、あまり見る機会がない魚種なのに、
ここまで立派な仔は見たことなかったです。
思わず「ホホー!∑(`・д・´ノ)ノ」デスw
IMGP2545

 

 

朱文金・・・ですが、肉瘤が!∑(`・д・´ノ)ノ
どんな魚種でも晩年には肉瘤が出る可能性があるとは聞きますが、
ベレー帽みたいですねぇヽ(´ー`)ノ
IMGP2759

 

 

玉サバ・福だるま部門、親魚優勝魚。
玉錦でしょうか?
サイズも大きいのですが、上品で優しげな仔たちでした。

IMGP2999

 

 

必死でカメラと格闘してると、
「まつやまさん!」と声を掛けられ、
振り向くとそこには、
琉金バ●軍団(仮称)の重鎮にして、
写真もお上手なふじのんさんが!
(ブログは「FUJINON’s Photolog」)

そして琉金●カ軍団(仮称)の皆さんと、
昼食を会場向かいのデニーズで摂ったのですが、
考えてみたら2年前もここで食事しながら
琉金談義しましたね~ヽ(´ー`)ノ

久しぶりに軍団の方々皆さんと話せて嬉しかったです。
また遊んでくださいね~ヽ(´ー`)ノ

 

(編注)
このブログを以前からお読みの方はご存知でしょうが、
琉金バ●軍団(仮称)は団体ではありません。
加須の即売会や堀口養魚場頒布会など、
関東の「良い琉金が出るイベント」に出没する、
コアな琉金マニアが互いに顔見知りになり、
自然発生的に交流している、というだけです(笑)

 

話は前後しますが、
デニーズに向かう途中、
松山空港で再会を誓った穂竜愛好会のMさんと会えましたヽ(´ー`)ノ
穂竜の品評会で物販の係をされている、
美人会員さんと一緒で羨ましかったデス。
(琉金●カ軍団は野郎オンリーなので)

 

さて、再入場。
この日は午後3時からオークションがあったのですが、
どんな金魚が出品されるか見ようと思っても、
人が多くて近づけない(笑)

IMGP3800

 

 

@まつやま、この位置からでは金魚の姿も確認できず、
さすがに参加できませんでした~(´;ω;`)
でも、会場の熱気が感じられて楽しかったデス。

IMGP3801

 

 

観賞魚フェアにはアクア系のメーカーさんたちが
出展されているブースも並んでます。
やはり注目は・・・アクアジェルンでしょうヽ(´ー`)ノ
キラキラ金魚アクアジェルン 公式ホームページはこちら

IMGP3783

 

 

金魚の水槽をデコっちゃうという、
ありそうでなかった新機軸!
それを硬派な印象があるニッソーさんがやられてるのが、
意外な感じもあって注目を集めてますヽ(´ー`)ノ

ブースで様子を伺ってると、
男性愛好家の「えー!(゚Д゚;)」って反応もあれば、
「お!カワイイ!」って声も聞きました。
でも、こういうコンセプトがはっきりしたアクア商品は、
(@まつやまはちょっと恥ずかしくて買えないデスが・・・)
頼もしいというか、楽しくなりますね!

 

って感じで何回か休憩を挟みつつ会場を回り、
体力の限界を感じたところで会場を出ました。

会場を出たところでバッタリ出くわしたのが、
交流させていただいてるnon-nozo-nonさん(ブログは「鑑賞水槽で金魚飼育」)と
ましゃさん(ブログは「ましゃは金魚鑑賞がお好き」)、
そしてそのお仲間たち。
non-nozo-nonさんは、@まつやまにキャリコを譲ってくださった方ですヽ(´ー`)ノ 

IMGP4153
@まつやま家の水槽で泳ぐキャリコ。ブログ村へのポチ用画像もこの仔です。

 

 

そんなお二人に紹介していただいたのがZacco さん(ブログは「東錦の日記」)。

私もブログを覗かせていただいてます!ヽ(´ー`)ノ
zaccoさんのブログはお店のレポートとか、
飼育の様子とかキレイな写真と読みやすい文章で構成されてて、
とても参考になります。

@まつやまのようなダラダラした長文は・・・
いかがなものかと自分でも思ってるんスけどね(゚Д゚;)
そもそもこういうスタイルだから治しようがないかなぁ。

 

というわけで、旧知の金魚仲間にも会えて、
出会いや再会もあり、
多くの金魚が見ることができた観賞魚フェアだったのでした(^^)
・・・腰はイワシましたがwww

関東ツアーレポートは続きます。 

 

 

ブログ村金魚ランキングに参加しています。
▼クリックをお願いします▼

にほんブログ村 観賞魚ブログ 金魚へ
にほんブログ村

福島・関東金魚旅(11)若き養魚家・小野金魚園さんに行ったよ!

GW前半戦、どこへも行かずに

仕事しましたヽ(`Д´)ノ

 

後半戦も出かける予定はありませんし。

あ、ウップス 金魚日記

ウップスさんの愛媛ツアーに

同行するから金魚成分は高めかもですヽ(´ー`)ノ

 

 

相変わらず、我が家の金魚は、

追うけど産まない状況が続いてますし…

 

3月の福島・関東ツアーをまだ書いてるし…

というか、まだ関東にも行ってないし(笑)

 

 

相変わらずズンドコなブログですが、

よろしくお付き合いのほどを~

 

 

福島・関東金魚旅(10)nagaさんの金魚は美しい!後編の続きです。

 

いわき市でアクアマリンふくしま、Dr.Nのお宅、

そしてnaga91010さんのお宅を回り、

最終訪問地にやってきました。

nagaさんは最後までお付き合いくださいましたヽ(´ー`)ノ

 

@まつやまにとっては、

初の福島旅行、最後の訪問地でもあります。

 

小野金魚園さん!

 

nagaさんのブログ、

金魚十尾十色でその存在を知り、

写真で見た福だるまたちの

美しさに目を奪われました。

 

そして、この訪問前日には、

nagaさんと3人で軽くいわき駅近くで前夜祭ヽ(´ー`)ノ

まず小野さんがまだお若いことに驚きました。

そして、いろいろお話させていただいた中で、

好みの金魚がハッキリされてるな~

という印象を持ったと同時に、

今後、金魚養殖・販売で生計を立てるうえで、

夢を持ってることを知りました。

 

なので、どんな金魚が居るか、

興味津々でしたヽ(´ー`)ノ

 

 

 

海にほど近いnagaさん宅から

nagaさんの車に載せていただいて、

移動したのですが、

平地を走ってるなーと思ったら急に山間部になって、

じわじわ周囲は暗くなるし、

・・・どこへ連れて行かれるのかちょっと不安になったりして(゜o゜;

 

さすがいわき市!に広い!

10年前まで面積日本一だけあります∑(`・д・´ノ)ノ

(今は静岡市が一番らしいです)

 

帰宅後、地図で見てみると、

いわき駅を中心に考えると、

アクアマリンよりも、

小野金魚園さんの方が近いんですね(;・∀・)

まわりに住宅街はあるし。

失礼しましたm(__)m

 

 

 

道路脇にポンっと金魚のノボリが。

この目印でグッと気持ちが盛り上がりましたヽ(´ー`)ノ

IMGP9943-001

 

 

道路脇に車を停めて、

緩やかな坂を少し上がると…

小野さんのご自宅と、ビニールハウスが見えてきました。

中を覗くまでは、

「あまり大きくないハウス?」と思ってたのですが…

IMGP9944

 

 

中は・・・広い!∑(`・д・´ノ)ノ

IMGP9945

 

 

小野さんを散々待たせた挙句、

まずは勝手にハウスの中を

見て回ったのですが、

当然ながら青水だったりするので、

お目当ての福だるま軍団は、あまり見えず。

 

なので、まずは他の魚種を見てみることに。

いや、ホントにいろんな魚種が居たんで、

びっくりしたんですけど∑(`・д・´ノ)ノ

 

コロコロっとした大阪らんちゅう!

写真は失敗気味ですみません。

カワイかったですねー

 

IMGP9956

 

地金もいました~ヽ(´ー`)ノ

同じく写真は失敗気味。

IMGP9966

 

 

私が勝手に抱いてたイメージと違い、

らんちゅうも居ましたよ!

フンタンのカワイイ仔たちがワラワラと。

IMGP9949

 

 

小野さんは2012年春に養魚場を正式オープン。

なので、まだこれから発展していくところ。

いろんな魚種を集め、

この中から繁殖していく親魚を決めていくそうです。

 

今後は魚種もある程度絞っていく、とのこと。

 

そういう意味では、

「養魚場の立ち上げ期」という、

珍しいタイミングでの見学となりました。

レアな経験ですよねヽ(´ー`)ノ

 

ですから、今回紹介する金魚たちは、

必ずしも販売魚ではありません。

※しかも1ヵ月以上前の撮影ですし。

 

 

 

ドーン!と迫力の江戸錦たち。

水泡眼や桜錦の姿も見えます。

IMGP9962

 

 

 

珍しい金魚も居たので、

掬って見せてみらいました!

鳥海和金!

肉瘤が出るタイプの和金です。

初めて見た!

IMGP0040

 

 

さてさて!

お待たせしました。

こっからは、福だるま・玉サバ系の

金魚を一気に紹介します。

 

すっごい仔がいっぱい居ましたよ!

 

※記憶が怪しくなってきてるので、

 魚種は違うかもしれません。

 ご了承くださいm(__)m

 

 

玉錦!・・・だったと思います。

更紗の仔は赤が強い!

白いボディ&黒目の仔も問答無用の可愛さですねー。

IMGP0104

 

 

福だるま・・・だったと思います。

普通鱗の仔も丸々で良いですね~ヽ(´ー`)ノ

透明鱗の仔もバッチリのキュートさ。

紹介する仔は大半が自家産です∑(`・д・´ノ)ノ

IMGP0034

 

 

 

玉錦だったような。

違ってたらすみませんm(__)m

なんせ迫力満点のデカさ!

一方で透明鱗ならではの可憐さがありますねー!IMGP0042

 

 

この仔は玉錦でしょう!

胸ビレの長さにご注目。

小野さんは赤く、ヒレが長い仔を作ろうとされてるそうです。

庄内金魚の良さを取り入れようとしてる…ってことなんでしょうか。 IMGP0051

 

福だるまだったと思われます(゜o゜;

この仔もド迫力でしたヽ(´ー`)ノ

IMGP0063

 

この仔も福だるま・・・かな?

すみません、曖昧で(;・∀・)

お腹も立派だし、肩もバッチリ。

透明鱗のデッカイだるまは、

なんとも言えない魅力がありますね。

IMGP0068 

 

 

黒目ファンの方、刮目!

チビだるまたちをご紹介。

まだ小さいけど、すごく良い形の、

黒目な福だるまを見せてもらいましたヽ(´ー`)ノ IMGP0078

 

まー!∑(`・д・´ノ)ノ

これはカワイイし、

ガッチリ作りこんでる感じが伝わってきます。

小野さんが繰り返し言ってた

「良い金魚を作りたい」という思いもヽ(´ー`)ノ

IMGP0082 

 

 

「ぷ、プラケ無いですか!」

ギコ兄こと、ひろひこさんが

あっという間にマジ選びモードに(☆∀☆)

横見でチェック中です。

IMGP0109

 

 

既にブログで書かれてますが、

(参照:新入り福だるま|ひろひこのAQUAでグリグリ!

熟考のすえ、1尾お迎えされてましたw

 

 

 

続いては小野さんのご自宅玄関の水槽も

覗かせていただきました。

こちらも良い仔がいっぱい居ました。

 

 

いろんな魚種が居たので、

もう、覚えるのも放棄しちゃいましたが、

「秘蔵っ子」たちが元気に泳いでました!

IMGP9981

 

 

改めて、玉サバ系の良魚は、

見てて楽しいなーと

再認識させらいちゃいますね~ヽ(´ー`)ノ

丸くて大きいのに動く動くwIMGP9969

 

 

桜っぽい体色の仔(左)

とモミジっぽい色の仔が、

すれ違う図ヽ(´ー`)ノ

IMGP9976

 

 

下の段の水槽にはさらに大きい仔たちが。

福だるま・・・でしょうか。

ご立派なお腹、立派な尾!

              IMGP9988

 

尾が長いのがゴージャスで良いよね、と

思った瞬間、次の写真みたいな仔を見ると、

短尾がいいねー!とも思えちゃうw

IMGP0003

 

 

この仔、見事だったなーヽ(´ー`)ノ

@まつやまが一番気になったのは、

短尾なこの仔でした。

IMGP9995 

 

 

小野さんが金魚を仕事に選んだ理由を、

前夜にお聞きしました。

 

もちろん、金魚好き、というのが一番なのですが、

そこには福島県・・・特に原発事故が起きた近辺で、

今後農業がどうなるのか?

という重いテーマが含まれていました。

 

 

会津若松市で会社勤めをしていた小野さん。

震災を機に故郷・いわきに帰る決心をしたそうです。

 

そこで小野さんは考えた。

 

「福島県産」農作物は今後どうなる?

先祖からの土地を受け継いで農業に従事しても、

収穫物はいつになれば普通に売れるようになるだろう?

 

いわき市は事故による放射能の影響が少なかった。

でも「福島県産」には違いない。

風評被害からは簡単には逃れられない現実がある。

 

 

ならば、金魚はどうだろう。

少なくとも食べ物ではないから、

その安全性に関しても理解が得やすい…

 

小野さんが創る、いわき産の金魚が安全だということが、

多くの人に知ってもらえれば、

いわき市の安全性を間接的にでも

アピールできるかも・・・

 

という思いを抱いて、金魚養魚家の道を

選んだそうです。

 

 

 

 

日が落ちきる前に、

裏山に作った池を案内してもらいました。

IMGP0088-001

 

水を張ってない状態だったので、

まだ「ただの穴」状態だったのですが、

ここに水を入れれば池になり、

金魚が入れば養魚池!ってことですよね。

 

この「穴」から、小野さんが世に出す金魚たちが、

多くの人に受け入れられ、

愛されるようになれば、

小野さんが抱く、いろんな夢や思いが叶うと思います。

 

 

「千丈之堤、以螻蟻之穴潰」

 

 

頑張ってください!

 

 

 

【励みになります!クリックお願いします】
にほんブログ村 観賞魚ブログ 金魚へ
にほんブログ村